医師によっても知識の幅や方針が異なるから諦めないで

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたけれど、鼻汁が喉に落ちてくるか確認するとそれは無いという。

 『チクナイン』を選んだのは、たまたま目についただけとのことだったし、鼻水と鼻づまりを行ったり来たりすることも無く、鼻づまりだけだというため『荊芥連翹湯』を案内し、お買い上げいただいた。

 鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合には、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応する。

 どうやらお客様は以前に、蓄膿症の手術を受けたようだ。

 鼻づまりは上半身に不要な熱が篭もっていると考えられ、体内の熱を循環させるために入浴を勧めたがシャワー派だというので、鼻の付け根と首周りを重点的に浴びるよう勧めた。


 お客様から『イブA錠EX』と『イブクイック頭痛薬』の比較を尋ねられ、前者の方がイブプロフェンが濃いと伝えると、「強いということですね」と言われるので、後者には胃の保護のために酸化マグネシウムが入っていて、薬は強ければ良いというものではないことを説明した。

 使うのはご主人で、偏頭痛とそれにともなう吐き気もあるというため『呉茱萸湯』を紹介した。

 というのも、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と関係するからだ。

 今回は頼まれ物でもあるので、『イブクイック頭痛薬』を購入された。

 ご主人は頭痛外来を受診したことはあるようだが、詳しい説明を受けたかは不明で、医師からは「一生付き合うしかない」と言われたという。

 しかし、医師によっても知識の幅や方針が異なるため、諦めずに他の医師も探してみるよう勧めた。

 それから、痛みを伝達するホルモンと胃を保護するように指示するホルモンは同じことを説明し、痛みを伝達するのを阻止すると胃を保護する機能も止まってしまうため、偏頭痛がしたら食事は消化の良い物に切り替えた方が良いことを伝えた。


 孫らしい小さな子供を連れたお客様から『タイレノール』を求められ、子供に使うのかと思い年齢を尋ねたところ、母親が発熱と腰痛を訴えていて頼まれたという。

 どうして『タイレノール』を指定してるのか分からないが、炎症に対しては弱いことを説明し、他の解熱鎮痛剤では駄目なのか尋ねると分からないようで、成分によって効果が違い体質との相性もあることをお話しすると、『バファリンA』と一緒に購入された。

体としては発熱することで改善しようとしているので、むしろ発熱を助けるために入浴や温かいものを飲んだりか半身に厚着をするよう勧めた。

また消化にエネルギーを取られると回復に時間がかかるので、食欲があっても量を控えて消化に良い食事をするようお話した。




 

以下の記事も読まれています。

 

2 Comments

  • 専門医、認定医の方もいますが、資格よりもその方の自然感,観察力ですね。登録販売者さん,薬剤師さんにも言えることです。

     

    • 北村俊純

      患者さんには、自分と合う医療者を探してもらいたいものです(´∀`)

       

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!