Tagged with " 風邪"

風邪薬が不要でも風邪薬にこだわる謎

 夫婦のお客様が来店し、風邪薬の棚の前で『パブロンエースPro』を見ながら、ご主人が「これがいいんじゃない?」と奥さんに話しかけていたため、案内を申し出てみた。

 何を基準にして選んだのかが気になったので。

 ヒアリングすると、ご主人の主訴は鼻水で奥さんは喉の痛みということから、ご主人には『パブロン鼻炎カプセルSα』を、奥さんには『ペラックT』を提案した。

 しかし風邪薬を二人で一緒に飲みたいとの要望を受け、ご主人の鼻水は酷くないというお話から『ルルアタックEX』を紹介して、お買い上げいただいた。

 実のところ咳が無いのであれば、風邪薬は候補から外した方が体への負担が少なくて良いのだけれど、 どういうわけか風邪薬にこだわられることが多い。

 例えば『パブロン鼻炎カプセル S アルファは効能書きに、喉の痛みもあるのだければ、あまり知っている人はいない。

 そして家族で同じ薬で済ませたいという気持ちは分かるものの、やはり本当は分けた方が良い。

 そういう話も、始めから相談を受けていれば伝えやすいのだが……。

 お客様には、透明な鼻水は内臓が冷えていると考えられるため、積極的に温かい物を飲み入浴をして下半身に厚着をするよう勧めた。

 鼻水だけなら、それだけで改善して薬が不要な可能性も高い。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B014R3DBPG?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B014R3DBPG

 お客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みで他に症状は無いというため咳止めの成分が体をだるくしてしまう可能性をお話して、『ペラックT』と『龍角散ダイレクト』を紹介した。

 そして『龍角散ダイレクト』は患部を冷やすので鼻水がある場合には避けた方が良いことを説明すると、『ペラックT』を購入された。

 喉の炎症が胃にまで広がるかもしれないのと、食べ物が炎症している患部を刺激してしまうと良くないので、口の中で崩れるような胃に優しい食事をするよう勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00110OEQE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00110OEQE

 お客様が2歳の子供の腹部の痒みに、奥さんからテレビCMで見た薬を頼まれたというのに、銘柄を覚えていなかったため、『メンソレータムADボタニカル』を例に痒み止めや弱い局所麻酔が入っているといった処方構成を説明したところ、そのまま購入された。

 ありゃん、奥さんに怒られなければ良いけれど(^_^;)

 お客様には、子供の乾燥肌には『ワセリン』で十分なことと、痒み止めには虫刺されの薬で代用できることを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B075XN4SPV?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B075XN4SPV

 

 

患者本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないと困る

 お客様が『パープルショットW』と『イソジン』と『ヴィックスドロップ』をレジに持ってきたのでヒアリングすると、喉の痛みを訴えている成人の息子さんから頼まれたらしい。

 しかし抗炎症剤の入っている『パープルショットW』以外は、効果の面で勧められないことを説明すると、数日前に発熱したというので『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を紹介したところ、両方を一緒に使って良いか尋ねられたため、問題はないものの併用するのはモッタイナイかもとお話した。

 体内の乾燥を考えれば、上半身を潤す『麦門冬湯』も候補になるのだけれど、本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないうえ、その中に内服薬が無かったため、今回は候補から外した。

 結局お客様は『ペラックT』と『パブロントローチAZ』の両方を購入され、風邪で体を休めるのは内臓も含めてという事をお話し、胃を悪くしている可能性を伝えると、本人は胃の具合も悪いとのことだった。

 ううむ、それなら『柴胡桂枝湯』も候補にしたんだけどな。

 普通の買い物を頼むように薬の銘柄を指定してしまう気持ちは分かるけれど、今の症状と症状の経過の情報をこそ、実際に買いに出る人に伝えておいてほしいし、引き受ける人も確認してもらいたいところ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000Z21HFA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B000Z21HFA

 お客様から成人の息子さんが、微熱と節々の痛みを訴えていて『葛根湯』を飲ませて効かなかったようだと相談された。

 すでに節々の痛みが出ているようでは『葛根湯』では遅いため、次の選択として『麻黄湯』が適応することをお話したところ、すでに体がだるいという。

 となると『麻黄湯』を飛ばして、『柴胡桂枝湯』を使った方が良いだろう。

 『柴胡桂枝湯』をお買い上げいただき、微熱なのは熱を出す体力が無いからかもとお話して、内臓を休ませることが回復に必要なことを伝え、消化の良い食事を量を少なめにと勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CW82ZGA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00CW82ZGA

 お客様が『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたけれど、消毒系で炎症を抑える物ではないことを伝えたところ、発熱して病院で何か薬を処方されたそうだけども、処方の内容は不明。

 解熱剤だけなのか抗生物質や去痰剤が出たのかも分からないと判断のしようがないが、トラネキサム酸やグリチルリチン酸などが処方されている可能性を考え、アズレン製剤を提案し『アズリートのどスプレー』に変更となった。

 お客様には発熱により体内が乾燥してる可能性をお話して、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介し、喉が痛む間は噛まないで口の中で崩れる食事をするよう勧めた。

 普通に食事をして、食べ物が炎症している患部を擦るのも良くないので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FJUA498?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FJUA498

 

 

風邪薬を飲むと本格的な風邪になっちゃうかも

 若いお客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたが、喉の痛みと微熱があるものの咳は無いそうなので、『イブ』や『バファリン』などの解熱鎮痛剤と『ペラックT』との組み合わせを勧めた。

 しかし風邪薬を希望されたのと、明日は休めるとのことから、そのままお使いいただくことになった。

 お客様には、風邪薬に入っている咳止めの成分には覚醒剤系と麻薬系とがあり、特に麻薬系は体をだるくする副作用があるため、咳が無い時に使うと風邪でだるいのか咳止めでだるくなったのか見分けがつきにくくなることを説明した。

 例えば、喉の痛みや微熱が風邪の初期症状だったとして、咳が無い段階で麻薬系の咳止めの入った風邪薬を使うと、体がだるくなって抵抗力が落ち、風邪薬を飲むことで本格的に風邪に進行してしまうという本末転倒なことが起きる可能性があるのだ。

 それからお客様には、風邪をひいて体を休めるというのは内臓も含めてなので、無理に栄養を摂ろうとせずに消化の良い食事を量を少なめにと伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00110OEQE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00110OEQE

 夫婦のお客様が来店し、ご主人から冷感のしない湿布薬をとの注文を受けたけれど、メントールが入っている限り冷感があることを説明した。

 主訴はゴルフによる腰痛とのことで、どうして多くの外用消炎鎮痛剤にメントールが入っているかといえば、人間の神経は割と騙されやすく冷たく感じさせることで痛覚神経が麻痺するからだ。

 痒いところを叩くと、痛みで痒みが誤魔化されるようなものだ。

 虫刺されにも使う『キンカン』は冷感の逆で、灼熱感を与えることで痒みを誤魔化す。

 お客様のお話によると、病院から処方されていた『モーラステープ』は冷たくなかったというため、処方薬は単味剤が多く市販薬とは設計思想が異なる事をお話したうえで、メントールが主成分ではなく添加物として入っている『リフェンダフェルビナク』を案内してお買い上げいただいた。

 少しでも冷感を緩める方法として、人間は体温より低い物は必ず冷たく感じるから、貼る前の湿布をコタツの上に置いておき、温めてから貼る方法を教えた。

 また加齢による腰痛について尋ねられたので、腎機能の低下と関係することをお話し、『牛車腎気丸』を紹介した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MN18G3M?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MN18G3M

 先月に、降圧剤を処方されているのに血圧を下げる薬をと頼まれ『七物降下湯』を案内し、売るか売らないか悩んだ末に販売したお客様が再訪した。

 服用したところ調子が良かったとのことで、追加を購入された。

 継続するのであれば、担当医に処方してもらえないか相談してみるよう勧めた。

 お客様のお話では、『七物降下湯』を服用したら運動しても血圧が上がらなかったそうだ。

 ううむ、それもどうか(^_^;)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005UK3FY8?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B005UK3FY8

 

 

ゆっくり体を休ませなければならない時にはノンカフェインの栄養ドリンクを

 お客様が風邪薬の棚を見てる時に声をかけたものの案内は断られ、『ベンザブロックS』と『麦門冬湯』をレジに持ってきたところで改めてヒアリングしてみた。

 主訴は咳と鼻水とのことで、ちょうどお客様がした咳が湿った音だったため『小青竜湯』を候補に考えたものの、食欲が落ちて胃を悪くしてると分かった。

 となると胃に負担がかかる『小青竜湯』は避けた方が良いだろう。

 本来はカラ咳に使う『麦門冬湯』と『パブロン鼻炎カプセルSα』の併用を勧めて、試していただくことになった。

 いずれにせよ湿った咳と鼻水は内臓の冷えが原因と考えられるため、積極的に温かい物を飲み、入浴をして、下半身に厚着をするよう勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EPY1EBG?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00EPY1EBG

 やや高齢のお客様が来店し、奥さんが喉の痛みを訴え発熱しており、病院で薬は処方されているそうなのだが、何か栄養ドリンクをとの注文を受けた。

 必要は無いことをお話したうえで、ゆっくり体を休められるようにノンカフェインの物をと提案し『新ヒストミンゴールド』を案内してみたが、価格が折り合わないようでお帰りになられた。

 『リポビタンD』などを考えていたのかもしれないけれど、ああいう栄養ドリンクは瞬発力を得るための物で、風邪などで体を休めなければならない時には向かない。

 価格が高ければ良いという物ではないけれど、病中病後に飲むのであれば同じ栄養ドリンクでも瞬発力と遅効性の両方を備えた少しお高めの物の方が役に立つ。

 まぁ、風邪だからと無理に栄養を摂る必要は、やっぱり無いんだけど。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SPK7RMP?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07SPK7RMP

 お客様が『ブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻水と喉の痛みで咳は無いというため、鼻炎薬と『ペラックT』の併用を提案した。

 しかし風邪薬を希望されたため、鼻炎寄りの『ルルアタックNX』を案内してみたところ変更となった。

 主訴からすると胃を悪くしている可能性をお話して、養生のために消化の良い食事にして量を控えることにより内臓休めるよう勧めると「医者みたいだねぇ」と言われた。

 意図は分からないけれど、褒め言葉と受け取っておくことにしよう。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00110OEQE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00110OEQE

 やや高齢のお客様が『パブロン鼻炎速溶錠EX』を二箱購入しようとされるので一人一個となってることを説明したところ、他の店では言われなかったというお話だったけれど、副作用として血圧が上がったり体内が乾燥することを説明すると、納得はしていただけた模様。

 ただその後、他のドラッグストアーでの薬の販売の仕方の話から、相撲界の裏話(割と洒落にならない内容)へと移って長引き困った(;´∀`)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07L8J8Y1B?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B07L8J8Y1B

 

 

置き薬のオススメは、総合薬よりも症状別に小容量

 夫婦のお客様が、『パブロンエースPro』をレジに持ってきた。

 患者はご主人で、喉の痛みと微熱はあるというものの咳は無いそうで、家には『イブ』があるというため、『ペラックT』と『イブ』を併用する方法を提案した。

 すると、置き薬に風邪薬は欲しいと要望されたため、総合風邪薬と症状別の風邪薬の他に、鎮痛解熱剤と咳止めと喉の痛みに鼻炎の薬というように、症状別に小容量を備えておく方法を案内したうえで、現在の症状とは分けて考えるよお話したところ『ペラックT』と『パブロンSゴールドW』を購入された。

 喉の炎症というものは、そのまま繋がっている胃にまで影響するため、消化に良い食事をするよう勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00110OEQE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00110OEQE

 お客様から、モノモライの目薬を求められ抗菌目薬を案内したところ、内服薬も希望されたので『生葉漢方薬』(排膿散及湯)を検討したが、患者が5歳とのことで、年齢制限により使えないことを説明した。

 ひとまず、分包の『ロート抗菌目薬i』をお使いいただくことになった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000YZSZFI?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B000YZSZFI

 高齢の夫婦のお客様から『新ラクトーンA』を求められ、うちのお店には置いていないため『ラクトファルミンS』を処方的に近い物として紹介した。

 すると、『新ビオフェルミンS』とも同じなのか質問され、菌の種類が違うことを説明した。

 『新ラクトーンA』は他のお店の薬剤師に勧められたのだそうだが、市販薬はブランド名で同じ物を探すのは難しいので処方内容で探した方が良い事をお話した。

 本当は用途などをもう少しヒアリングしたかったのだけれど、他のお客様のお会計をしてる間にお帰りになられた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000FQQ7SI?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B000FQQ7SI

 

 

患者さん本人にヒアリングできれば薬の適応の精度も上がる

 お客様が風邪薬の棚で電話をしていたため気にかけていたところ、『ベンザブロックIPプラス』を選び購入された。

 お会計しながらヒアリングすると、患者は奥さんで発熱と咳があるとのこと。

 おそらく、電話で奥さんに症状を尋ねていたのだろうけど、その電話をこっちに繋いでもらえればなー(;´д`)

 まぁ咳があるのなら、適用するので今回は問題無し。

 お客様には、食欲があっても内臓を休めるために、消化に良い食事をして量を控えるようにと伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4KOQVA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4KOQVA

 夫婦のお客様が来店し、ご主人が食べ過ぎによる胃もたれというので、元々体が丈夫な場合として『第一三共胃腸薬』や『パンシロンキュア』などを紹介したうえで、疲労による機能低下に適応した『大正漢方胃腸薬』と『ギャクリア』(六君子湯)を案内したところ、迷われたが『ギャクリア』を購入された。

 食欲はあるということだったけれど、 それは脳が感じているだけのことで、胃腸は休めた方が良いことをお話した。

 やはり、患者さん本人にヒアリングできる方が、薬を候補に挙げるさいに適応の精度が上がるし、こうして養生法も伝えられるので良い。

 また、飲み会では刺身のツマの大根と揚げ物についてくるキャベツは積極的に食べるよう勧めた。

 何しろ大根には消化酵素が含まれているし、それこそキャベツは『キャベジン』の主成分の発見につながった食べ物なので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MA6KJ3U?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MA6KJ3U

 お客様から『龍角散ダイレクト』の3種類の違いを質問をされ、スティックはミントとピーチの味の違いだけで去痰成分が入っており、トローチは去痰剤を抜いてあるものの舐めることで患部を冷やして炎症を抑えることを説明した。

 患者はご主人で、喉の痛みを訴えていて微熱もあるということから風邪薬についても質問されたが、咳は無いというので、『銀翹散』と、もしくは『柴胡桂枝湯』と『ペラックT』を併用する方法を提案した。

 今回は『龍角散ダイレクトスティック』を、お買い上げいただいた。

 ご主人は花粉症があるそうで鼻炎薬と併用しても大丈夫か尋ねられ、大丈夫ですと答えた。

 先に鼻炎の話を聞きたかったとは思うものの、こうして併用について確認してもらえるだけでも珍しいので助かる。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q9573S?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B007Q9573S

 お客様が『ダマリンL』をレジに持ってきたけれど、患部は爪の間とのことで、半年ほど続いているというため、本当に水虫なのかを確認するのに専門家のアドバイスを受けるうえでも受診してみるよう勧めたところ、購入は取りやめとなった。

 水虫に湿疹の薬を使った場合は痒み止めと抗炎症剤が入ってるだけなので問題は無いのだが、その反対に湿疹に水虫の薬を使ってしまうと殺菌剤が刺激物であるため、患部の治りを阻害してしまう可能性がある。

 極端な例では、3年ほど水虫の薬を使い続けていた高齢の患者さんが、湿疹の薬に変えたら2週間ほどで治ってしまったということもあるので、やはりまずは水虫かどうかの確定が必要だ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Y5CEE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0010Y5CEE

 

 

ボラギノールが2種類あるのは知ってる? プリザエースも思い出してあげて下さい

 お客様から「ボラギノールを」と注文されたが、痒み程度の場合に使う『ボラギノールM』と、炎症が強い場合に使う『ボラギノールA』があることを説明したところ、 出血しているというので止血剤の入っている『プリザエース』を勧めてお買い上げいただいた。

 やはり、『ボラギノール』は知名度が高い。

 でも、知名度が高すぎて二種類あることを、ほとんどの人が知らない。

 痔の薬に限ったことではないが、薬を選ぶ時にはブランド名ではなく効能書きでもなく、成分での比較が必要なのだ。

 それを自分で調べるのであれば良いのだけれど、面倒に感じるようなら私たちに尋ねてほしい。

 お客様には他に内服薬として、入手しにくいが『レンシン』を紹介した。

 すると、ネットで見たという民間療法について訊かれ、「お勧めしません」と答えた。

 民間療法で手間と時間とお金を無駄にするよりは、病院を受診してしまった方が安全で確実であり費用には保険が効く。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DE7I2S8?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00DE7I2S8

 外国人の家族連れのお客様が来店し『ボラギノール』を注文されたが、家族に通訳してもらい、痒みに用いる『ボラギノールM』と痛みを感じる時の『ボラギノールA』があることを説明したところ、主訴は出血というので止血剤の入った『プリザエース』を案内し、お買い上げいただいた。

 やはりシャワーのみというため、壊れた部分の材料は血液で運ばれるので血流が大事と説明し、シャワーを腰に浴びることとか半身を厚着すること、そして温かい物を積極的に飲むように勧めた。

 お帰りになるさいに、ご家族の一人が日本語で「一生懸命に教えてくれたね」と聞こえて、ついニンマリしてしまった。

 傍から見たら、キモチワルイかもしれない(^_^;)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4L8GNI?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4L8GNI

 常連のお客様が来店し、ご主人が発熱しているとのことで『ゼナジンジャー』を飲ませて良いか訊かれ、いったんは「適応します」と答えたものの、食欲が落ちていて胃腸炎かもと言われたため『新ヒストミンゴールド』の方を勧めて変更となった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Y5CDA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0010Y5CDA

 常連のお客様からゲップが出そうで出ないと相談を受け、『パンシロンキュア』と『アヴァロン』を紹介したうえで、上がってくる物を下ろすという意味の名前がついている『半夏瀉心湯』を勧めて、お買い上げいただいた。

 即効性を心配されたけれど、風邪には『葛根湯』を使うように、『半夏瀉心湯』もまた急性症状に用いることを説明した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MA6KJ3U?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MA6KJ3U

 

目薬を他の人と共用してはいけません、いけませんったら、大事なことなので2回言います

 高校生の息子さんが胸やけとのことでお客様から相談を受けたが、上がってくる感じがあるかといった詳しい症状は不明で、普段は大食という情報を頼りに『スクラート胃腸薬』を案内し、お買い上げいただくことになった。

 そしてお客様には、 胃薬は風邪薬を選ぶよりも難しいことを説明した。

 なにしろ風邪の症状は割と定番が決まっているが、胃の症状は本人の体力や起きた原因はもちろん、症状も多岐にわたるため、適用する薬を選ぶのは本人にヒアリングしていてさえ困難を極める。

 また、中学生の娘さんの疲れ目の相談も受け目薬を一緒に使いたいと希望されたが、感染予防と大人と子供とでは疲れ目の状態も異なることを説明した。

 今回は相談してもらえたが、黙って買っていくお客様の中には、目薬を家族で共有するという怖いことをしている人がいる証左でもある。

 同業者の話では、高校生に目薬と領収証を求められ尋ねてみたら、部活で部員が共同で使うために買ってくるよう顧問から指示されたのだとか。

 よほど高校に電話を入れて注意しようかと思ったものの、踏み込んで良いものか迷い、しなかったそうだけど。

 今回は、自身には『スマイル40マイルド』を、娘さんには『ロートCキューブマイルド』を購入された。

 それから、お湯に浸したタオルで目の周囲を温めたり入浴するのも効果的なことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00B1OKOF0?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00B1OKOF0

 お客様から、『ユンケル黄帝液L』と『ユンケル黄帝顆粒DCF』と、『スパークユンケルDCF』の違いを尋ねられ、前の二つは動悸を伴う疲労向けで、後者は胃の疲れもあるような時に向いていると説明した。

 風邪のひき始めに使いたいというため、いずれも風邪の初期にはモッタイナイとお話して、回復期に用いるよう勧めたところ、『スパークユンケルDCF』を購入された。

 そして、 風邪は初期の段階で食事を制限して、内臓を休ませるのが大事ですと伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00VFIPNDA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00VFIPNDA

 

 

患者さんの気持ちが読めない

 やや高齢のお客様が『南天のど飴』を購入されるさいに、喉の痛みより咳寄りであることを伝えたものの無反応だったため、喉を開いて呼吸しやすくする薬であることも説明すると「知ってます」と言われた。

 気分を害してしまったかもと思い、知らずに買う人が多いことを伝えると驚かれた。

 個人的に調べたのだろうか、それとも医療関係者だったんだろうか。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LIJXMFM?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00LIJXMFM

 お客様から喉の痛みと鼻水とのことで風邪薬の相談を受け、咳は無いというため、鼻炎薬と喉の薬の組み合わせを提案すると、他のドラッグストアーでは『新ルルA錠』を勧められたというお話だった。

 お客様からは「ありがとうございます」と言われ、その後は自分で『新ルルAゴールドDX』を選んで購入された。

 『新ルルAゴールドDX』の方には喉の炎症を抑えるトラネキサム酸が入っているから良い選択だが、なぜか「喉は痛くない」と話が変わってしまった。

 それならば『新ルルA錠』で良いのだけれど、はて……?

 不思議なことといえば、そのお客様は料理本を見ながら薬を選んでいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4KG5JQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4KG5JQ

 お客様が『セイロガン糖衣A錠』をレジに持ってきたさいに、『正露丸』から抗炎症や鎮痙攣の成分が抜いてあることを伝えると驚かれたため、『正露丸』との処方の違いを説明した。

 すると主訴は下痢と腹痛で、「胃腸炎かも」というので『柴胡桂枝湯』を紹介したものの興味を示さなかったので、『エクトールDX』を案内し、そちらをお買い上げいただいた。

 処方としては、いわゆる昔ながらの赤玉と同じである。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FQGFEY0?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FQGFEY0

 

 

喉の薬が鼻にも効く? 覚えてるつもりが忘れることもあります

 お客様から鼻づまりと喉の痛みの相談を受け、普段は風邪薬の『パブロンゴールドA』を使っているとのことだったが、咳は無いので適応しないことと、咳止めの成分には麻薬系もあり体がだるくなる可能性を説明した。

 鼻炎には『ロートアルガードクイックチュアブル』を用いて、喉にはプ『ペラックT』か『龍角散ダイレクト』の併用お勧めたところ、『龍角散ダイレクト』は家にあるというので『ロートアルガードクイックチュアブル』のみを購入していただいた。

 鼻や喉の症状は繋がっている胃を悪くしてる可能性があることをお話しすると、最初は鼻水だったと言うのでやはり関係していそうだ。

 ん?

 お客様がお帰りになってから気がついたけど、効能には書いていないものの『龍角散ダイレクト』だけで鼻づまりの面倒も見れたかもしれない。

 鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して起こるものだから、喉を冷やして炎症を抑える『龍角散ダイレクト』は、鼻づまりへの効果を期待できるんである。

 上半身を冷やすということでは、効能に書いてある『銀翹散』も紹介しておくべきだっただろう。

 ううむ、商品の特性の把握が疎かになっていたか……。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q9573S?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B007Q9573S

 やや高齢の常連のお客様から、研磨剤入りの歯磨き粉を求められ用途を尋ねると、換気扇の掃除に使うとのこと。

 何を持って研磨剤と呼ぶかは解釈によることを説明し、重曹とクエン酸を混ぜる方法を知らせると、重曹とお酢を使った方法をご存知だったので、「同じことです」とお答えしたところ重曹を購入された。

 以前にいらした時に、漢方薬に詳しい近所の病院を紹介したのだが、行ってみて良かったと言われた。

 それは、なによりです(⌒▽⌒)

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004Q1WTOE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B004Q1WTOE

 お客様が『第一三共胃腸薬プラス』を購入されるさいに、胃が弱ってる時に向いてることを伝えると該当するようだったので、何かが上がってくるような感じの場合には別な選択もあることを伝えた。

 すると興味を持たれたようなので、『パンシロンキュア』と『スクラート胃腸薬』を候補にした。

 おっと、あと漢方薬では『半夏瀉心湯』である。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001BIVUJA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B001BIVUJA

 高齢のお客様と介護職員と思われる人が来店し、『新ビオフェルミンS』を求められ、お買い上げいただいた。

 病院で処方してもらえないとのことだったが、理由は不明。

 乳酸菌は腸に届くまでに多くが死滅してしまい効果が限定的という説もあり、『新ビオフェルミンS』はヒト由来の乳酸菌であるため定着率が高いとされており、飲み慣れているのであればその方が良いことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0765N9SRN?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0765N9SRN

 

 
ページ:1234567...80»