うがい薬だけでは、喉の痛みは治りません

 『キャベジン』と『正露丸』を求めて、患者さんが来店。
 お腹が冷えて下痢をしやすく、その時にはお腹をカイロで温めて正露丸を飲むと治るのだとか。
 いやぁ、それは正露丸が効いたんじゃなくて、カイロで温めたのが功を奏したんじゃないですかねぇ。
 冷え腹の下痢に使う漢方薬として『胃苓湯』をご案内したところ、お買い上げいただけた。
 ちなみに、その時には確認しなかったのだけれど、お腹を温めるときには右の肋骨の下辺りを温めると良いです。
 真ん中で胃を温めると気持ち悪くなるし、右の脇腹は大腸を温めるのと肝臓を冷えから守るのに適しているので。
 高校生の息子さんの代理で、お客様が来店。
 喉の痛みと不快感を訴えているという。
 うがい薬を息子さんから頼まれたそうなのだが、イソジンの匂いが苦手とのことで、『新コルゲンコーワうがいぐすり』と『イソジンうがい薬P ほんのりフルーティー』を案内した。
 ただ、うがい薬だけでは症状は改善しないだろうから『駆風解毒湯』を勧めたら、一緒にお買い上げいただけた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート