風邪は自然治癒を待つのがベスト

 お客様から『冷えピタ』の場所を訊かれて売り場を案内し、悪寒がする場合には良いとしても、悪寒が無く発熱が強まっているようであれば水枕や『アイスノンソフト』などを使うよう勧めた。

 すると患者は妊婦で、今朝から発熱したというため、漢方薬を使うケースもあることを伝えたうえで自然治癒を待つのがベストであることを説明した。

 ただし、咳は内臓への衝撃と体力消耗につながるため対処したほうが良い。

 『麦門冬湯』が妊婦にも使えるが、慎重な薬剤師や登録販売者は勧めないだろう。

 妊娠時にはそういう相談のできる医者を、近場で探しておくのも大事。

 体を休めるには内臓も休めることが必要なことをお話して、消化に良い食事をさせるよう勧めた。

 むしろ、内臓休めるためには無理に食事をする必要は無いので、水分と塩分の補給を兼ねてインスタント味噌汁やスープでも良いと伝えた。

 『コルゲンIB透明カプセルα』を購入されるお客様から『ロキソニン』があるか尋ねられたので、薬剤師のいる店でしか買えないことと、特別な理由が無ければイブプロフェン製剤で代用できることを伝えた。

 頭痛に使うそうで、ズキズキすることが多いものの締め付けられるような痛みもあるというため、前者は胃を悪くして起きるタイプの頭痛で、後者は肩こりなどと関係する頭痛であることを説明した。

 すると興味を持たれたようなので、プロスタグランジンというホルモンが痛みを増強する一方で胃を保護する指示を出す関係性をお話して、ズキズキする頭痛には『呉茱萸湯』を、締め付けられる頭痛には『釣藤散』を紹介した。

 お客様からは、「やはり漢方薬は体質改善のためか」と訊かれたため、急性症状にも通用することを伝えた。

 そして鎮痛剤を服用するさいには、消化に良い食事をするよう勧めたところ、鎮痛剤を飲むと胃痛がする自覚症状はあった模様。

 それから、風邪をひいたら早い段階で消化の良い食事に切り替えてエネルギーのロスを抑えるようお話した。

 寝込んでから食事を切り替えても、その頃には内臓がダメージを受けていて遅いんである。

以下の記事も読まれています。

 

2 Comments

  • 今では自然治癒と言う言葉は多くの方は知っていますが、具体的にはご存知ないと思います。ヒトの体は、常に良くなろう良くなろう働いていますから、それを除いてあげることが、自然治癒になる事を理解していただく事でしょうか。例えば、風邪の時にはなぜ果物は良くないのか、風邪の時はなぜお粥なのか、お客様の理解度は様々ですから、店頭での分かりやすい、例え話を交えてのトークが必要でしょうね。

     

    • 北村俊純

       そうですね、例え話のスキルは必要ですね。
       あと、話しのリズム感も必要なようなので落語を参考にしています(・∀・)

       

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!