皮膚の乾燥対策は、蒸発を防ぎ、潤して、水分を捕まえておく

 やや高齢の夫婦のお客様が来店し、ご主人が『メンターム』をまとめ買いしようとして奥さんに止められると、「どうせまだ倉庫にあるんだよ」言われるので、「目の届かないところに保管するのは禁止されているので在庫は出ているだけです」と伝えると、手元に2個残して戻していただけた。

 いや買い占めていただいても構わないのだけれど、お金を出すのは奥さんの方のようだったし。

 それから、水絆創膏の『エキバンA』を使っているというお話があったため、『ヒビケア』を紹介して患部が治ろうとするのを手伝った方が良いとお話したところ、「アンタがそう言うのなら買う」というため、同じ処方で価格の安い『エルモディアひびあかぎれクリーム』を勧めて、お買い上げいただいた。

 お客様から、ご主人が乾燥による痒みを訴えているとのことで、昨年に何か薬を買って使ったそうなのだが覚えていなかった。

 お客様は『メンタームEXプラス』を選ばれたけれど、尿素はしみるかもしれないため『ムヒソフトGX』 を案内し、痒み止めの入ったワセリンのような物とお話して、患部をおおって蒸発を防ぐワセリンと、水分を皮膚に止める尿素の違いを説明した。

 他の対処法としては、皮膚を潤すヘパリン類似物質を使うという手もある。

 すると、家に何か乳液があるというので『メンソレータムAD』を塗ってから乳液を使う方法を提案すると、それが昨年に使った薬だと思い出し購入された。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!