• タグ別アーカイブ: 風邪
  • 病院で処方されている薬があるのに、相談せずに市販薬を買っている人は、どんな基準で選んでいるのか?

     お客様が風邪薬やうがい薬を何度か見ていたので声をかけたところ、15歳の子供が喉の痛みを訴えていて、鼻水が出るとのことだったが、鼻水の色は見ていないというお話だった。

     うがい薬は刺激物でもあるので喉を余計に傷めてしまうし、体を守る菌も殺菌してしまうから最近では使わないことを説明した。

     鼻炎薬には喉の効能もあるので、風邪薬よりも鼻炎薬を使うことを勧めたのだが、病院で睡眠導入剤が処方されていると分かり調べてみたところ、メラトニン受容体に作用すると分かったため、鼻炎薬も避けた方が良いと判断した。

     声をかけなかったら、何を選ぶつもりだったのだろう(^_^;)?

     すると、他にモノモライがあるというため抗菌目薬を案内しようとすると、目薬は嫌がるというお話だったため、喉の痛みとモノモライに使える物として『バファリンルナi』を勧めて、お買い上げいただいた。

     他に内服薬で、モノモライや喉の痛みに使える物として、うちのお店には置いていないけれど『排膿散及湯』を紹介した。

     内服の抗生物質は市販されていないから、その代わりに使える漢方薬である。

     また、子供はシャワーで過ごしているというから、鼻水の原因は内臓の冷えからくることと、睡眠の補助には体温を上げてから下降していくのが良いので入浴を勧めたうえで、どうしてもシャワーじゃなければ嫌という場合には、髪や体を洗っている間、太い血管が通っている背中側に長く浴びるようお話した。

     それから、今回は薬の名前を覚えていたから良かったけれど、市販薬を買う時にもお薬手帳は持参していただくことと、調剤している薬局に相談するよう勧めた。


     やや高齢のお客様から、喉の痛みと咳の相談を受け詳しく訊いてみると、発熱した後で喉が張り付く感じがするとのことだった。

     病院に行こうと思ったものの、インフルエンザをうつされるのが怖くてやめたという。

     体内が乾燥してる可能性をお話しして、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介したところ、喉の痛みの方が気になるというため、喉の炎症を抑える成分も入っている『ベンザブロックせき止め』を案内して、お買い上げいただいた。

     また体内の乾燥は、発熱により胃炎を起こしているとも考えられるので、消化の良い食事をするよう勧めた。


     

     

  • 鼻をかむ時には鼻に優しく、負担をかけ過ぎてはいけません

     お客様から打撲の相談を受け詳しく訊くと、2日前に膝の横をぶつけてしまい、今さっきまたぶつけてしまったそうで、サポーターをした方が良いかと尋ねられたので、外用消炎剤を使うことを勧め、インドメタシン製剤を案内したところ、『バンテリン液EX』をお買い上げいただいた。

     本来は、ぶつけた初日に氷水を入れたビニール袋などを当てて冷やすのが良かったのだけれど。

     ともかく、痛みが一週間ほど続くようであれば病院を受診するよう伝えた。

     ほんの打撲だと思っていても、ヒビが入っていたり剥離骨折している可能性もあるので。


     お客様から鼻風邪の相談を受け、患者は彼氏で『パブロンSα』を飲んでいたとのことだった。

     主訴は鼻水と鼻づまりというから、悪くはないと伝えたうえで(本当は避けてもらいたかったけど)、咳は無いそうなので鼻炎薬を提案した。

     すると、蓄膿症の手術をしたことがあるとの話から、鼻水と鼻づまりが行ったり来たりする時に使う『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻が詰まる一方で寝苦しい場合の『荊芥連翹湯』の他に、鼻が詰まって鼻汁が喉に落ちてくる症状に向いている『辛夷清肺湯』を紹介した。

     鼻汁が喉に落ちるかは分からないとのことだったが、『チクナイン』(辛夷清肺湯)を購入された。

     また、鼻の症状は胃の不具合とも関係するので、しばらくはスープなどの温かく消化しやすい食事をさせるよう勧めた。

     また、彼氏は激しく鼻をかむというから、それはやめさせるよう、お話した。

     鼻づまりというのは、鼻の奥の血管が炎症して膨らむことで起こる症状だから、激しく鼻をかんでしまうと「高圧力」と「高速の突風」が狭い鼻腔に負担をかけて余計に患部を炎症させてしまうのだ。

     それとシャワー派だというので、血流を良くして体内の熱を循環させるために、背中側に浴びるのが養生となることを伝えた。

     暖かい空気は上に昇るから、炎症による熱を降ろすのが効果的で、それには下半身を温めるのが良い。

     そういう意味では、環境的に入れない理由が無ければ入浴するのが最善である。

     

  • 薬の年齢制限が変更になることもあるので注意! 症状の程度によっては使わないという選択も

     お客様から『新ジキニン顆粒』を求められたけれど、子供は9歳だそうなので、ジヒドロコデインの年齢制限が12歳以上に引き上げられたことを説明した。

     そもそも、主訴は鼻水と少し咳があるだけで、家に咳止めシロップはあるというため、成分によっては咳止め薬は鼻水にも効果が期待できることと、体を温めるだけで治る可能性が高いため、温かい物を飲ませてお風呂に入り、下半身に厚着をするよう勧めると、お帰りになった。

     ただ、このジヒドロコデインが副作用を起こしたという症例は日本では報告されておらず、アメリカだけの話。

     アメリカでは、結構無茶な薬の飲み方を平気でする人が多いそうだから、子供にも安易に飲ませていたのではないかと思われる。

     ハリウッド映画なんかで、鎮痛剤のアスピリンをお菓子でも食べるかのようにボリボリと噛んんで飲んでいるシーンを観たことのある人もいるはず。


     お客様が、レジに『パブロンSα』を持ってきたので、鼻風邪か尋ねたところ、常備薬にして予防用に使うというため、現代薬は症状が起きていない段階では使えないことを説明し、症状がハッキリしないうちから服用するのが効果的な『葛根湯』を提案したところ、変更になった。

     また『葛根湯』は、それこそ早め早めに飲むのが良いので家に置いておくよりも持ち歩いて出先で変だなと思ったら、すぐに飲むように勧めた。

     それから、総合風邪薬は似たような処方が多いとはいえ、それぞれに傾向が違うから症状に合わせて選んだ方が良いことを伝えた。

     私としては、総合風邪薬を使うより、解熱鎮痛剤と鼻炎薬と咳止め薬をバラバラに保持しておいて、その時に一番苦しいと感じる症状にターゲットを絞る方法がイチ推し。

     何故なら、体への負担を減らし、副作用が発現した場合に原因を特定しやすいから。

     

  • 患者さんに寄り添うことの難しさ、伝えることの難しさ

     レジに『パブロンSα』を持ってきたお客様に症状を尋ねてみると主訴はだるさで、他にハッキリした症状は無く食欲はあるというため、体を温めて血流を良くする『葛根湯』を提案するとともに、身体の下支えをする『柴胡桂枝湯』も紹介してみた。

     しかし今度は、販売期限が迫っていて値引きになっている『エスタック総合感冒』が目に付いたらしく、そちらを買っていかれた。

     発熱も頭痛も無ければ咳も出ておらず鼻炎でもないのに、どうして総合風邪薬を使おうと思うのか理解できない。

     患者さんに寄り添った考え方をするのって、難しい……(´・ω・`)

     お客様には、食欲は脳が感じているだけだから、食べ過ぎないようにお話しした。

     体がだるいということは疲労はあるはずで、食べた物を消化して吸収するのにもエネルギーを使うため、内臓を休めることが必要なのだ。


     若いカップルのお客様が来店し、彼女が皹(あかぎれ)とのことだったので『ヒビケア』と『ヒビエイド』を案内し、処方はそれほど変わらないからブランド名でも価格でも好きな方で選んで良いとお話ししたところ、前者を購入された。

     他に2人とも入浴後に体が痒くなるというので、初めにぬるめのお湯が入ってから追い焚きをするよう勧め、シャワーで済ませる場合には太い血管と神経が通っている背中側に重点的に浴びる方法を教えた。

     また皹の養生として、お湯を入れた湯のみを手で握って、指先の細い血管の血流を良くする方法も伝えた。

     

  • 薬選びは、効き目や効き方だけでなく患者さんの背景も参考にしています

     女性の若いお客様と高齢のお客様が続き、どちらも疲れ目と目の乾きの相談を受けたので、若いお客様にはミネラルが主体の『ロートCキューブ』を案内し、高齢のお客様にはビタミンが主体の『スマイル40EXゴールド』を案内して、お買い上げいただいた。

     そして二人ともパソコンの使い過ぎというため、目を開きすぎないために画面を見下ろすよう勧めた。

     人を見下すような目つきになって、感じが悪くなるけれど(笑)


     お客様が『ブロン錠エース』をレジに持ってきたけれど、痰が絡む訳ではなく、いつも風邪の後にカラ咳だけが残るというので、適応からは少し外れることをお話しした。

     お客様が言うには『アスクロン』だけが効いたそうだから、効いていたのなら薬を変えない方が良いのではとお話ししたうえで、体内が乾燥している可能性を説明して、上半身に保水する『麦門冬湯』を案内したところ、そちらを購入された。

     『アスクロン』が効いたとなると、喘息持ちなのかもしれない。

     それから、カラ咳が出る時は胃炎が起きてる可能性もあるとお話すると、「胃は丈夫」と言われたけれど、胃には痛覚神経が無いので、不具合があっても気づきにくいことを説明した。

     じゃあどうして胃痛が起きたりするのかといえば、それは近くの神経が代わりに脳に伝えようとしているからで、痛みがするということは相当に悪くなっているのである。

     お客様には、カラ咳が出ている間は消化に良い食事をすることと、内臓の炎症を抑えるために、積極的に温かい物を飲み、入浴をするよう勧めた。

     体は炎症することでウイルスなどの外敵と戦ったり血流を良くして材料を運ぼうとするから、冷たい物を飲食したりすると、もっと頑張って炎症しなければと変に張り切ってしまうから、炎症しなくても良い事を体に教えてあげるのである。

     

  • 市販薬は自分で選ぶのがベストなのに、それを阻む親心

     子供を連れたお客様から、「目薬は値段が高い方が良いのか」と尋ねられたので、目薬に使って良い成分は決まっていて組み合わせや濃度の違いでしかないため、価格と効き目には直接的な繋がりは無いことを説明した。

     今回は『ロートゴールド40』をお買い上げいただき、目薬を差したら目を閉じて1分以上は少し下を向いておくのが薬を無駄にしない方法ですと伝えたところ、「知らなかった」と驚かれた。

     本当のところは5分は目を閉じていた方が効果的だから、スマホで音楽でも聴きながらリラックスタイムにするのも良いかもしれない。

     それからお客様には、目の周りをお湯に浸したタオルなどで温めて細い血管を開き、血流を良くするのも養生法であることを教えた。


     お客様から「風邪薬を送るのは難しい?」と尋ねられ詳しく訊くと、一人暮らしの息子さんにとのことだった。

     お客様は手に『イブA』を持っていたので、頭痛や発熱の他に喉の痛みにも使えることを説明し、総合の風邪薬よりも、他に鼻炎薬と咳止め薬をバラバラに用意する方法を提案した。

     一人暮らしということであれば体調が悪い時に面倒を見てくれる人がいない訳で、体の機能を落として症状を抑える総合の風邪薬は避けて、起きている症状だけに対処した方が良い。

     今回は、『イブA』と『パブロン鼻炎カプセルSα』の他に、消毒液の『マキロンs』をお買い上げいただいた。

     お客様は、最初は『キズニコ』を選ばれたのだけれど、それは消毒成分だけで、『マキロンs』には皮膚の再生を促す成分が加えられており、他に比較として消毒成分に傷の疼きを抑える成分を足してある『デシンA』と比較したうえである。

     お客様には、インフルエンザの予防に、手洗いとスマホの画面の拭き掃除をさせるよう勧めた。

     

  • 総合風邪薬は「全部入りでお得」なんてことはありません

     若いお客様が『新エバユースB26』を購入されるので、体内を温めると有効に活用できることを伝えた。

     やはり栄養を巡らせるのは血液なので、血流を良くするためには積極的に温かい物を飲んだり、ゆったりと入浴をして、上は薄着をしても下半身は厚着をしてお腹周りを保温した方が良い。


     お客様が『エスタック総合感冒』をレジに持ってきたけれど、中学生の子供が発熱していて、他の症状は無いというため『バファリンルナJ』を提案して変更となった。

     総合の風邪薬には解熱と鎮痛の他に、咳止めと鼻炎薬も入っていて、それらは体の機能を落としてしまうから、発熱だけならばむしろ使わない方が良いのだ。

     全部入りでお得なのは食べ物のセットとかで、薬はちっともお得ではないことを知ってもらいたいところ。

     子供は普段は食べる方だというので、食欲があっても普通の食事はさせず、内臓を休めるためには具の柔らかい味噌汁やインスタントスープなどを食べさせるように勧めた。

     発熱をすると脳はエネルギーを欲しいから食欲を増してしまうことがあるが、それに騙されてはいけない。

     ただ、おかゆや、うどんなどであっさりした味付けだとお腹が空いてしまうかもしれないから、濃いめの味付けで脳を騙したほうが良いし、濃いめの味付けは塩分の補給にもなる。

     

  • 使っている市販薬の同じ銘柄での違いを知らない人は多い

     お客様から『イブ』を求められたので鎮痛剤の棚を案内したところ、探しているのは『イブA』だった。

     『イブA』には鎮静剤が入っているので眠気を催すことがあれかもしれないとお話ししたうえでお買い上げ頂いたけれど、無印とAの区別がついていない患者さんは多い。

     お客様の主訴は頭痛とのことで、声が弱々しかったから、頭痛でも風邪の時でも胃に優しい食事をするのが大事なことを伝えた。

     頭痛にも種類がありそれぞれ対処法が違うから、本当は詳しい頭痛の話をしたかったのだけれど、そこまでは踏み込めなかった。

     いわゆるズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と密接に関係するため、体を安静にして胃に優しい食事に切り替えると症状が軽減する。

     そして鎮痛剤以外では、『呉茱萸湯』『五苓散』といった水分代謝を整える漢方薬が候補となる。

     頭が締めつけられるタイプの頭痛の場合は、肩こりと連動していることが多く、むしろ体を動かして筋肉をほぐすとともに血流を良くすると改善するので、上半身を温める『葛根湯』が適応する。

     他に目の奥が重く感じたり、朝方に頭重感があって午後にかけて楽になるタイプは血圧が関係する可能性が高い。

     この血圧は数値上のことではなく、個人の一日の中での変化の幅が問題になるので「自分は血圧は高くない」といったこととは別。

     また、このタイプも肩こりと連動していることがあり、『釣藤散』『七物降下湯』など血圧を調整する漢方薬が効果的。

     もちろん人間の体は機械ではないから、これらの症状が複合的に現れることがあるため、単純に切り分けも出来ないので、まずは店頭で相談してもらいたい。

     そのさいには、生活サイクルや仕事の内容など、プライベートな情報の中にヒントが隠されていたりするし、できるだけ時間に余裕があるのが望ましい。


     お客様が酔い止め薬の棚の前で迷っていたので声をかけたところ、息子さんが使うそうで、普段は使ったことが無く、水無しで眠くなりにくい物をと要望された。

     しかし息子さんは海外に行くと分かり、飛行機に乗るのであれば眠気を催す物の方が良い事をお話しし、『センパアトラベル1』を案内して、お買い上げ頂いた。

     他に息子さんは、『ウオノメコロリ』の液剤を使っていたそうで、絆創膏タイプを使ってみたらイマイチだったとのお話があった。

     おそらく、『ウオノメコロリ』の液剤には皮膚を柔らかくする成分が入っているのに対し、絆創膏タイプには入っていないから、そう感じるのだろう。

     さっきの『イブ』と同じで、同じ銘柄での処方の違いを知らないのだと思われ、私が「まず相談を」と繰り返し書いているのは、「いつも使っている」という薬をどの程度理解しているのかを確認するためでもある。

     足のイボについては以前に病院で液体窒素での処置を勧められたそうだから、やはり専門家の意見を聞くために再受診するように勧めた。

     それから、海外に行くのであれば塗り薬のステロイド剤と抗生物質があった方が安心なので、家に置いてあるなら持たせるよう勧めた。