薬の説明をするために例え話のストックもしないと

 お客様が『アレグラFX』を購入されるさいに使用経験を尋ねると、病院で処方されていたようだが連続で服用した方が効果的といったことは知らないようだった。

 花粉症が、水風船に針が刺さって割れることだとすれば、『パブロン鼻炎カプセルSα』などの鼻炎薬は水浸しになった後の掃除をするようなもので、『アレジオン』や『アレグラFX』は水風船にセロテープを貼って針が刺さっても割れないようにするのである。

 だから『アレジオン』や『アレグラFX』は、飲み始めたら花粉が飛んでいようが飛んでいまいが雨の日だろうと毎日飲み続けて、花粉症のシーズンには途切れさせないのが効果的。

 他に、お客様には腸の働きを整えることが花粉症対策になる事をお話して、下半身は厚着したり温かい物を積極的に飲んで、入浴は長めにするように勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『アレグラFX』を購入されるお客様に使用経験を尋ねると、これまでも使っていたとのことで連続使用による有効性もご存知だった。

 やはり薬を効果的に使うには、そういう点も知っておいてもらえると良い。

 ちなみに鼻炎薬は一部の胃薬と併用すると、鼻炎薬としての効き目が落ちてしまうことがあることを伝えた。

 有名どころの『キャベジンα』や『第一三共胃腸薬』などが該当するので、注意が必要である。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 子供を連れたお客様から花粉症の目薬の相談を受け、基本に『ロートアルガード』を案内したうえで、高価格帯には角膜保護成分が入っていることを説明し、アレルギー症状に特化した『マリンアイALG』を案内して、お買い上げいただいた。

 花粉症の症状を軽減するのには、敵味方の識別をしている腸の働きを整えるために、長めの入浴と下半身の厚着をして、積極的に温かい物を飲むよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!