• タグ別アーカイブ: 辛夷清肺湯
  • 鼻づまりで鼻汁が喉に落ちてくるタイプは、胃が弱っていると考えられます

     高校生くらいの親子のお客様が虫刺されの薬を見較べていて、『ウナクール』をレジに持ってきたさいに、痒み止めは入っているものの炎症を抑えるのには弱めなことを伝えると、かなり患部が炎症しているようだったため受診勧奨をしたうえで、ステロイド剤の入った『ムヒアルファEX』の液剤を案内し変更となった。

     薬を見較べて迷った時には、「立ってる者は親でも使え」というくらいで、立っている店員は同じように使って下さいと伝えた。


     お客様から漢方薬の棚を尋ねられて、売り場を案内しながら探している物を尋ねると『辛夷清肺湯』だと言うので、『チクナイン』が同じ処方であることをお話しした。

     患者は奥さんで、鼻づまりがあり鼻汁が喉に落ちてくると言うため、適応することを説明して、お買い上げいただいた。

     もし鼻づまりはするものの鼻汁が喉に落ちてこないのであれば『荊芥連翹湯』が適応するし、鼻づまりと鼻水が行ったり来たりする場合には『葛根湯加川きゅう辛夷』が候補になることも伝えた。

     また、鼻汁が喉に落ちてくるとなると胃を悪くしてる可能性が考えられるので、消化に良い食事をすることと、奥さんは入浴をせずシャワー派だというため、鼻づまりの原因となっている上半身に篭もった熱を循環させるためにも、入浴する方が良いことをお話しした。

     もし、どうしても入浴せずにシャワーで済ませたいという場合には、太い血管が通っている背中側に浴びるようにとも伝えた。


     

     

  • 鼻炎薬にも、鼻水と鼻づまり、効き方の特性など違いがあります

     『アレジオン』を購入されるお客様が、夜は帰りが遅くてシャワーで済ませているというため、お腹周りを温める重要性をお話しして、寝る時間を削ってても入浴するよう勧めた。

     花粉症は敵味方の識別をしている腸の機能が低下して花粉を敵だと勘違いし攻撃することで現れる症状なので、腸が正常になれば敵味方の識別も適切に行われるようになり症状が軽減する。

     またトータルの睡眠時間よりも睡眠の質の方が大事なので、その点でも体を温め血流を良くすることは良い睡眠の助けとなる。


     『アネトンアルメディ鼻炎錠』を購入されるお客様に、やはり症状の軽減のためにはお腹周りを温めて腸の働きを助けるようにとお話しした。

     また、『パブロン鼻炎カプセルSα』などの鼻炎薬は、鼻水を止めるのは得意であるものの鼻づまりを治すのは案外と苦手で、生薬の入った『アネトンアルメディ鼻炎錠』の方が向いていることを伝えた。

     漢方薬では同じ鼻づまりでも、鼻水と行ったり来たりする場合は『葛根湯加川きゅう辛夷』が、鼻が詰まり寝るのも辛いようなら『荊芥連翹湯』を、詰まった鼻汁が喉に落ちてくるようだと胃を悪くしているので『辛夷清肺湯』が適応する。

     一方、鼻水一辺倒でクシャミが激しいようなら『小青龍湯』が向いているし、高齢者には『麻黄附子細辛湯』が、胃の弱い人には『香蘇散』というように適応する漢方薬の鑑別が必要なので、自己判断で買う前に店頭で相談して下さいませ。


     夫婦のお客様が来店し、『アレジオン』や『アレグラFX』などを見ていて、実際に購入されたのは『パブロン鼻炎カプセルSα』だったので、念のため両者の違いを説明した。

     具体的には、『アレジオン』や『アレグラFX』などは花粉に反応させないようにするので予防薬として運用するのが効果的であり、飲み始めたら花粉が飛んでいようが飛んでいまいが毎日飲み続けることが重要。

     つまり、すでに症状が激しく出ている場合には効果が感じられないこともあるので、そういう場合には点鼻薬を併用するか、一旦『パブロン鼻炎カプセルSα』などで症状を抑えてから乗り換えるという方法を検討した方が良い。

     お客様には、腸の働きを整えると花粉症の症状が緩和する可能性をお話しした。


     夫婦のお客様が来店し、『アレジオン』と『アレグラFX』を見ていたのが、『ストナリニS』をレジに持ってきたので、違いを説明すると知らなかったようだが、「いつも使っているから」とのことで購入された。


     

     

  • 症状を我慢するのは体に良くない!? 我慢して疲労すると他の病気になることも

     お客様から鼻づまりの相談を受け、現代薬は鼻水を止めるのは得意でも鼻づまりを通すのは苦手なので漢方薬が適していることをお話すると、以前に『チクナイン』(辛夷清肺湯)を使い、多く飲まないと効かなかったとのこと。

     しかし鼻汁は喉に落ちてこなかったというため適応していなかった可能性を説明したところ、鼻水にもなることがあるというので『葛根湯加川きゅう辛夷』を紹介したけれど、鼻の奥に膿の味を感じるとのことから『荊芥連翹湯』を試していただくことになった。

     それからお客様は、漢方薬は効くのに時間がかかると思われていたので、急性症状には早く効くことを説明した。

     また、鼻づまりの原因は体内の熱がうまく循環しておらず上半身に溜まってしまうことで起きていると考えられるため、お風呂で半身浴したり下半身に厚着して下半身が温まれば症状が軽くなる可能性を伝えた。


     さっきのお客様に続き蓄膿症の相談を受け、アレルギー薬は使いたくないとのことだったので『荊芥連翹湯』を案内して、お買い上げいただいた。

     ただ、お会計をしてから普段は病院で抗生剤を処方してもらっているそうで、耐性菌ができてしまうと将来的に困ることと、腸内細菌を殺すと免疫機能が異常を起こす可能性をお話した。

     医師からは今のところ蓄膿症について手術は不要と言われているそうだが、病院でアレルギー薬を使ったのは3~4年前で、市販薬では『ストナリニS』を使っていたというため、薬も新しい物が流通しているかもしれないから、改めて受診してみてはと勧めた。

     また、症状が激しい時に我慢をすると疲労してしまい風邪など他の病気になってしまうこともあるので、アレルギー薬も使うべき時には使った方が良いと伝えた。

     そのうえで、やはり鼻づまりは血液の循環が滞り熱が上半身に籠ってしまうことで起きると考えられるとお話して、お風呂で半身浴をすることと下半身に厚着をしておくよう勧めた。

     イメージとしては昔のお風呂のように、下の方に冷たい水が溜まっていて熱いお湯は上に昇っている状態なので、下の方から温めて熱が循環するようにするのだ。


     若いお客様が『アレグラFX』を購入されるさいにヒアリングすると、連用して服用するのが望ましいことは知っていたけれど理由は知らないということだったので説明した。

     『ストナリニS』のような一般的な鼻炎薬は、水風船に針が刺さって破裂し水浸しになったの掃除するようなものなのに対して、『アレグラFX』や『アレジオン』は水風船にテープを貼って針が刺さっても割れないようにする。

     つまり花粉に反応しないようにするのが目的なので、晴れていようと雨だろうと花粉が飛んでいようと飛んでいまいと、毎日飲むことが重要。

     飲むのを中断している間に花粉に反応してしまっては、元も子も無いんである。

     また、お客様には花粉症は花粉を敵だと勘違いして攻撃することで起きる症状であり、その敵味方の識別をしているのは腸だから、入浴したり積極的に温かい物を飲んだり、下半身に厚着をすることで腸の働きを助けて正常になると、敵味方の識別も的確に行なわれ、症状が軽減されることをお話した。


     

     

     

  • 市販薬を選ぶときには、効能書きより成分に目を向けよう

     やや高齢の夫婦のお客様が来店し、ご主人が膝の痛みに『サロメチール』を使っていたというため、同じ処方の『トクホンチールOX』を案内した。

     すると、成分による効果の違いに興味を持たれたのでフェルビナク製剤を紹介したところ、そちらの購入を決められ、マッサージしながら塗る方法もあるとお話するとゲルタイプをお買い上げいただいた。


     常連のお客様から『アレジオン』と『アレグラFX』の違いを尋ねられ、どちらも予防薬として使うと効果的なことを説明すると、以前に息子さんが花粉症の鼻づまりに使って効かなかったとのこと。

     訊かなかったのは薬との相性の可能性も考えられるが、他の抗ヒスタミン薬で症状が落ち着いてから改めて使ってみてはとお話した。

     漢方薬の『葛根湯加川きゅう辛夷』『荊芥連翹湯』『辛夷清肺湯』を紹介してみたけれど、息子さんは嫌がるかもしれないというため、『ロートアルガードクイックチュアブル』を案内し、購入を決められた。

     ちなみに紹介した漢方薬の使い分けとしては、鼻づまりと鼻水を行ったり来たりするのなら『葛根湯加川きゅう辛夷』を、鼻づまりが強く寝られないくらいなら『荊芥連翹湯』を、鼻が詰まって鼻汁が喉に落ちてくる場合には『辛夷清肺湯』となる。

     ご主人には以前に、蕁麻疹(じんましん)に『タウロミン錠』を案内してお使いいただき、その時に主成分の『十味敗毒湯』を病院で処方してもらうよう勧めたけれど、仕事が忙しく行けずじまいとのお話だった。

     ご主人の症状に『アレジオン』や『アレグラFX』が使えるか訊かれ、確かに病院では皮膚疾患にも処方されることはあるが、薬理的には痒みへの効果が弱いことをお話し、『ムヒかゆみ止めAZ錠』を勧めて一緒にお買い上げいただいた。

     またアレルギー反応は防衛機能の異常であり、敵味方の識別は腸が担っているため、腸内環境を整える養生法として、お腹周りを温め食べ過ぎないよう勧めた。

     甘い物は好きだというので、それで脳を満足させて食べる総量を減らす方法を提案した。

     お客様の家庭では乳酸菌飲料などを飲んでいるというので、それは良いことですとお話した。

     入浴すると症状が落ち着くとはいうもののカラスの行水だそうなので、ぬるめのお湯に長く入るよう勧めた。


     お客様から喉の痛みと咳の相談を受けトローチを希望されたので、患部を冷やす『龍角散ダイレクトトローチ』と、抗炎症剤の『パブロントローチAZ』を案内すると、前者をお買い上げいただいた。

     使うのはご主人で、喉の炎症が胃にも広がるかもしれないから、消化に良いお食事をとお話したけれど、耳には入らなかったようだ。

     

  • 患者さんと連絡が取れるのならヒアリングさせてほしい

     若いお客様が『ベンザブロックS』を持ってきたさいに咳があるか尋ねたところ、頼まれ物で本人に連絡が取れるというので確認していただいたうえで販売した。

     ただ、症状が咳と鼻炎であるならば、総合の風邪薬よりも咳止めには鼻の症状を面倒見る成分が、鼻炎薬にも喉を潤す成分が入っているから、それらの方が身体への負担は少ないと考えられる。

     本当のところ、電話を代わってもらえた方が患者さん本人に症状をしっかりヒアリングできるのだけど。


     お客様から、慢性鼻炎の薬をとのことで『チクナイン』(辛夷清肺湯)の場所を尋ねられたため、売り場を案内したうえでヒアリングしたところ、鼻汁が喉に落ちてこないようだったため『葛根湯加川きゅう辛夷』『荊芥連翹湯』も紹介した。

     そして鼻づまりにより匂いを感じないということから、『荊芥連翹湯』を勧めてお買い上げいただいた。

     『辛夷清肺湯』が適応するのは胃の機能が低下している場合で、『葛根湯加川きゅう辛夷』は鼻づまりだけでなく鼻水にもなる場合に用いる。

     ところが、お会計をしてから病院で処方された薬があるというお話が出たものの、何を処方されたかは分からなかった。

     担当医からは慢性鼻炎については「様子を見ましょう」と言われて以来行っていないそうだが、比較した三つの漢方薬はいずれも保険の適用薬なので、改めて受診してみるよう勧めた。


     お客様から浣腸の場所を尋ねられ売り場を案内すると、高齢の母親が便秘で、一週間ほどすると腹痛のみならず腰痛も訴えているとのことだった。

     内服薬に『オイルデル』や『サトラックス』なども考えたが、複数の薬を処方されていると分かり、担当医に相談したことが無いというため、服用している薬の副作用の可能性を説明したうえで浣腸をお買い上げいただいた。

     ただ今までも浣腸を使ったさいには、便が硬く浣腸液しか出なかったというため、浣腸した後はしばらく我慢することと、洋式便座では和式便器にまたがるのと同じ姿勢になるよう、足を高く置ける台を使う方法を教えた。

     もしくは、胸が膝につくぐらいに前かがみになるのが良い。

     人間は立っている時には漏れないように弁で腸が塞がれる形になり、腰を曲げると開くので、便座に背筋を伸ばして座ってしまうと排便しにくくなるのだ。

     

  • 使ったことのある薬を早い段階で教えてもらう方法を知りたい

     お客様から12歳の子供の腹痛の相談を受け、たびたび起きるようだが下痢は無く生理でもないというため、胃腸薬を探してるようだったこともあり、まず『大正漢方胃腸薬』を紹介したうえで、痙攣性の痛みに適応する『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内した。

     また、ストレスが思い当たる場合にと『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、喘息があり乗り物酔いしやすいというので、喘息に『半夏厚朴湯』を、乗り物酔いに『半夏瀉心湯』も案内してみた。

     すると、アレルギー薬を服用してると分かり内容は不明なものの、アレルギー薬は副作用が胃腸に起きやすいことを説明し、担当医に相談するよう勧めたことろ、『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。

     ううん、買うんじゃなくて受診の方を優先してもらいたかったんだけどなぁ。

     お客様には市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参するようお願いした。

     というか最初の相談の段階で、服用している薬のことは教えて欲しかった……。

    Screenshot of affiliate.amazon.co.jp

     お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに、鼻汁が喉に落ちてくるか尋ねてもピンとこないようだったので、『荊芥連翹湯』を紹介して比較しながら説明した。

     お客様は子供の頃から鼻づまりだそうで、この二つの漢方薬はどちらも効能が蓄膿症ではあるが、鼻がつまって夜も寝苦しい場合には『荊芥連翹湯』が向いており、鼻汁が喉に落ちて咳になるような時には『辛夷清肺湯』が適応する。

     鼻汁が喉に落ちてくるのは胃の機能が低下しているからで、『辛夷清肺湯』には胃の働きを助ける生薬が入っているのだ。

     すると、お客様は鼻汁が喉に落ちてくるのは鼻をすすった時だけで、寝る時も息苦しいというため『荊芥連翹湯』の方を勧めて変更となった。

     病院で何か薬を処方してもらい服用した時には治ったそうだが内容は不明で、最近は行かなくなったとのこと。

     良いお医者さんに出逢うのは運命の出逢みたいなものなので、諦めず改めて探すようお話し、どんな薬が効いてどんな薬が効かなかったのかは重要な情報なので、お薬手帳に記録を残して持ち歩くようお願いした。

     また、鼻づまりは上半身に熱が篭って循環していないのも原因と考えられるため、入浴時間を確認すると5分くらいというため、ぬるめのお湯で長く入るよう勧めた。

     寝苦しい時の対策として首の頸動脈を腕や枕で押すと、反対側の鼻は通るようになるはずなのだが、その方法は以前試して効かなかったという。

     う~む、万能な方法ではなかったか……。

     それにつけても、使った薬の記録は残しておいてほしいし、病院に行ったことがあるかどうかも早めに話してもらいたいところ。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 登録販売者としての迷い、あれこれ

     やや高齢のお客様が膝用サポーターを購入されるさいに、膝痛や腰痛にグルコサミンやコンドロイチンの効果について質問を受け、毒にも薬にもならないことと、目や皮膚などにも使われるため狙ったところには行かないと説明したところ、整形外科の医師からも「役に立たない」と言われ、内科の医師には「気持ち程度には」と言われたそう。

     さもありなん。

     外科医からは手術を勧められているものの、手術をした人の話を聞いて術後の痛みなどが怖く、決心がつかないという。

     術後の治りとリハビリの事を考えると、体力のあるうちの方が良いのではとお話した。

     お客様からは「加齢のせい」と言われたので『牛車腎気丸』と比較しながら『疎経活血湯』を案内してみたが、膝痛に冷えが関係するようだったため『桂枝加朮附湯』を紹介し担当医に相談してみるよう勧めると、外科医は薬を出したがらないと言われて、似た処方の『桂枝加苓朮附湯』を案内したら購入された。

     おくすり手帳に市販薬も記録して担当医に報告するようお願いすると、先生は怖いから嫌と言い、調剤の薬剤師さんは相談しやすいというので、その薬剤師さんにはお話するようにと勧めた。

     患者さんに医師による治療だけを勧めるのもなんか違うし、さりとて安易に他の薬の使用も勧められないし、患者さんを説得する立場でもないし。

     うむぅ、登録販売者の立ち位置は難しい……。


     お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねると初めてとのことだったので、比較として鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻づまりで夜も寝られないくらいの時に使う『荊芥連翹湯』を紹介したところ、鼻づまりというより鼻の奥で苦い味がするというため、胃の不具合の可能性を伝えたうえで適用すると考えられることを説明し、そのままお買い上げいただいた。

     消化に良い食事を勧め、お客様がタバコ臭かったので咳になった場合の『ダスモック』(清肺湯)も紹介した。

     シャワー派のうえ朝に浴びるというので、皮膚が薄くて太い血管が通っている首筋辺りや背中にシャワーを浴びるよう伝えた。

     登録販売者としては、少なくとも薬を購入されるさいの適応の確認はして、自動販売機にならならずに情報提供はしないとね。


     高齢のお客様から疲れ目に「高いのはどれがイイんだ?」と目薬の説明を求められたため、価格と効き目には直接的な関係は無いことを伝えたうえで、800円~1500円の価格帯の物を紹介し、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

     熱いお湯に浸したタオルを目に当て、細い血管を開いて血流を良くすることも大事なことを伝えた。

     自分が貧乏性なもんで、どうも高価格帯の商品を勧めにくい。

     登録「販売者」という職名なれど、自分は商売には向いてませんな。

     

  • 医師によっても知識の幅や方針が異なるから諦めないで

     お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたけれど、鼻汁が喉に落ちてくるか確認するとそれは無いという。

     『チクナイン』を選んだのは、たまたま目についただけとのことだったし、鼻水と鼻づまりを行ったり来たりすることも無く、鼻づまりだけだというため『荊芥連翹湯』を案内し、お買い上げいただいた。

     鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合には、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応する。

     どうやらお客様は以前に、蓄膿症の手術を受けたようだ。

     鼻づまりは上半身に不要な熱が篭もっていると考えられ、体内の熱を循環させるために入浴を勧めたがシャワー派だというので、鼻の付け根と首周りを重点的に浴びるよう勧めた。


     お客様から『イブA錠EX』と『イブクイック頭痛薬』の比較を尋ねられ、前者の方がイブプロフェンが濃いと伝えると、「強いということですね」と言われるので、後者には胃の保護のために酸化マグネシウムが入っていて、薬は強ければ良いというものではないことを説明した。

     使うのはご主人で、偏頭痛とそれにともなう吐き気もあるというため『呉茱萸湯』を紹介した。

     というのも、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と関係するからだ。

     今回は頼まれ物でもあるので、『イブクイック頭痛薬』を購入された。

     ご主人は頭痛外来を受診したことはあるようだが、詳しい説明を受けたかは不明で、医師からは「一生付き合うしかない」と言われたという。

     しかし、医師によっても知識の幅や方針が異なるため、諦めずに他の医師も探してみるよう勧めた。

     それから、痛みを伝達するホルモンと胃を保護するように指示するホルモンは同じことを説明し、痛みを伝達するのを阻止すると胃を保護する機能も止まってしまうため、偏頭痛がしたら食事は消化の良い物に切り替えた方が良いことを伝えた。


     孫らしい小さな子供を連れたお客様から『タイレノール』を求められ、子供に使うのかと思い年齢を尋ねたところ、母親が発熱と腰痛を訴えていて頼まれたという。

     どうして『タイレノール』を指定してるのか分からないが、炎症に対しては弱いことを説明し、他の解熱鎮痛剤では駄目なのか尋ねると分からないようで、成分によって効果が違い体質との相性もあることをお話しすると、『バファリンA』と一緒に購入された。

    体としては発熱することで改善しようとしているので、むしろ発熱を助けるために入浴や温かいものを飲んだりか半身に厚着をするよう勧めた。

    また消化にエネルギーを取られると回復に時間がかかるので、食欲があっても量を控えて消化に良い食事をするようお話した。




     

     

  • 身近に医療者がいても相談しにくい?

     お客様から、『ヘパリーゼGX』を求められたけれど、取り扱っていないことを説明した。

     用途は処方されている薬による肥満と疲労だそうで、たまたま訪れたお店の薬剤師から勧められたという。

     調べてみるとウルソとタイソウが入っており、疲れが取れた気がするということからも適応してるんだろうとは考えられる。

     ただ、病院に行くのはもう嫌というため、かかりつけの薬剤師を持つように勧めたところ、息子さんが卵とのことで親戚には医師もいるという。

     ううむ、身近だとかえって相談しにくいのかな。

     お客様から、ご主人の咳の相談を受けたが、詳しく訊くと喉がイガイガして咳き込むほどではないものの、すでに一週間続いているという。

     たまにタバコを吸うというため『清肺湯』も考えてみたけれど、すぐに止めるのに『ブロン錠エース』を、上半身を潤すのに『麦門冬湯』を提案し、今回は『ブロン錠エース』をお買い上げいただいた。

     長引く咳は自覚症状の無い胃炎の可能性があるため、消化の良い食事をするよう勧めた。

     お客様から鼻炎と咳の相談を受け、風邪のぶり返しで痰に色があるとのことだった。

     『ルルアタック』を使っていたというのだけれど、シリーズのどれかは覚えていない模様。

     すると、咳は鼻汁が喉に落ちて起きるようなので鼻炎薬を提案し、『パブロン鼻炎カプセルSα』をお買い上げいただいた。

     鼻づまりがあるようだったら、『チクナイン』(辛夷清肺湯)も候補になるところである。

     買い物袋に、お弁当が見えたので、鼻と咳の症状には胃の不具合も関係する可能性があるため、明日からでも消化の良い食事にしてみるよう勧めた。

     

  • 寝る時に鼻が詰まってしまったら

     お客様から、鼻づまりの相談を受けた。

     中学生の頃から繰り返してるとの『葛根湯加川きゅう辛夷』を勧めたうえで、比較として鼻づまりで寝られないくらいの時の『荊芥連翹湯』と、胃が弱って鼻汁が喉に落ちてくる場合の『辛夷清肺湯』を紹介した。

     本日は相談のみとなり、下半身を温めて上半身に溜まりがちな熱を循環させることと、鼻が詰まった時には首の片側の頚動脈を押さえると、その反対側の鼻は通ることを教えた。

     寝る時に鼻が詰まってしまったら、横を向いて枕を頭ではなく首に当てて頚動脈を押さえるんである。

     お客様から空腹時の胃痛の相談を受け、食欲はあるとのことだったが疲労もしているというため、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

     出張続きでホテルではシャワーで過ごしていたというため、帰ったら長めの入浴をするよう勧めた。

     長期間をシャワーで過ごさなければならない時には、シャワーを正面から浴びるのではなく背を向けて首から腰にかけて浴びると、神経が刺激され血流も良くなることにより疲労を軽減できるのでお試しあれ。

     夫婦のお客様から『ヴィックスヴェポラップ』を求められ、お会計をしながらヒアリングすると幼児の鼻づまりに使うとのことだった。

     鼻づまりは体内の熱が上半身に溜まり、循環が上手くいっていないのが原因と考えられるため、下半身を温めるよう勧めた。

     また、寝る時は身体を横向きにして枕を首に当てると、反対側の鼻は通ることを教えた。