鼻づまりで鼻汁が喉に落ちてくるタイプは、胃が弱っていると考えられます

 高校生くらいの親子のお客様が虫刺されの薬を見較べていて、『ウナクール』をレジに持ってきたさいに、痒み止めは入っているものの炎症を抑えるのには弱めなことを伝えると、かなり患部が炎症しているようだったため受診勧奨をしたうえで、ステロイド剤の入った『ムヒアルファEX』の液剤を案内し変更となった。

 薬を見較べて迷った時には、「立ってる者は親でも使え」というくらいで、立っている店員は同じように使って下さいと伝えた。


 お客様から漢方薬の棚を尋ねられて、売り場を案内しながら探している物を尋ねると『辛夷清肺湯』だと言うので、『チクナイン』が同じ処方であることをお話しした。

 患者は奥さんで、鼻づまりがあり鼻汁が喉に落ちてくると言うため、適応することを説明して、お買い上げいただいた。

 もし鼻づまりはするものの鼻汁が喉に落ちてこないのであれば『荊芥連翹湯』が適応するし、鼻づまりと鼻水が行ったり来たりする場合には『葛根湯加川きゅう辛夷』が候補になることも伝えた。

 また、鼻汁が喉に落ちてくるとなると胃を悪くしてる可能性が考えられるので、消化に良い食事をすることと、奥さんは入浴をせずシャワー派だというため、鼻づまりの原因となっている上半身に篭もった熱を循環させるためにも、入浴する方が良いことをお話しした。

 もし、どうしても入浴せずにシャワーで済ませたいという場合には、太い血管が通っている背中側に浴びるようにとも伝えた。


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket