Browsing "オタクでなければ生き延びられない"

<<通巻21号>> 21:天才のこだわり

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻21号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
21:天才のこだわり
 何事にも例外がある。良い仕事をするためには「ハナタレ」ていないとダメ、という話にも一つだけ例外があるのだ。
 それは、ある種の「天才」の存在である。
 ココで言う「天才」とは、「トラワレ」たままで高水準の結果を叩き出す能力を持った人物のことで、分野の草分けや中興の祖と呼ばれる人物に多い。(★補1)
 現在現役の漫画家で例を挙げれば、『ジョジョの奇妙な冒険』で有名な荒木飛呂彦氏に、その気配が強い。
 荒木氏は、そのデビュー作(★補2)からしてかなりテーマの絞り込みに関するこだわり方が強く、少年向けの漫画作品としては常に2~3歩ほど先んじたアイデアを主眼とした作例が多い。
 そして、その全てが、一言で言うなら「頭の良い展開」(★補3)に徹底してこだわり抜き、「トラワレ」続けながらも高い水準のまま推移しているのである。
 常人・凡人がコレをやると、恐ろしく神経をすり減らし、結果として仕事の水準低下を招くのは説明するまでもないだろう。
 「天才」というのは、まず何よりも強靱な精神力の持ち主だと言えるだろう。
 ただし、この手の「天才」が良い仕事をして、世の中にこの人ありと認められるには条件があって、この条件が非常に難しいのだ。
 それは、仕事のパートナーに、本人と同等以上の「天才」が必要だということ。「天才」を理解できるのは「天才」のみなのである。
 そして、パートナーとなりえる「天才」は、「天才」の所行を凡人にも分かる形で世に問う能力が要求される。
 残念ながら、荒木氏のケースにおいては、このパートナーとしての天才に今ひとつ恵まれていない感があり、ソレが故に良作を多産しながら今一歩メジャーになりきれていない感が強い。(★補4)
 やはり天才の所行は我々凡人の参考にはならない。見習うべきは「秀才」であろう。
 次回は「秀才」の最高峰例と思われる人物をば。

Read more »

<<通巻20号>> こだわりも大事・解放も大事

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻20号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20:こだわりも大事・解放も大事
 さて、誤解してはいけないのは、成功するためには、ある種の強迫観念から解放される必要があるが、良い物を作るのにこだわりは必要だ、という点だ。
 こだわり方と解放、本考察で言う「ハナタレ」のバランス好例として、実写映画化された『カムイ外伝』の原作者、白土三平氏について考察してみよう。
 日本漫画界には、前回触れたトキワ荘系の他に、貸本漫画系、あるいはガロ系と呼ばれる大家集団がある。(★補1)
 白土氏はこの貸本系の筆頭級の大家であり(水木しげるもそうなのだが……水木氏については、少々深すぎるのでまた日を改めて)、『カムイ伝』『カムイ外伝』『サスケ』などの忍者漫画群で有名である。
 しかし、氏は忍者漫画の草分け、というワケではない。
 忍者漫画は、漫画以前に少年向けの伝奇小説ジャンルから受け継がれる「対決モノ」の系譜であり、これは現在主流の「能力バトル」(★補2)にまで連綿と受け継がれている。
 白土氏の最大の功績は、それまで単なる荒唐無稽でしかなかった「忍術」を、ある種のリアリティをもって「ひょっとしたら自分にも可能かも?」と、読者の子供達に思わしめるリアリティを付加したことにある。
 秘伝の巻物を加えてドロン、という説明不要の手法から、術の一つ一つに科学的に見える解説を加えていくという手法は、一見すると解放とは真逆、閉鎖的になっているように思える。
 しかし、白土氏の根源が「大自然への畏怖と尊敬」にある点を考慮すると、自然の法則に極力従った上で、荒唐無稽で想像を超えた忍術、というモノを描き、大自然の凄さ、すばらしさを読者に伝えようとしている事が分かるのだ。(★補3)
 この様に、大事なのは「自分の根源」にはこだわり抜き、それ以外の点では自在に発想することが肝要なのである。

Read more »

<<通巻19号>> すなわち「これでいいのだ」

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻19号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
19:すなわち「これでいいのだ」
 今回のサブタイトルは、亡くなられた赤塚不二夫氏の葬儀において、氏の盟友であったタモリが贈った言葉の、締めくくりになる部分である。
 トキワ荘の面々において、その解き「ハナタレ」ぶりのすさまじさで、赤塚氏の右に並ぶモノは居ないのではないだろうか?
 近代日本人の「笑いのツボ」を翻ってみると、赤塚ギャグ以前と以後であからさまに変わっている(★補1)のが分かるほどにその影響力は計り知れない。
 氏の自伝や、各種トキワ荘モノの著作を見るに、赤塚氏は生来、かなり堅い家庭の出であり、そもそもはシャイな線の細い二枚目であって、後年『笑っていいとも!』出演時に、全裸にシーツをまとっただけの姿で生出演したことがある怪人物と同一人物とは、到底思えない程である(★補2)。
 赤塚氏の作品遍歴は、悲劇的少女漫画から、破壊的ギャグマンガへの華麗なる転身である。
 作風の変化と作家自身の性格が見事に合致しているのであるが、ギャグへ転身してからもまた、しばらくの間は「トラワレ」と「ハナタレ」を頻繁に行き来している節がある。(補3)
 そんな氏が、完全に解き「ハナタレ」て、ある種の悟りに達したのは、代表作の『天才バカボン』が再三再四に渡って何度もアニメ化され、国民的キャラクターとなったバカボンパパの決め台詞が、氏にとっての座右の銘になっていった事に無関係ではあるまい。
 不遇に悩み抜き、売れっ子になってからも自分のスタイルを模索し続けた結果、自身の根源を確信し、それ以外の点では自由に解き「ハナタレ」た事が、ここでは重要である。
 「これでいいのだ」……「ハナタレ」の奥義が、この言葉に凝縮されているといっても過言ではない。(以下次回)

Read more »

<<通巻18号>> トキワ荘のオタク始祖

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻18号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
18:トキワ荘のオタク始祖
 「トラワレ」は排他的、「ナハタレ」は友好的……という観点に、オタクが人生において成功するか否かの鍵がある……という考察を進める際にも、やはり先達の例を引き合いにだして行くのが分かりやすいと思われる。
 そこで、今回は特に、この二者が混在し、それぞれがどのように人生をたどっていったかが比較的明らかな「トキワ荘」の例を用いてみたい。
 トキワ荘とは、これはもう言わずと知れた、昭和期における漫画家の登竜門となったあのトキワ荘である。
 トキワ荘は、出身大家の先生方それぞれが各自の視点で当時の回想録を事実・虚構交えて執筆しているため、当時のメンタリティを、大変に考察しやすい。そして、そして、後に成功した先生方は皆、「トラワレ」から始まり、やがては「ハナタレ」へと昇華していった痕跡があるのだ。ソレはすなわち、「トラワレ」てこだわっていた自分の根源の根っこを自覚し、その上で発想の自由さを獲得して解き「ハナタレ」て行った軌跡なのである。
 彼らの共通言語、こだわりの根源は『手塚マンガ』、そして『漫画少年』誌である。
 そもそも、大人が漫画を読むこと自体が異常とされていた時代、ましてやその担い手になろうなどと言うのは周囲に理解されようがない。周囲の無理解が「トラワレ」を生む。しかし、一度「トラワレ」無いことには「ハナタレ」ないのもまた事実なのだ。
 例えば、藤子A氏の『まんが道』等を読むと(補1)、今日ではその活躍を見ることの出来ない人たちもまた多く名を連ねているのに気がつく。
 「トラワレ」から、自らの作風の有り様を理解して、その上で「ハナタレ」た結果、筆を折る決意をしてしまった寺田ヒロオ氏は例外としても、その多くは、終始何かに「トラワレ」たままだった様なのだ。(以下次回)

Read more »

<<通巻17号>> 天才? 富野監督の「こだわり」方

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻17号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
17:天才? 富野監督の「こだわり」方
 こだわりと解放、両者のバランス好例として、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季氏を上げておこう。
 『ガンダム』は、それまで荒唐無稽なだけだったロボットモノにリアリティを持ち込んだ作品として捉えられているが、富野氏の目的はどうもソコにあったわけではないらしい。(補1)
 氏は、再三各所で「自分はロボットアニメは大嫌い」という旨の発言をしており、嫌いなモノを仕事としてやっていく納得として、リアリティが存在するだけ、ということらしい……のだが、それにしては恐ろしく細部にわたるこだわりが見て取れる。
 氏の自伝『だから僕は……』などによると、氏のこだわりの根源は宇宙への憧れにあるようだ。(補2)
 幼少期より憧れ、傾倒した結果として、富野氏はかなり早い段階から「誰もが宇宙に生活できる時代」というのは、おいそれと訪れないことを悟っていた節がある。(補3)
 悟った上で、宇宙を舞台にしたロボットモノをやる上で「スペースコロニー」を舞台にするなど、この辺のこだわりと解放のバランスはある種「天才」の趣さえ感じられる。
 『ガンダム』には、「理論的にこうだからこの描写はダメ」ではなく、「理論的に無理でも、なんとか出来そうに見える描写にしよう」というスタンスが貫かれているという点は以前にも指摘したが、この点こそがまさに「ハナタレ」となるためのコツ、奥義のようなモノではないのか、と結論づけられる。
 こだわりぬいて、学ぶことを楽しみとし、その上でソレを基礎にしてソコ意外の発想を自由にすること。これが、オタク的観点で成功するためのコツ、その全容なのである。
 次回は、「トラワレ」と「ハナタレ」、それぞれの発露とその行き着く先を、「トキワ荘」の例から考察してみようと思う。

Read more »

<<通巻16号>> トラワレ・ハナタレ

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻16号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
16:トラワレ・ハナタレ
 ココまでの考察で、オタクのメンタリティ、その基礎部分の考察を進めてきた。
 まだまだ、この部分についての考察には興味が尽きないが、本稿の目的は「オタクで成功すること」なので、そろそろ次のステップに進みたい。
 このステップで重要なのは、オタク独自の「排他性」について考察することである。
 前回までの基礎考察部分でも再三述べてきたが、オタクは保守的であるが故に、時に排他的である。
 一方、各種のイベントにおける協調性などを見ると、大変に活動的で交流的でもあるという、一見すると互いに相反する特性がある。これはどういう事なのだろうか?
 答えは実に簡単で、「話が通じる相手には簡単に心を開く」のである。(補1)
 多くの場合、オタクというのは、その身辺に理解者が少ない感性を持っている。
これは、前回までの考察にあるように、その根底にあるモノが、ある種の習得訓練を必須とする、引き継がれた情報の連鎖にあるからだ。これを、初対面の人間にいちいち説明するのは大変な労を伴うのは想像に難くない。(補2)
 ここで問題になるのは、オタク全体の中で、かなりの割合が、他者に理解して貰うことを放棄しているという事実だ。
 オタクとして、ごく個人的に楽しみたいのならソレもありだが、本稿の目的は「オタクで成功すること」にあるので、ソレでは困る。
 排他的オタクは、例えば同人誌即売会で売り手側になっていても、その目的は創作による自己消化にあるためにあまり売れ線とは言い難い(少数の固定ファンは付く場合があるが……)。
 一方、売れ線の大手は多くの場合、共通言語が通じる場合において開放的である。
 この差は、自身のこだわりに「捕らわれて」いるか、「解き放たれて」いるかなのだ。
 以後、この二者をそれぞれ「トラワレ」、「ハナタレ」と呼称して考察を進めてみたい。
(以下次回に続く)

Read more »

<<通巻15号>> あの日のアカレンジャー

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻15号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
15:あの日のアカレンジャー
 作品への愛着……幼児期においては、およそ誰もがなにがしかの作品に夢中になり、愛着をもって過ごしていたはずである。
 それが、ある年齢になると「卒業」して行く者と、そのまま止まって「オタク的資質」を開花させていく者とに別れていくのはなぜだろう?
 参考までに、著者の自分語りをさせて貰うなら……。
 あれは、小学校4年生の時だっただろうか?
 当時、著者はとある事故で歩行困難な状況にあり、日常生活では松葉杖が手放せない状態であった。
 そんな時、近所の公園で、町内会主催の『秘密戦隊ゴレンジャー』のショーがあった。
 どうせ町内会レベル、チープなモノであろう事は、小4にもなれば予想できても居たのだが、闘病の気晴らし、とばかりに、著者は困難な歩行を押して見物に出かけたのだ。
 その内容は案の定で、ミカン箱にベニヤ板を指し渡しただけのステージに、ゴレンジャーの衣装を着たボランティア学生が上っていて、行列した子供が順番に握手を求めていくという、本当にただソレだけの代物であった。
 しかし、である。松葉杖で、行列に入りあぐねている著者を見たアカレンジャーは、あろうことか、行列を飛び越してステージから降り、まっすぐに著者の方へと歩み寄ってきたのである。
「君、大丈夫か?」(補1)
 ……そのボランティア学生は、イベント用のチープなマスク越しにその顔が丸見えなのに、完全にアカレンジャーに成りきっていた。
 普通なら、もう完全にどん引きである。しかし、その時、著者はこう思ったのだ。
「子供だましにココまで真剣になれるなんて、なんてスゴイことなんだろう!」
 ……と。
 それが絵空事と気がついたとき、それに関わる人物の熱意をどう解釈するか?
 どうやら、これが分かれ道の様だ。

Read more »

<<通巻14号>> 科学考証とSF考証

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻14号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
14:科学考証とSF考証
 では、そもそも「科学考証」と「SF考証」では、何がどう違うのであろうか?
 それをを考える上で、最適なテキストブックが2つある。
 柳田理科雄の「空想科学読本」シリーズと、長谷川裕一の「すごい科学で守ります!」シリーズである。
 「空想科学読本」シリーズは、いまやそれなりの著名人となった柳田理科雄氏の出世作であり、アニメや特撮、コミックにおける様々な現象を科学的に解明していくと実はこうなる! ……的な娯楽書である。
 堅い否定論に終始しがちな「科学考証」を、笑える読み物としてまとめ上げた手腕が評価される好著である。
 一方、「すごい科学」シリーズは、国民的特撮番組シリーズである『スーパー戦隊』を中心に、東映特撮作品の世界観を一つにまとめて考証していくという内容であり、ここでは、一定のルールに基づいて、作中の「すごい科学」としか言いようのない各種の現象を、「SF考証」の手法を巧みに用いて、見事にまとめ上げている。
 両者を読み比べてみれば、「科学考証」と「SF考証」の差は歴然である。
 「科学考証」は、すでに実証されている理論以外は基本的に取り入れず、理論と公式に実直に築き上げていく「理数系」の手法である。場合によっては劇中現象の否定もあり得る。(補1)
 一方、「SF考証」は、劇中の現象は基本的に事実として捕らえ、それを実現し得るにはどのような解釈をすればよいか、という点を、複数の現象相互に渡って矛盾がないように考えていく「文系」の手法なのである。
「科学考証」を基礎として、「SF考証」がその応用、と考えてもよい。応用だけに、手間暇は数倍かかる。その手間暇を購うのは、なによりも「愛着」、その一点なのである。

Read more »

≪通巻13号≫ 広がるミノフスキー理論

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻13号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
13:広がるミノフスキー理論
 ミノフスキー粒子。
『機動戦士ガンダム』劇中に登場する、作中科学技術体系の根幹を支える架空の素粒子である。
 製作サイドとしては、宇宙空間でロボットがチャンバラをやる理由付けとして、レーダー電波を阻害する存在と考えて設定した……最初は、ただソレだけのモノであった。
 しかし、ホワイトベースが飛んだとき、その飛行原理にこの架空粒子を当てはめて考える、という離れ技をしてのけた一団がいたのである。
 ホンモノの物理論文さながらの考証は、まずは身内の同人活動、後には「みのり書房」刊のムック『GUNDAM CENTURY』を経て世に問われ、やがては作品公式設定として取り入れられていくことになる。
 その一団こそが「スタジオぬえ」。SF作家・高千穂遥氏が創立した、SFイラスト・映像関係の総合製作会社であり、日本最高峰の一つとも言われるクリエイター集団である。
 彼らは、厳密には一ファン、という立場ではなく、スタッフの一部がガンダムの製作現場に関わっていたのであるが(補1)、であるが故に、この作品が「アニメの常識」と「現実の非常識」の間にある矛盾を解決してくれる、何か新しい息吹を持っていることを実感していたはずである。
 その実感からくる作品そのものへの「愛着」が、その知識と手間暇とを総動員した「ミノフスキー物理学大系」の構築という、壮大なSF考証を完成させる原動力となったのは疑いのない所である。
 ココで大事なのは「愛着」と「知識」、そして「科学考証ではなくSF考証をする」というスタンスへの理解である。
 科学考証的には、ミノフスキー粒子という架空粒子は存在し得ず、全てはそこで終わってしまう。しかしミノフスキー粒子を「存在するモノ」として、徹底的にその特徴を考証していった事が、後々広く受け入れられることになった最大の要因なのだ。(以下次号)

Read more »

≪通巻12号≫ 飛べ、ホワイトベース!

★彡☆-=★彡 オタクでなければ生き延びられない ★彡☆-=★彡
            < <通巻12号>>
  発行 : 北園茶房 http://www.kitazono.jp/
  執筆 : 星雲御剣
  編集 : 北村俊純
  窓口 : mado(アットマーク)kitazono.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12:飛べ、ホワイトベース!
 『機動戦士ガンダム』。今更なにを説明する必要もない、国民的大ヒットアニメである。
 だが、その黎明は実に厳しいところから始まっているのは、昨今、関係者が各方面でぽつりぽつりと語り始めているため、ご存じの向きも多いであろう。
 当時、ロボットアニメとは「子供向け玩具を宣伝する」ためのコマーシャルフィルムでしかなかった。
 玩具メーカーの提示したロボット玩具を主役に据え、それが心躍る活躍をしていればそれでよしとされ、「ロボットプロレス」等と揶揄される、業界の最底辺だった(補1)。
 ここでまず、制作スタッフが「肯定」の発想を発露させる。
「ならば、そこさえ押さえれば後は何をしても良いはずだ」
 ……と。
 そして、企画立案者であり、総監督の富野由悠季氏は「十五少年漂流記のような群像劇」を追加して、ドラマチックに仕立て上げるという手法と、氏が長年思い描いてきた、宇宙を舞台にしたドラマを作り上げる、という要素を入れ込む事を考え出した。
 しかし、事は簡単ではなかった。
 当時、アニメ製作会社としての日本サンライズ(現・サンライズ)は、とにかく資金も、人も、そして時間も無かったのである。
 かくして、その時はやってきた。
 総監督・富野氏は「大気圏突入後、リアルに考えたらホワイトベースは飛べないはずだ」と、製作各スタッフに念を押していたのだが、それでは「連邦軍本部に向けての逃亡劇」である前半のストーリーが進まない。
 押し迫る時間制限の中、物語はついにホワイトベースを飛ばしてしまったのである。
 説明など、考えている暇はない。……リアルな作劇に惹かれていた初期ファン達はこれをどうとらえたであろうか?
 ここで、一つの奇跡が起きるのである。(以下次号)

Read more »

ページ:123»