【日記】 ロボットが作る“全自動ラーメン屋”

 仕事の中休みに、猛烈に眠くなって昼寝。
 今日に限ってスケジュールに余裕があって良かった。
 なんだったんだろうな。
 暑さで胃腸が弱ってるのか。
 代わりに、後半は仕事が予想外に立て込んできて忙しくなってしまい、家に着くのは22時過ぎ。
 テレビのニュースでは、山口県防府市真尾の特別養護老人ホームが土石流の被害に遭い、3人が死亡、5人が行方不明との報道。
 随分と立派な造りのようなのに、1階部分を土砂が完全に通り抜けているようだ。
 それを見ていた奥さん、「でも、お年寄りだから良かったね」とか冷たいことを言う(苦笑)
 介護職の、偽らざる心情ではあろう。
 実際、施設で入居者が亡くなると、遺族の中にはホッとした表情を見せ目人もいるという。
 金銭的な負担、心情的な負担からの解放感は、否定できるものではない。
 一方、職員の肉体的な負担は労働の対価たる賃金で補われるとはいえ(安いけど)、心労の方は、蓄積するばかり。
 ことにボケの進んだ入居者ともなると、本人のためにと働いても怒鳴られ罵倒され、入居者の家族からも「本人が怒ってる。もっと、ちゃんとやってくれ」と叱られるという状況だそうだ。
 本人からも家族からも叱責されるというのは、よほど達観しているか、無神経な人でないと勤まらないんじゃあるまいか。
 ………うちの奥さんが勤まる理由が分かった気がする(爆)
 今回の事故では、入居者を屋上に避難させて救助を待ったというから、職員は大変だったことと思う。
 職員に死者がいなかったのが、せめてもの救い。
 名古屋市に、ロボットがつくる“全自動のラーメン屋”がオープンしたという記事を見つけた。
 http://www.aiseieng.com/f/index2.htm
 元になるスープと麺は人が作って、仕上げをロボットがするらしいので、なにをもって“全自動”というのか分からないけれど、確かに目の前で動く様子が見れるのは面白そう。
 ただ、台詞と動きで漫談をするというのはビミョー。
 余計な事はしないで、メカニカルな動作だけを愉しみたいな。
 いや、前に友達に連れて行ってもらったラーメン屋が酷くて。
 『グルナビ』にも掲載されてた店なんだけど、ちょうど入ったら店主が店員を叱りつけてるところで、しかも責め方が陰険。
「なんで、まだ居るの? 帰れよ」とかネチネチネチネチ。
 券売機で出した食券を渡して、ラーメンを待ってる間もネチネチネチネチ。
 ラーメンが出てきた後もネチネチネチ続けてるもんだから、目の前のラーメンを店主に投げつけてやろうかと思ったよ。
 次郎が一緒だったんで自粛したけど。
 友達だけだったら、本気でやってたろうな。
 今となっては、やらなかったのが心残りだ(´・ω・‘)

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート