市販薬も病院を受診してから使わないと駄目? 水虫だけは判断が難しい

 お客様が『パブロン鼻炎カプセルSα』をレジに持ってきたさいに、花粉症の鼻炎か尋ねたところ病院で処方された『アレグラ』と『アレジオン』が家に大量に余っているとのことだった。

 効かなかったという訳でもないようで、どうして服用していないのか理由は分からなかったが、『パブロン鼻炎カプセルSα』などとは、そもそもの薬の効き方が違うことを説明した。

 ここのところ何度か日記に書いているが、『パブロン鼻炎カプセルSα』などの鼻炎薬は水風船に針が刺さって破れた後の水浸しの状態を掃除するような物であり、『アレグラ』や『アレジオン』などは水風船にセロテープを貼って針が刺さっても割われないようにする。

 だからすでに症状が激しく出ている場合には、『アレグラ』や『アレジオン』では手遅れと考えられ、人によっては服用してから効果が現れるまで数日を要するということもあるから、先に『パブロン鼻炎カプセルSα』のような薬を使って、症状が落ち着いてから乗り換えるか、点鼻薬との併用が考えられる。

 また、『アレグラ』や『アレジオン』は花粉に反応させないのが目的なので、飲み始めたら花粉が飛んでいる日も飛んでいない日も区別無く、シーズン中は毎日服用しなければ意味が無くなってしまう。

 お客様の症状は激しくないようなので、まずは処方されている『アレグラ』と『アレジオン』のどちらか一方を先に使ってみてはと提案し、本日の購入は取りやめとなった。

 それから花粉症は、花粉を敵だと間違えて体から追い出そうと鼻水やクシャミをしたり、敵を倒すために体を炎症させるので、敵味方の識別が正常に行なわれれば症状は軽減することを説明した。

 そのためには、敵味方の識別をしている腸の働きを整えるのが重要で、積極的に温かい物を飲むとか、下半身に厚着をして、お風呂にゆったり入るのが良いことをお話した。

 ヨーグルトが花粉症に良いという話も、ヨーグルトが花粉症に効く訳ではなく、腸の働きを助けるからである。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『エクシブ』をと注文をされ売り場を案内したけれど、スプレータイプを使っていたとのことで、うちの店では取り扱いが無くなってしまったことを伝えた。

 そしてスプレータイプは薬液が拡散したり過剰に排出してロスが多いため、費用対効果の面でお勧めしにくいことを説明し『エクシブクリーム』をお買い上げいただいた。

 ただ、今まで使っていたスプレータイプが無駄だと感じられたのか、いささかお客様の気分を害してしまったようだ。

 比較して、より良い選択を案内するのにも、言葉選びに気をつけなきゃと反省(´・ω・`)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から水虫の薬の売り場を訊かれて案内したけれど、なったのは初めてで他の家族は症状を訴えておらず、患部は足の指の間とのことだったので判断が難しいことを説明した。

 痒みがあって皮がめくれているというだけでは、湿疹の可能性も捨てきれない。

 水虫に湿疹の薬を使った場合は、主成分は痒み止めと抗炎症剤であることが多いから症状自体には適していて特に問題は無いが、反対に湿疹に水虫の薬を使ってしまうと抗真菌薬は刺激物でもあるため皮膚が治ろうとするのを邪魔してしまうから好ましくないのだ。

 一方、湿疹の薬でもステロイド剤が含まれている場合はステロイド剤が菌に対する皮膚の抵抗力を落としてしまうため、水虫に使うのは避けなければならない。

 つまり市販の水虫の薬を使うにしても、まずは病院を受診して確定することが大事。

 しかしお客様が水虫の薬を望まれたので、湿疹の可能性も考えると初めから強い薬に行かずに『ダマリンL』から試すよう勧めてお買い上げいただき、改めて病院で診断してもらうことも検討するようお話した。

 また、水虫の薬を使う時には患部だけではなく周囲にも塗り広げるように教えた。

 それからお客様にもお話したのだけれど、以前に水虫の薬を3年間ほどを使い続けていた人に湿疹の薬への乗り換えを勧めたところ、2週間ほどで治ってしまった事例もある。

 おそらくは、皮膚が治ろう治ろうとしているのを、水虫の薬が邪魔していたのだと考えられる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!