お客様との共感力の限界を感じる今日このごろ

 やや高齢のお客様が来店し「風邪薬を」と注文されたけれど、主訴は発熱と咳が少しとのことで、家に『イブクイック頭痛薬』があるということから、解熱に使えることを説明して『ストナ去痰カプセル』との併用を提案した。
 しかし他のお客様がレジに並んだため待って頂いてる間に『ルルアタックFXα』を選ばれてしまった。
 しまった、せめて『エスタックイブFT』に誘導するべきだったか。
 お客様には『イブクイック頭痛薬』を先に使って、症状が悪化したら『ルルアタックFXα』に乗り換えるよう勧め、食事は消化の良い物をと伝えると、すでに食欲は無いとのことだった。
 ううむ、やはり桂皮と生姜の入ってる『エスタックイブFT』を先に案内すれば良かった。

 お客様から『アネトンアルメディ鼻炎錠』を指名されたが、患者は11歳の子供で主訴は鼻水とのこと。
 もちろん鼻水に使えないことはないが生薬構成からすると、鼻水と鼻づまりを行ったり来たりしている方が適応する。
 しかしお客様は、以前に使った時の様子は覚えていないとのお話で、そのうえ病院で処方された『小青竜湯』が家にあるというため、先に使ってみてはどうかとお話した。
 しかし、どうしてか『鼻炎薬Aクニヒロ』を購入された。
 鼻水には効果的な薬だから良いけれど、どうしても薬を買いたかったということか。
 この辺りの心理は私にはどうにも分からなくて、共感力の不足かと限界を感じる。
 お客様に、鼻水の原因は内臓が冷えている可能性をお話してもみたが、養生法には興味を示されなかった。
 症状が鼻水だけならば、薬を使わずとも温かい物を積極的に飲んだり下半身に厚着をしたりして、しっかり入浴するだけで症状が改善する可能性が高いのだけれど。

 半年ほど前に頭皮が痒くてカサブタを掻いて出血してしまうとの相談を受け、受診勧奨をした常連のお客様が来店し、ようやく病院へ行ってきたとのことだった。
 医師からも治療には長くかかると言われ、処方された薬の効き目はイマイチらしく、医師からは他にも候補の薬があると説明されているらしい。
 もっと早く行けば良かったとお礼を言われたけれど、何しろ心臓や血圧などの薬も処方されているはずなので、市販の薬を自己判断で使いやしないかと今後とも心配……(^_^;)

 お客様から栄養のゼリーをと求められ、介護職のコーナーの『メイバランス』などを案内した。
 ご家族が胃がんの治療中だそうで、担当医からは栄養食の処方を勧められたというため、私からも頼った方が良いのではとお話した。
 また私自身が顎の骨の手術をしたさいに、普通の料理をミキサーにかける方法で凌いでいたので、お客様にも提案してみたが、やるのは難しいようだった。

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート