Tagged with " 風邪"

【動画】この季節がやって来た!風邪薬の選び方part1

 まず「風邪」は、正式には「かぜ症候群」と呼びます。

 そして医学的には「上気道炎」のことを指し、原因の90%以上はウイルスとされています。

 よく、ご自分で「風邪だから」と言われることが多いですが、病気を診断できるのは法律的にも職能的にも医師だけ。

 登録販売者はもちろん薬剤師も診断できませんし、それは患者さん自身も同じです。

 

 

喉が痛くなったら風邪薬を買う前に、解熱鎮痛剤が家にあるか確認を

 幼児を連れたお客様から授乳中に使える風邪薬をと求められ、お客様自身は『ペラックT』を候補に考えているようだった。

 悪い選択ではないが、主訴は喉の痛みの他に頭痛と微熱があるというため『葛根湯』との併用を提案した。

 甘草が重なるが、1日の許容量を超えないから大丈夫なはず。

 本当は『桔梗湯』がお店にあれば、そっちを併用に勧めたいところ。

 しかし、よくよく考えてみると鼻水は無いというため、『銀翹散』を勧めてお使いいただくことになった。

 それから、風邪をひいて体を休めるのには、内臓も含めて休めた方が良いので、初期症状の段階で食事を消化しやすいメニューに切り替えるよう勧めた。

 熱が出て寝込んだら、お粥やうどんにするという人が多いと思うが、それでは手遅れなんである。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『イソジンうがい薬』と栄養ドリンクをレジに持ってきたけれど、現に喉が痛む時には殺菌剤のイソジンは刺激物でもあるため使用を避けた方が良いことを伝えたところ、取りやめとなった。

 主訴は喉の痛みというため、代わりに『ペラックT』を案内したうえで家に解熱鎮痛剤があるか尋ねるとあるというので、効能書きに「咽頭痛」あるいは「のどの痛み」と書いてあるのを確認して、使ってみるよう勧めた。

 また、同じ喉の痛みでも、喉の入り口側や扁桃腺のあたりが腫れているのは外敵と戦っていて、喉の奥がヒリヒリするような場合は胃炎の可能性があることを伝えた。

 いずれにせよ、普通に食事をして食べ物が患部をこするのも良くないから、喉が痛むあいだは柔らかい食事をするようお話した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

薬を買う人の1%の中の、さらに何%の人が店頭で相談しているのか

 お客様が、『ベンザブロックL』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと痰で咳は無いというため、去痰に振ってある『せきトローチ』を案内してみると、病院で何かトローチを処方され、それが効かなかったというものの内容は不明。

 病院で処方された薬が効かなかったからと市販薬を買う人は少なくなく、しかもそれを何故か相談せずに自分で薬を選び、その処方された薬を覚えていないというのだから、危なっかしいことこのうえない。

 今回は、他に『パブロントローチAZ』と『コルゲンコーワトローチ』を比較して、前者は抗炎症剤が入っており後者は消毒系であることを説明し、薬は剤形よりも成分が大事なことをお話ししたうえで、そのまま『ベンザブロックL』をお買い上げいただいた。

 ところがお会計をしてから、もう一週間以上前から症状が続いていて、しかも普通にお食事をしているというため、炎症している患部への刺激を減らすためにも、柔らかくて胃に優しい食事をするよう伝えた。

 うーむ、受診勧奨するべきだったか(´ヘ`;)

 『ストナ去たんカプセル』のような去痰剤を使うという方法や、上半身を潤す『麦門冬湯』を使うという手もあるのだけれど、どうして総合風邪薬にこだわられるのか。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 妊婦のお客様から痔の相談を受け、ネットで「非ステロイドが良い」と見たそうだが、患部の炎症は強いようなので、一時的な使用であればステロイド剤でも大丈夫なことを説明し『ボラギノールA』を勧めて、お買い上げいただいた。

 少なくとも、ネットの情報を鵜呑みにせずに、こうして店頭で相談してくれる人なら大丈夫。

 お客様は他に、汗疹に『あせもパウダークリーム』を一緒に購入された。

 ちなみに某製薬会社が取ったアンケートを見せてもらったことがあるが、 「薬をCMで買う人」は56%で、「パッケージを見て買う人」が43%、そして「その他」は1%で、その1%の中に「ネットでの書き込みを参考にする人」が含まれるのだとすれば、店頭で相談する人はどれほど少ないのだろうかと絶望感が湧いてくる。

 それだけに、こうして相談されたら全力で応えたい。

 ……上手く対応できるかは別ですが(^_^;)←マテ

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

『キンカン』は虫刺されには向いてない? 『葛根湯』は風邪以外に何に使える?

 高齢のお客様から、疲労に『アリナミンEXプラス』が効かなかったと相談され、声が弱々しかったため、体を下支えする『柴胡桂枝湯』と、体を養う『人参養栄湯』を紹介してみた。

 しかし栄養ドリンクを希望されたので、ノンカフェインの『ヒストミンゴールド液プラス』を案内したところ、お買い上げいただいた。

 かかりつけ医はいるそうで、お買い上げ頂けたのは「よく説明してくれたから」と言われ恐縮。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『キンカン』と『葛根湯』を購入されるので、『キンカン』は蚊に刺された程度にしか効かないことを伝えると、肩こりで使っているとのことだった。

 なるほど、だから『葛根湯』との組み合わせなのかと勝手に想像。

 『キンカン』は刺激で痒みを誤魔化すだけなので、虫刺されよりは刺激による血流改善の肩こりの方が向いている。

 すると、お客様が『葛根湯』は子供の風邪に使うと言われていたので、肩こりにも使えることを伝えると効能書きを見て「本当だ!? 書いてある!」と驚かれた。

 やはり声をかけてみないと、お客様が何を知っていて何を分かっていないのかというのは予想のしようがないのでした。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から風邪薬を希望されたけれど、主訴は喉の痛みで他には咳も無いというため、胃炎の可能性も伝えて『ペラックT』を案内したものの、本人は風邪と断言されるため『ルルアタックEX』を紹介すると、両方を購入された。

 いや、『ルルアタックEX』には『ペラックT』の主成分のトラネキサム酸が入っているから、一緒に買う必要は無いんですが、と説明したのに買われた。

 お客様には、消化にもエネルギーを使うためエネルギーのロスを抑えるには、消化に良い食事をして量を控え、内臓を休めるよう勧めた。

 代案を示したつもりが両方を選択されてしまうケースもあるので、やはり薬の説明というのは難しい。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

介護用品の杖の準備はお早めに? その理由は……

 高齢のお客様が杖を買いにいらっしゃったものの、うちのお店は種類が少ないため、少し離れているけれどホームセンターを紹介した。

 しかし奥さんが腰痛で取り急ぎ欲しいとのことで、少ない種類の中から選んで購入された。

 お客様は「まだ杖を使う歳じゃないけど」と言っていたが、杖は歩く時よりも立ったり座ったりといった体重をかける動作の時に使う物なので、体の自由がきくうちに練習しておく方が良いことを伝えた。

 体が思うように動けなくなってきてから練習するのは大変で、早めに体に感覚として馴染ませてしまった方が後で困らない。

 杖を使うのは、実はスポーツと同じなんである。

 これからさらに高齢化社会を迎えることを考えると、もっと杖を持ち歩くのがファッションとして流行って、恥ずかしがらずに練習できるようになるのが良いと私は思う。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『OS-1ゼリー』を購入されるさいに、親が体調を崩して食事ができないというお話があったため、介護食を利用してみてはと提案した。

 介護食は介護で使うものと思われていたようなので、病人食として活用するものですと伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 『大正漢方胃腸薬』を手に持っているお客様が風邪薬の棚に行き、『パイロンSα』が以前と同じ物かと尋ねられた。

 確かに市販薬はリニューアルすることがあるが『パイロンSα』がそうだったか分からないため、総合風邪薬そのものが適応する症状に得意分野があり、必ずと言って良いほど咳止めが入っているので、咳が無ければ使うのはやめるようにとお話した。

 むしろ風邪の症状がフルセットで出るということは多くないので、総合風邪薬を常備しておくよりも、解熱鎮痛剤と鼻炎薬と咳止めといったように、症状別の薬を使った方が体への負担も少なく効果的と説明した。

 すると塩野義製薬が好きだと言われ、病院で『PL顆粒』を処方されたことがあるというため、市販薬で唯一と言えるくらい咳止め成分の入っていない風邪薬として『パイロンPL顆粒』を紹介した。

 お客様から「素人には難しいわね」と言われ、「研修でヒーヒー言ってます」と答えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

その薬の購入を止めるのには理由があります

 やや高齢のお客様がご購入されるさいに、他のお店で『アネトンせき止め錠』を買おうとしたら薬剤師に止められてしまったと不満を漏らされた。

 しかし詳しく話を訊いてみれば、主訴は痰が引っかかるだけで咳は無いというから、その薬剤師さんが止めたのは当然だろう。

 咳き込んで眠れないとか、息を吸えても吐くのが苦しいといった症状が無い時に使うような薬ではない。

 お客様に『ストナ去たんカプセル』を紹介したところ、今は『龍角散ダイレクト』を使っているというので、それでも良いことを伝えた。

 お客様からは「自分で適当に選んじゃダメだね」と言ってもらえたので、私としてはお買い上げが無くても満足である。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ガスター10』を求められ、薬剤師のいないうちのお店には置いていないことを伝えたうえで、効果のある症状は限られて、 胸が焼けるような感じがするとか苦い水が上がってくるといった場合に用いることを説明し、『スクラート胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を紹介した。

 普段から元気な人が食べ過ぎてしまって胃を痛めた場合には前者の無印が向いていて、普段から食欲旺盛な訳ではなく胃が疲れて機能低下している場合には後者のSが適応するのだが、今回は無印の『スクラート胃腸薬』を購入された。

 お客様からは、何故か最後まで具体的な症状を話してもらえなかったが、食べ過ぎではあるようだ。

 お客様には、胃薬は販売する側からは鬼門で、「風邪薬を選んでるお客様には声をかけても、胃薬を選んでるお客様には声をかけられるまで黙っていよう」と思ってしまうくらい選ぶのが難しいことを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

病院から処方された薬を使ったあとに残った症状は、副作用の疑いもあります

 お客様が消毒系の喉スプレーをレジに持ってきたので、喉の痛みには向いていないことを伝えると興味を持たれ、抗炎症系のアズレン製剤を案内したところ変更となった。

 喉の痛みというのは風邪だけに限らず胃炎の可能性もあることをお話すると、口内炎があると言われたため、むしろアズレン製剤が適応することを伝えた。

 というか、どうして口内炎の相談は無かったのだろうか。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『ヴィックスドロップ』を購入されるさいにヒアリングしてみると、主訴は喉の痛みで、発熱したため病院で処方された薬があるとのことだった。

 処方された薬は覚えておらず、抗生剤や咳止めの成分によっては体内が乾燥して喉が痛む場合もあることを伝えたのだけれど、何かを売りつけられると警戒されてしまったらしく、耳に入らないようだった。

 せめてもと、こまめな水分補給をと勧めたが、それも伝わったかどうか……。

 『ヴィックスドロップ』を選んだのも、薬が処方されていても「医薬指定部外品の飴だから安全」と思ったのか、処方された薬で満足できずに医薬品と思ってなのかで話が変わるから心配。

 飴の形をしていてもリスクの高い指定第2類医薬品の物もあるし、処方薬が効かなかったのか副作用を起こしているのかを推測するには、お薬手帳などの情報が必要で、処方薬の内容を覚えていないという段階で心配になる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ロキソニン』を求められたが、お店には置いていないので、化学構造式が似ているイブプロフェン製剤での対応を提案したところお話を聞いていただけたので、カフェインの入っている『バファリンルナi』と入っていない『グレランビット』を紹介し、前者をお買い上げいただいた。

 主訴は頭痛でズキズキするタイプというため、胃の不具合とも関係することをお話しして、その頭痛がする時には食事も胃に優しい物にするよう勧めた。

 頭痛で食べる物を変えようと思う人は少ないだろうが、ズキズキタイプの偏頭痛持ちの人は、体を安静にしたほうが楽になる点からしても、内臓を休ませる食事に切り替えるのが吉です。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

交通ルールは知っているつもりで知らないことも多いもの

 お客様が『スットノーズα』と『コンタクトせき止めW』を購入するさいに併用するのか尋ねたところ、しないとのことだったが、この組み合わせならば鼻炎と咳の症状が一緒に出た場合には併用できることを伝えた。

 大丈夫なら声をかけなくても良いのだけれど、注意喚起の一環。

 点鼻薬と飲み薬の組み合わせを端から安全と決めて掛かっている人もいて、一声かけると、そう考えてる人を見つけることもあるので。

 例えば、交通ルールを守ってれば安全とは限らず、意図的に無視してる人もいれば、知らずに違反しているという人もいる。

 でも、交通ルールを守っていても事故に遭うのだからルールを守るのは無駄とまで考える人は、滅多にいないだろう。

 となければ、交通ルールを知っているか、知っていて守っているかというチェックは、事故を防ぐためには必要なこと。

 ちゃんと知っていて守っている人にとってはウザいかもしれないが、事故が起きてから対処するよりも事故を未然に防ぐためには必要なので、声をかけたさいには、あまり邪険にしないで下さいませm(_ _)m

 それはともかく、お客様は湿った咳をしていたので内臓が冷えている可能性をお話しし、気温が高くてもお腹周りは冷やさないように厚着することを勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『パブロンAゴールド』をレジに持ってきたけど、患者はご主人で咳は無いというため詳しくヒアリングすると、主訴は鼻炎と喉の痛みだった。

 鼻炎薬にも効能に喉の痛みがあることを説明し、鼻水ならば体を温めるだけで改善する可能性があるため、喉の薬に『ペラック T』も案内してみた。

 しかし今回は頼まれ物でもあるため、そのまま購入となった。

 鼻や喉の症状というのは胃とも関係し、風邪で体を休めるのは内臓も含めてなので、食欲があっても温かく消化の良い食事にして量を控えさせるように伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『アセムヒEX』を購入されるさいに念のため、汗疹(あせも)とは別な汗かぶれに適応することを確認したところ、大丈夫なようなのでそのままお買い上げいただいた。

 汗疹は汗腺が目詰まりして炎症を起こしてしまう症状であるのに対し、汗かぶれは自身の汗の刺激で炎症してしまう症状であり、『アセムヒEX』は汗が再び皮膚に浸透しないように防ぐので、汗疹の薬とは処方内容が少し異なるのだ。

 今回のお客様は、以前に私が咳の相談を受け温かい物を積極的に飲むようお勧めていたのだが、「いつもより早く回復できました」と言っていただけた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 
ページ:1234567...87»