Tagged with " 風邪"

病気の予防のうえでも抵抗するのにも体内の温度は高めに

 夫婦のお客様が『アレグラFX』などを見ていて目薬のみを購入されたので状況を尋ねたうえで、フェキソフェナジン製剤やエピナスチン製剤は予防薬として使うと効果を発揮することを説明した。

 また、どちらも痒みの症状には弱いので、目薬を使うのは良い選択ですと伝えた。

 そして、花粉症は花粉を外敵と勘違いして攻撃をしてしまうこと、その敵味方の識別をしているのは腸であること、だから腸の働きが正常になれば敵味方の識別も正常になって症状が軽減することをお話した。

 そのための養生法として分かりやすく実践しやすいのは、とにかくお腹周りを温めること。

 お風呂は長めに入浴をし、温かい物を積極的に飲んで、下半身に厚着をしておく。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 高齢のお客様から『求心』を求められ売り場を案内し、『求心カプセルF』をお買い上げいただいた。

 詳しくお話を訊くと、孫を預かったさいに目眩(めまい)がしたそうで、降圧剤を服用してるというため、お薬手帳を持ち歩くよう勧めた。

 太っていることを気にされていたけれど、歳を取ってくると体温を保つのには悪くないとお話すると、実際に体温は他の人より高いそうだ。

 体温を高く保つのは、病気の予防のうえでも抵抗するのにも重要な要素だ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様から『パブロンエースPro』を求められたけれど、常備薬にするというので強すぎると思われることをお話しすると、他店で勧められたとのお話だった。

 症状が少しでもあったら使うというため、症状別に常備薬を揃えておく方法を案内したうえで、『パブロンSゴールドW』をお買い上げいただいた。

 症状別に揃える場合には、カフェインの入っていない解熱鎮痛剤と、鼻炎薬と咳止めを基本として、喉だけが痛い場合の薬が別にあると便利である。

 カフェインなどの成分が重複していなければ、複数の症状が出た場合にも併用が可能だ。

 ただし、組み合わせの可否が分からなければ、必ず登録販売者や薬剤師に確認してほしい。

 お客様には、風邪の予防に体内の温度を高める工夫が大事と伝えた。

 具体的には、毎日の入浴を欠かさず何かを飲むときには温めて飲み、下半身に厚着をしておく。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

こまめな水分補給は1時間なら1時間毎と時間を決めて

 お客様から風邪薬を求められたけれど、主訴は微熱と頭痛と喉の痛みで咳は無いというため、まず鎮痛剤から試してみてはと提案すると、家に『バファリンA』があるとのことだった。

 そのため、お買い物は無しかと思ったところ『新ヒストミンゴールド液』を一緒に飲んで良いか尋ねられたので、ノンカフェインで胃腸の働きも守ることをお話し、お買い上げいただいた。

 微熱は症状が軽いというよりも、疲労によって熱を出せないだけの可能性もあるから油断しないようにとお話すると、思い当たるようだったことから、体を休めるには内臓も含めてであることを伝え、消化に良い食事をするよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から、立ちくらみに『プルーンエキス』が効くか尋ねられ、効果は期待できないことを伝えたうえで、検査で数値上の問題があったのか訊いてみると、低血圧で下が60台の上が80台になった時に立ちくらみが起きたとのことだった。

 さらに詳しく訊いたところでは、落ちる感じがするのではなく天井が回るようで、この間までもっと具合が悪かったというため、水分代謝の異常の可能性があるとお話したところ、病院で『桂枝加苓朮附湯』が処方されていると分かり、プルーンエキスで効き目を落としてしまう可能性を説明し取りやめとなった。

 お客様は水分をあまり摂らないそうで、たまに味覚が分からなくなるのを知人から亜鉛不足と言われたようだが、水分不足と考えられることを伝えた。

 人間は喉の渇いた時に一気に水分を摂っても腸が一度に吸収できる量は決まっているため、保水できず排泄してしまうので、1時間なら1時間毎と時間を決めて、こまめに水分を摂るよう勧めた。

 これは、暑い季節の熱中症対策や冬場のこむら返りを予防するのにも云えることである。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『パブロン鼻炎カプセルSα』を購入されるさにに、『アレジオン』などについて知っているか尋ねると、ご存知なかったようなので予防薬として効果的なことを説明し、症状が軽くなったら乗り換えてみてはとお話した。

 また花粉症は敵と間違えて花粉を攻撃してしまうことで起きる症状であり、敵味方の識別は腸がしているため、腸の働きを整えると症状が軽くなることを説明した。

 ヨーグルトが花粉症に良いとされている理由も、ヨーグルトが花粉症に効くのではなく、腸の働きが正常になると敵味方の識別も的確になって、花粉への攻撃を辞めるからと考えられる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

家にある薬がそのまま使えるかもしれないので教えて下さい

 常連のお客様が来店し、風邪の相談を受けた。

 主訴は頭痛と悪寒と咳とのことで、ご自身から家に『ロキソニン』があると教えてもらえたため、咳止めとの併用を提案し『ブロン錠エース』を使っていただくことになった。

 家にある薬の情報は重要だから、是非とも教えてもらいたい。

 ただ同じ銘柄のシリーズがあったりするので、正確な名前をメモするかスマホで写真を撮ってきてもらえるとなお良い。


 お客様が風邪薬の棚で迷っていたため気にかけていたところ、『新ルルAゴールドDX』を購入された。

 処方内容からすると発熱には弱いと考えられるため、家に無印の『イブ』があれば高熱時に併用できることを伝えると『イブ』もお買い上げになった。

 本音を言えば、風邪薬を使うことによる体力の低下を考えると、相談してもらえたら他の薬を案内したかったのだけれど。

 お客様の様子が見るからに辛そうだったため、無理に栄養を摂ろうと考えず食事を控えるように伝えた。

 風邪をひいて体を休めるというのは、内臓も含めてなんである。


 お客様が『キッズバファリンかぜシロップ』を購入されるさいに、鼻炎には弱いことを伝えたところ常備薬にするとのことだった。

 透明な鼻水は内臓の冷えが原因と考えられ、体を温めるだけで改善する可能性があるので、薬を使う前によく観察をするようにとお話した。

 

薬を買うのが本人でないと伝えきれないことが多い

 お客様が『バファリンルナi』を購入されるさいに使用経験を尋ねると、娘さんからの頼まれ物とのことで、もし生理に使うようであれば生理痛専用薬もあることを伝えると驚かれた。

 例えば『エルペインコーワ』でやっていることは、鎮痛剤の他に内臓の働きをわざと悪くする成分が入っていて、いわば活発に動いてしまう子宮の働きを抑制して生理痛を軽減するのだ。

 また、頭痛に使う場合には、ズキズキする偏頭痛は胃の不具合と関係し、締め付けられるような緊張型頭痛は肩こりと連動して、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧が関係することを説明し、それぞれ対処法が変わることを本人にも伝えて下さいとお話した。

 本当は、漢方薬の『桂枝茯苓丸』『当帰芍薬散』を合方した『婦人華』も紹介したいところなのだけれど、本人でないと勧めにくい。


 やや高齢のお客様から、タウリンドリンクを購入されるさいに野菜ジュースより体に良いか尋ねられたので、野菜ジュースの方が良いと答えた。

 あまり野菜を食べないため野菜ジュースを飲んでいるそうだが、疲れのせいか野菜ジュースも飲む気にならず風邪の予防にタウリンドリンクをと思ったようだ。

 そういうことであれば野菜ジュースより、インスタントでも良いから野菜スープの方が適していることをお話し、風邪の予防にはなによりも体温を高く保つことが重要なことを伝えたところ、白湯などを飲んでいるというので、それは良いことですと伝えた。

 購入されたタウリンドリンクはカフェインが入っているため、夕方以降は飲まないように勧めたけれど、よく眠れるタイプとのことだった。

 人間は寝るのにも体力を必要とするから、よく眠れるということは大丈夫ということでもある。


 お客様が『セイロガン糖衣A錠』を購入されるさいに通常の正露丸から抗炎症剤と鎮痙剤が抜いてあることを伝えたところ興味を持たれたようなので、腸には味覚と嗅覚の器官も揃っているため、『正露丸』の独特の匂いも効能に必要なことを説明すると、今回は子供に持たせるためで家には普通の『正露丸』もあるとのことだった。

 食中りによる下痢はピタッと止めない方が良いものの、下痢止めとして使うには大幸薬品の『正露丸』ではなくキョクトウ製薬やイヅミ製薬の『正露丸』に下痢止めの成分が入っていることを伝えた。

 

患者自身が「風邪」と断定するのはNG? 店頭では誰も診断できません

 先日に水虫の薬を買いにいらして、帯状疱疹で受診している担当医に相談するよう勧めたお客様が再訪した。

 病院で水虫と確定したそうで、『ミコナゾール』が処方されたとのこと。

 使い切ったら市販薬を買いに来るから、と言われた。

 わざわざいらしたのは、「先生が褒めていたのを伝えに来たんだ」とのことで、嬉しいやら恥ずかしいやら(´∀`*)テレテレ


 お客様が『エスタックイブNT』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻づまりと喉の痛みで咳は無く、家に『バファリンA』があるというので、それを鼻炎薬と併用する方法を提案した。

 もしくは、喉の痛みが弱ければ鼻炎薬の効能に喉の痛みもあるため、単独でも使えることをお話した。

 しかし迷われたため、効能に鼻づまりは書いていないものの成分からすると喉の痛みと一緒に対応できる『銀翹散』を紹介したところ、試していただくことになった。

 お客様の家には『葛根湯』があるとのことだったが、上半身を温めてしまうので適応しないことを伝えた。


 お客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと鼻水で咳は無いというため、『ペラックT』と鼻炎薬の組み合わせを提案した。

 しかし風邪薬を希望されたので、鼻炎の成分を増やしてある『ルルアタックNX』を案内して、 お買い上げいただいた。

 鼻の症状が出ている時は胃を悪くしている可能性があるため、消化に良い食事にして食べ過ぎないようにと伝えた。


 高齢のお客様が『パブロンエースPro』を選ばれたけれど、主訴は喉の痛みと鼻水で咳は無く、声も弱々しかったため、むしろ薬による体力の低下が心配なことをお話し、鼻水は温かい物を積極的に飲むなどで対応し、喉の痛みには『ペラックT』を勧めた。

 しかし風邪薬を希望されたので、『パブロンメディカルN』を案内し、変更していただいた。

 不埒な輩がいるかもしれないからあまり書かないけれど、市販の風邪薬の多くで採用されている咳止めは、覚醒剤系と麻薬系なので、咳が無い時に使った場合の体への負担は無視できない。

 咳止めの入っていない風邪薬となると、『PL顆粒』などのごく一部の製品化のみ。

 そして、風邪というのは医学的には肺から上の上気道炎のことであり、診断できるのは医師だけという点を考えると、患者自身が「風邪」と断定するのはオカシイし、もちろん私たち登録販売者や薬剤師だって確定できない。

 だからこそ市販薬は、病名ではなく「症状」に対応することに限定されている。

 一方で、ジャンル分けされていないと選びにくいから「風邪薬」というカテゴリーがある訳だけれど、それはあくまで参考程度の話。

 そのうえ総合風邪薬であっても、処方内容によっては得手不得手の症状がある。

 なのでまずは、風邪薬と決め打ちで選ぶのではなく症状に合わせ、鎮痛剤や鼻炎薬、喉の薬に咳止めなどを俯瞰して、横断的に検討するのを勧めたい。

 もし分かりにくければ、そのために薬は友人販売されているので、立ってる者は親でも使えのごとく、立ってる店員は遠慮無く使ってほしいところ。


 お客様から、喉の痛みに『駆風解毒湯』を求められ販売したものの、湿った咳の音をしていたため内臓が冷えている可能性をお話し、積極的に温かい物を飲んで、入浴したり下半身に厚着をしたりと、体を保温するよう勧めた。

 

ジェネリック(後発医薬品)にも二種類ある

 夫婦のお客様が来店し、『バファリンA』の「ジェネリック(後発医薬品)を」と注文されたので『バリファックス』を案内して、お買い上げいただいた。

 奥さんが頭痛と肩こりというお話から、緊張性頭痛と考えられるため上半身を温めて血行を良くする『葛根湯』を使ってみてはと提案した。

 ちなみにジェネリックにも二つあって、一般的に認知されているジェネリックは期限切れになった先発品の特許を基にした有効成分を用いるものの製造工程や添加物などに違いがあり、効能効果が同じとは言い切れない面がある。

 もう一つは、「オーソライズドジェネリック」というもので、 添加物や製造方法も同じなため、一部の例外を除いて試験を省くことができる。


 お客様が『ベンザブロックL』を購入されるさいにヒアリングしてみると、患者は奥さんで、喉の痛みと発熱の他に咳もあるというため、適応する事を伝えた。

 お客様には入浴して身体を温めることと、体を休めるためには内臓も含めて休める必要があるので、食べ過ぎないようにとお話すると驚かれた。

 入浴が良くないとされたのは、まだ内風呂の普及率が低くて家に帰るまでに湯冷めをしてしまうのと、風邪をひいたら栄養を摂らなければならないとされたのは、戦後に日本全体が貧しかった頃の話である。


 高齢の夫婦のお客様から『イソジンうがい薬』を求められたけれど、現に喉が痛む時には刺激物でもあるので避けたほうが良いことと、毎日うがいをしているのであれば水道水で充分とお話ししたところ、今度はトローチを求められたので抗炎症成分の入った『パブロントローチAZ』を案内して、お買い上げいただいた。

 ただ、不安なのか『イソジンうがい薬』小容量の物も一緒に購入された。

 喉が痛むのは奥さんで、湿った音の咳をしていたため内臓が冷えている可能性をお話して、積極的に温かい物を飲むよう勧めた。

 お客様からは、「教えてもらって良かった」と言ってもらえた。

 

患者さんと連絡が取れるのならヒアリングさせてほしい

 若いお客様が『ベンザブロックS』を持ってきたさいに咳があるか尋ねたところ、頼まれ物で本人に連絡が取れるというので確認していただいたうえで販売した。

 ただ、症状が咳と鼻炎であるならば、総合の風邪薬よりも咳止めには鼻の症状を面倒見る成分が、鼻炎薬にも喉を潤す成分が入っているから、それらの方が身体への負担は少ないと考えられる。

 本当のところ、電話を代わってもらえた方が患者さん本人に症状をしっかりヒアリングできるのだけど。


 お客様から、慢性鼻炎の薬をとのことで『チクナイン』(辛夷清肺湯)の場所を尋ねられたため、売り場を案内したうえでヒアリングしたところ、鼻汁が喉に落ちてこないようだったため『葛根湯加川きゅう辛夷』『荊芥連翹湯』も紹介した。

 そして鼻づまりにより匂いを感じないということから、『荊芥連翹湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 『辛夷清肺湯』が適応するのは胃の機能が低下している場合で、『葛根湯加川きゅう辛夷』は鼻づまりだけでなく鼻水にもなる場合に用いる。

 ところが、お会計をしてから病院で処方された薬があるというお話が出たものの、何を処方されたかは分からなかった。

 担当医からは慢性鼻炎については「様子を見ましょう」と言われて以来行っていないそうだが、比較した三つの漢方薬はいずれも保険の適用薬なので、改めて受診してみるよう勧めた。


 お客様から浣腸の場所を尋ねられ売り場を案内すると、高齢の母親が便秘で、一週間ほどすると腹痛のみならず腰痛も訴えているとのことだった。

 内服薬に『オイルデル』や『サトラックス』なども考えたが、複数の薬を処方されていると分かり、担当医に相談したことが無いというため、服用している薬の副作用の可能性を説明したうえで浣腸をお買い上げいただいた。

 ただ今までも浣腸を使ったさいには、便が硬く浣腸液しか出なかったというため、浣腸した後はしばらく我慢することと、洋式便座では和式便器にまたがるのと同じ姿勢になるよう、足を高く置ける台を使う方法を教えた。

 もしくは、胸が膝につくぐらいに前かがみになるのが良い。

 人間は立っている時には漏れないように弁で腸が塞がれる形になり、腰を曲げると開くので、便座に背筋を伸ばして座ってしまうと排便しにくくなるのだ。

 

一度発熱をした後に総合風邪薬を使うかは慎重な検討を

 やや高齢のお客様から、オデキの相談を受けた。

 恥ずかしそうに話をされたので、お尻の近くのようだ。

 何か家にあった塗り薬を使ったようだけれど、銘柄は不明。

 抗生物質のみも考えたが炎症してるようなので、抗生物質と抗炎症のステロイド剤を合わせた『テラ・コートリル軟膏』を案内してお買い上げいただいた。

 お客様の高齢の母親もオデキの治りが遅いというお話だった。

 モノモライもそうだが、菌に抵抗するのにも皮膚の再生を促すのにも体温が低いと治りにくいため、入浴をして温かい物を積極的に飲み、下半身に厚着をするのが大事なことと伝えた。


 夫婦のお客様が来店し、ご主人から初めに「コルゲン風邪薬を」と注文されたものの、コルゲンシリーズのどれかは覚えていなかった。

 いずれにしろ、シリーズそのものが置いていないため、主訴の鼻づまりと喉の痛みに合わせて『エスタックイブNT』と『パブロンメディカルN』を案内してみたけれど、「コルゲンが効くんだ」と断られた。

 咳は無いというから、鼻炎薬を使うという手もあるのだが。

 多くの鼻炎薬には、効能に喉の痛みもあるので。

  結局ご主人は『ルルアタックEX』の購入を決められたものの、実は数日前に発熱していたというため、胃炎により体内が乾燥している可能性をお話し、まだ消化に良い食事をと勧めると苦笑いされてしまった。

 ううむ、普通に食事をされているのか。

 体を休めるためには、内臓も休めることも必要なのだけれど。

 それに一度発熱しているのであれば、もはや風邪薬を使うタイミングではない。

 一方、奥さんの方は少し咳があり、ご主人と同様に鼻がつまり気味というので『龍角散ダイレクト』を提案し、一緒にお買い上げいただいた。

 『龍角散ダイレクト』の効能には鼻づまりのことは書いていないが、処方内容からすれば上半身を冷やすので効果が期待できる。


 お客様から子供用のサプリメントを尋ねられ、『こどもDHAドロップグミ』を案内したところ目的が違うようなのでヒアリングすると、高校生の子供が同年代に比べると身長が低いというのを気にしてのことだった。

 部活で帰りが遅く睡眠時間が足りないとのことだったが、入浴はしており、食べ物に好き嫌いは無いというため、積極的にはサプリメントは不要と考えられることをお話した。

 身長には栄養の他に睡眠時間をもちろん運動の仕方も関係することを伝えたうえで、補助として『リポビタンJr.』を紹介した。

 

最適と考えられる薬の情報を提供した後は患者さんの選択

 お客様から「イソジンじゃない喉スプレーを」と希望され、アズレン製剤の『アズリート』を案内してお買い上げいただいた。

 喉の痛みは風邪などだけでなく、胃炎を起こしてもなることをお話すると逆流性食道炎を心配されたようなので、健康な人でも1日に50回は胃液が逆流していて、健康なら早く回復するため気づかないだけと説明した。

 ついでに言えば内臓には痛覚神経がないので、胃が痛むという場合も近くの神経が異常を知らせている。

 つまり内臓が痛むようでは、相当に悪くなっているということでもあるから、胃が痛くないから胃は大丈夫とは限らないため、ご注意あれ。

 お客様には、喉が痛い時には胃に優しい食事をするようにとお話した。


 喉の痛みを相談されたお客様からスプレータイプの薬を求められたので、炎症を抑えるためには消毒系ではなく抗炎症系のアズレン製剤をと勧め『アズリート』を案内したけれど、しばらく迷った末に消毒系の『のどぬーるスプレー』を購入された。

 最適と考えられる薬の情報を提供した後は、最終的にはお客様の選択である。

 お客様には、喉の炎症が胃にまで広がるかもしれないとお話して、消化に良い食事をするよう勧めた。

 適応しなさそうな薬を選ばれたら、養生法など薬以外の情報も提供して、できるだけフォローをしたいところ。


 お客様から、手のシモヤケの相談を受けた。

 仕事で鉄を素手で触るとのことで、見た目にも患部が荒れていたため『ヒビエイド』と『ヒビケア』を案内すると前者を試していただくことになった。

 まぁ、どちらも同じ処方内容なので、ブランド名で選ぶか価格で選ぶかではあるが。

 家に『ワセリン』があると分かり、寝る前や仕事中でも可能であれば『ヒビエイド』の上から重ね塗りをするよう勧めた。

 患部の修復には血流が大事なので入浴しているか尋ねると入っており、根菜食を勧めたところ自家製で漬けているというため、どちらも養生には良いことですと伝えた。

 

なかなか縮まらない患者さんとの距離

 お客様から『エキセドリンA』を求められたが置いていないことを伝えたところ、主訴は頭痛で『バファリンA』が効かなかったというため、アスピリンが合わなかった可能性をお話してアセトアミノフェン単独の『タイレノール』を案内した。

 『エキセドリンA』はアスピリンとアセトアミノフェンを合わせた処方で、アスピリンが主剤の『バファリンA』が効かなかったのに、『エキセドリンA』が効いたのならアセトアミノフェンが適応したのかなと思ってのこと。

 まったく違う成分の、イブプロフェンにするという選択もある。

 お客様の頭痛は、朝方に痛むというので胃の心配は無さそうと考えイブプロフェンとアセトアミノフェンを合わせた『バファリンプレミアム』と『グレランビット』を紹介すると、前者をお買い上げいただいた。

 また、朝方の頭痛には血圧が関係する可能性をお話して、『ズッキノン』(釣藤散)を紹介した。

 これまで風邪で病院に行ったことはあっても頭痛では行ったことが無いというため、頭痛外来を受診してみるように勧めた。


 お客様が『命の母A』を購入されるさいに使用経験を尋ねると、使った覚えはあるものの効いたかどうか覚えていないとのこと。

 念のため、『命の母A』は不安感やイライラなどの精神的な症状に適応し、『命の母ホワイト』は肉体的な疲労に向いていますと説明した。

 ただ、お客様は神経質そうだったから『命の母A』で合うとは思うものの、余計に不安にさせてしまったかもしれない。

 同じ内容を説明するにも、お客様の性格や考え方を推測してカスタマイズするというのは難しい。


 お客様が『エスタックイブ TT』をレジに持ってきたが、主訴は喉の痛みだけで他に症状は無いというため、『ペラックT』と『龍角散ダイレクト』と『パブロントローチAZ』を 案内してみた。

 それぞれ、錠剤と、水無しで飲める顆粒と、トローチというように剤形の違う物を候補にした。

 今回は『龍角散ダイレクト』をお買い上げいただき、以前に私が案内した風邪薬が良く効いたと言ってもらえたのだけれど、それでもまだ相談してもらえるまでには辿り着かないのか……。

 初めて顔を合わせて、3年ほど経ってからようやく相談してもらえるようになったお客様もいることだし、焦るまい。

 お客様には、喉の炎症が広がらないよう、スープなどの噛まないで済む食事をするように勧めた。

 普通に食事をして食べ物が炎症してる患部をこすってしまうと、なおさら炎症してしまうからだ。

 
ページ:1234567...82»