Tagged with " 辛夷清肺湯"

使ったことのある薬を早い段階で教えてもらう方法を知りたい

 お客様から12歳の子供の腹痛の相談を受け、たびたび起きるようだが下痢は無く生理でもないというため、胃腸薬を探してるようだったこともあり、まず『大正漢方胃腸薬』を紹介したうえで、痙攣性の痛みに適応する『コムレケア』(芍薬甘草湯)を案内した。

 また、ストレスが思い当たる場合にと『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、喘息があり乗り物酔いしやすいというので、喘息に『半夏厚朴湯』を、乗り物酔いに『半夏瀉心湯』も案内してみた。

 すると、アレルギー薬を服用してると分かり内容は不明なものの、アレルギー薬は副作用が胃腸に起きやすいことを説明し、担当医に相談するよう勧めたことろ、『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。

 ううん、買うんじゃなくて受診の方を優先してもらいたかったんだけどなぁ。

 お客様には市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参するようお願いした。

 というか最初の相談の段階で、服用している薬のことは教えて欲しかった……。

https://affiliate.amazon.co.jp/home/productlinks/search?ac-ms-src=ac-nav&category=all&keywords=%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E6%BC%A2%E6%96%B9%E8%83%83%E8%85%B8%E8%96%AC&sortby=

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに、鼻汁が喉に落ちてくるか尋ねてもピンとこないようだったので、『荊芥連翹湯』を紹介して比較しながら説明した。

 お客様は子供の頃から鼻づまりだそうで、この二つの漢方薬はどちらも効能が蓄膿症ではあるが、鼻がつまって夜も寝苦しい場合には『荊芥連翹湯』が向いており、鼻汁が喉に落ちて咳になるような時には『辛夷清肺湯』が適応する。

 鼻汁が喉に落ちてくるのは胃の機能が低下しているからで、『辛夷清肺湯』には胃の働きを助ける生薬が入っているのだ。

 すると、お客様は鼻汁が喉に落ちてくるのは鼻をすすった時だけで、寝る時も息苦しいというため『荊芥連翹湯』の方を勧めて変更となった。

 病院で何か薬を処方してもらい服用した時には治ったそうだが内容は不明で、最近は行かなくなったとのこと。

 良いお医者さんに出逢うのは運命の出逢みたいなものなので、諦めず改めて探すようお話し、どんな薬が効いてどんな薬が効かなかったのかは重要な情報なので、お薬手帳に記録を残して持ち歩くようお願いした。

 また、鼻づまりは上半身に熱が篭って循環していないのも原因と考えられるため、入浴時間を確認すると5分くらいというため、ぬるめのお湯で長く入るよう勧めた。

 寝苦しい時の対策として首の頸動脈を腕や枕で押すと、反対側の鼻は通るようになるはずなのだが、その方法は以前試して効かなかったという。

 う~む、万能な方法ではなかったか……。

 それにつけても、使った薬の記録は残しておいてほしいし、病院に行ったことがあるかどうかも早めに話してもらいたいところ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4MNQAA?ie=UTF8&tag=bcrystanet-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4MNQAA

 

 

登録販売者としての迷い、あれこれ

 やや高齢のお客様が膝用サポーターを購入されるさいに、膝痛や腰痛にグルコサミンやコンドロイチンの効果について質問を受け、毒にも薬にもならないことと、目や皮膚などにも使われるため狙ったところには行かないと説明したところ、整形外科の医師からも「役に立たない」と言われ、内科の医師には「気持ち程度には」と言われたそう。

 さもありなん。

 外科医からは手術を勧められているものの、手術をした人の話を聞いて術後の痛みなどが怖く、決心がつかないという。

 術後の治りとリハビリの事を考えると、体力のあるうちの方が良いのではとお話した。

 お客様からは「加齢のせい」と言われたので『牛車腎気丸』と比較しながら『疎経活血湯』を案内してみたが、膝痛に冷えが関係するようだったため『桂枝加朮附湯』を紹介し担当医に相談してみるよう勧めると、外科医は薬を出したがらないと言われて、似た処方の『桂枝加苓朮附湯』を案内したら購入された。

 おくすり手帳に市販薬も記録して担当医に報告するようお願いすると、先生は怖いから嫌と言い、調剤の薬剤師さんは相談しやすいというので、その薬剤師さんにはお話するようにと勧めた。

 患者さんに医師による治療だけを勧めるのもなんか違うし、さりとて安易に他の薬の使用も勧められないし、患者さんを説得する立場でもないし。

 うむぅ、登録販売者の立ち位置は難しい……。

【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠
参考価格:¥ 8,105
実売価格:¥ 6,680
値引率:18%
AI²ドラッグ

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねると初めてとのことだったので、比較として鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻づまりで夜も寝られないくらいの時に使う『荊芥連翹湯』を紹介したところ、鼻づまりというより鼻の奥で苦い味がするというため、胃の不具合の可能性を伝えたうえで適用すると考えられることを説明し、そのままお買い上げいただいた。

 消化に良い食事を勧め、お客様がタバコ臭かったので咳になった場合の『ダスモック』(清肺湯)も紹介した。

 シャワー派のうえ朝に浴びるというので、皮膚が薄くて太い血管が通っている首筋辺りや背中にシャワーを浴びるよう伝えた。

 登録販売者としては、少なくとも薬を購入されるさいの適応の確認はして、自動販売機にならならずに情報提供はしないとね。

【第2類医薬品】ダスモックb 80錠
参考価格:¥ 2,916
実売価格:¥ 2,734
値引率:6%
Amazon.co.jp

 高齢のお客様から疲れ目に「高いのはどれがイイんだ?」と目薬の説明を求められたため、価格と効き目には直接的な関係は無いことを伝えたうえで、800円~1500円の価格帯の物を紹介し、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

 熱いお湯に浸したタオルを目に当て、細い血管を開いて血流を良くすることも大事なことを伝えた。

 自分が貧乏性なもんで、どうも高価格帯の商品を勧めにくい。

 登録「販売者」という職名なれど、自分は商売には向いてませんな。

【第2類医薬品】スマイル40EX ゴールド 13mL
参考価格:¥ 972
実売価格:¥ 563
値引率:42%
Amazon.co.jp

 

医師によっても知識の幅や方針が異なるから諦めないで

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたけれど、鼻汁が喉に落ちてくるか確認するとそれは無いという。

 『チクナイン』を選んだのは、たまたま目についただけとのことだったし、鼻水と鼻づまりを行ったり来たりすることも無く、鼻づまりだけだというため『荊芥連翹湯』を案内し、お買い上げいただいた。

 鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合には、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応する。

 どうやらお客様は以前に、蓄膿症の手術を受けたようだ。

 鼻づまりは上半身に不要な熱が篭もっていると考えられ、体内の熱を循環させるために入浴を勧めたがシャワー派だというので、鼻の付け根と首周りを重点的に浴びるよう勧めた。

【第2類医薬品】チクナインb 56錠
参考価格:¥ 2,160
実売価格:¥ 1,665
値引率:23%
Amazon.co.jp

 お客様から『イブA錠EX』と『イブクイック頭痛薬』の比較を尋ねられ、前者の方がイブプロフェンが濃いと伝えると、「強いということですね」と言われるので、後者には胃の保護のために酸化マグネシウムが入っていて、薬は強ければ良いというものではないことを説明した。

 使うのはご主人で、偏頭痛とそれにともなう吐き気もあるというため『呉茱萸湯』を紹介した。

 というのも、ズキズキするタイプの偏頭痛は胃の不具合と関係するからだ。

 今回は頼まれ物でもあるので、『イブクイック頭痛薬』を購入された。

 ご主人は頭痛外来を受診したことはあるようだが、詳しい説明を受けたかは不明で、医師からは「一生付き合うしかない」と言われたという。

 しかし、医師によっても知識の幅や方針が異なるため、諦めずに他の医師も探してみるよう勧めた。

 それから、痛みを伝達するホルモンと胃を保護するように指示するホルモンは同じことを説明し、痛みを伝達するのを阻止すると胃を保護する機能も止まってしまうため、偏頭痛がしたら食事は消化の良い物に切り替えた方が良いことを伝えた。


 孫らしい小さな子供を連れたお客様から『タイレノール』を求められ、子供に使うのかと思い年齢を尋ねたところ、母親が発熱と腰痛を訴えていて頼まれたという。

 どうして『タイレノール』を指定してるのか分からないが、炎症に対しては弱いことを説明し、他の解熱鎮痛剤では駄目なのか尋ねると分からないようで、成分によって効果が違い体質との相性もあることをお話しすると、『バファリンA』と一緒に購入された。

体としては発熱することで改善しようとしているので、むしろ発熱を助けるために入浴や温かいものを飲んだりか半身に厚着をするよう勧めた。

また消化にエネルギーを取られると回復に時間がかかるので、食欲があっても量を控えて消化に良い食事をするようお話した。



【第2類医薬品】タイレノールA 20錠
参考価格:¥ 1,234
実売価格:¥ 980
値引率:21%
Amazon.co.jp

 

 

身近に医療者がいても相談しにくい?

 お客様から、『ヘパリーゼGX』を求められたけれど、取り扱っていないことを説明した。

 用途は処方されている薬による肥満と疲労だそうで、たまたま訪れたお店の薬剤師から勧められたという。

 調べてみるとウルソとタイソウが入っており、疲れが取れた気がするということからも適応してるんだろうとは考えられる。

 ただ、病院に行くのはもう嫌というため、かかりつけの薬剤師を持つように勧めたところ、息子さんが卵とのことで親戚には医師もいるという。

 ううむ、身近だとかえって相談しにくいのかな。

 お客様から、ご主人の咳の相談を受けたが、詳しく訊くと喉がイガイガして咳き込むほどではないものの、すでに一週間続いているという。

 たまにタバコを吸うというため『清肺湯』も考えてみたけれど、すぐに止めるのに『ブロン錠エース』を、上半身を潤すのに『麦門冬湯』を提案し、今回は『ブロン錠エース』をお買い上げいただいた。

 長引く咳は自覚症状の無い胃炎の可能性があるため、消化の良い食事をするよう勧めた。

 お客様から鼻炎と咳の相談を受け、風邪のぶり返しで痰に色があるとのことだった。

 『ルルアタック』を使っていたというのだけれど、シリーズのどれかは覚えていない模様。

 すると、咳は鼻汁が喉に落ちて起きるようなので鼻炎薬を提案し、『パブロン鼻炎カプセルSα』をお買い上げいただいた。

 鼻づまりがあるようだったら、『チクナイン』(辛夷清肺湯)も候補になるところである。

 買い物袋に、お弁当が見えたので、鼻と咳の症状には胃の不具合も関係する可能性があるため、明日からでも消化の良い食事にしてみるよう勧めた。

 

寝る時に鼻が詰まってしまったら

 お客様から、鼻づまりの相談を受けた。

 中学生の頃から繰り返してるとの『葛根湯加川きゅう辛夷』を勧めたうえで、比較として鼻づまりで寝られないくらいの時の『荊芥連翹湯』と、胃が弱って鼻汁が喉に落ちてくる場合の『辛夷清肺湯』を紹介した。

 本日は相談のみとなり、下半身を温めて上半身に溜まりがちな熱を循環させることと、鼻が詰まった時には首の片側の頚動脈を押さえると、その反対側の鼻は通ることを教えた。

 寝る時に鼻が詰まってしまったら、横を向いて枕を頭ではなく首に当てて頚動脈を押さえるんである。

 お客様から空腹時の胃痛の相談を受け、食欲はあるとのことだったが疲労もしているというため、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内し、後者をお買い上げいただいた。

 出張続きでホテルではシャワーで過ごしていたというため、帰ったら長めの入浴をするよう勧めた。

 長期間をシャワーで過ごさなければならない時には、シャワーを正面から浴びるのではなく背を向けて首から腰にかけて浴びると、神経が刺激され血流も良くなることにより疲労を軽減できるのでお試しあれ。

 夫婦のお客様から『ヴィックスヴェポラップ』を求められ、お会計をしながらヒアリングすると幼児の鼻づまりに使うとのことだった。

 鼻づまりは体内の熱が上半身に溜まり、循環が上手くいっていないのが原因と考えられるため、下半身を温めるよう勧めた。

 また、寝る時は身体を横向きにして枕を首に当てると、反対側の鼻は通ることを教えた。

 

痒くなくても水虫の場合があります

 お客様から踵(かかと)の乾燥対策に、『メンソレータム』と『オロナインH軟膏』のどちらが良いかを質問され、どちらも油分によって患部を保護するものであり、前者には弱い麻酔薬が入っていて後者には消毒薬が入ってることを説明した。

 用途からすると保水する尿素入りの物も候補になることをお話したうえで、今回は『メンソレータム』をお買い上げいただいた。

 幹部はカサカサしているということだったが、踵水虫の可能性も伝えてみると「痒くないから」と否定された。

 ううん、踵水虫は痒みを感じるほうが珍しいんだけどねぇ。

 高齢のお客様が『コルゲンIB透明カプセルα』のパッケージの切れ端を持ってきて、同じ物をと注文された。

 ちょうど成分表示から外れた部分だったため中の成分が分からず、うちの店には置いていない薬なので似た処方の薬を紹介することもできなくて困った。

 以前に使ったら良く効いたとのことだったが、主訴は鼻づまりと痰で、病院で処方された『葛根湯加川きゅう辛夷』は駄目だったという。

 しかしさらに詳しくヒアリングすると、鼻汁が喉に落ちてくるというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)を案内し、試していただくことになった。

 漢方薬で鼻づまりを考える場合、『葛根湯加川きゅう辛夷』が適応するのは鼻づまりと鼻水を行ったり来たりする場合で、鼻づまりにより息苦しく寝るのも大変という時には『荊芥連翹湯』を使い、鼻づまりして喉に鼻汁が落ちてくるという今回のケースでは『辛夷清肺湯』が向いている。

 そして『辛夷清肺湯』の処方は胃薬に近く、鼻汁が喉に落ちてくるというのは胃が弱っている証拠でもある。

 だから、この症状が起きている時には消化に良い食事をすることが大事なのだ。

 また、お客様は入浴はせずシャワーで済ませているというため、鼻の付け根と首の周りにも浴びるよう勧めた。

 もちろん一番良いのは、じっくりと入浴をすることである。

 若いお客様が『龍角散ダイレクトスティック』と『浅田飴』を持ってきたので、前者が喉の炎症を抑えるのに適していて後者は咳止めに向いていることを説明した。

 主訴は喉の痛みで、咳は無いというお話から『龍角散ダイレクトスティック』の他に、口内炎にも適応する『パブロントローチAZ』を案内したところ、後者を購入された。

 

分からないのにどうして相談してくれないのか

 幼児を連れたお客様が風邪薬の棚を見ていたけれど、系統の違う物を見比べていたため気にかけていたところ、『パブロンS ゴールドW』をレジに持ってきたので喉の痛みに弱いことを伝えたところ、主訴は鼻水と咳とのことだった。

 咳が無ければ鼻炎薬を提案するところだが、風邪薬を希望されたたため、より主訴に適応するものとして『ルルアタックNX』を提案し変更となった。

 そして、消化にも意外と体力を使うのと鼻や喉の症状は胃と密接に関係するので消化に良い食事をするよう伝えた。

 説明してる間、退屈した子供がいたずらして、薬を棚から出して品切れで空いている他の棚に入れ込んでいた。

 空いてるところを埋めたかったんだろうか……(;´∀`)

 外国人と思われるお客様から、片言の日本語で鼻水と頭痛があり、喉は痛くないものの痰が出るという相談を受けたので、去痰剤の入った『ルルアタックNX』を案内した。

 また、目がムズムズするとのことから『ロートアルガード』を勧めて、一緒にお買い上げいただいた。

 幼児を連れたお客様が『銀翹散』『麻黄湯』といった系統の違う漢方薬を見比べていたので声をかけてみたけれど、案内は断られた。

 しばらくして『小青竜湯』と『甘草湯』を併用してよいか尋ねられ主訴をヒアリングすると、鼻づまりと喉の痛みというため、『小青竜湯』は適用しないことを説明した。

 鼻汁が喉に落ちてくることは無いようだから『辛夷清肺湯』は除外となり、喉の痛みより鼻づまりが気になるとのことから『荊芥連翹湯』を候補に挙げてみたが、風邪に進むことも考えて『銀翹散』を提案し、試していただくことになった。

 不思議なことに、鼻づまりなのに『小青竜湯』を選ぶ人は多い。

 効能書きには鼻水は書いてあっても、鼻づまりは書いていないのに何故なのか。

 そして、分からないのにどうして最初に相談してくれないのかが分からない(´・ω・`)

 

お客様に声をかけるのは気力が充実していないと無理

 マスクをして風邪気味の様子のお客様が『ビタシー』と『リポビタンD』を数本と、ドリンクゼリーを購入された。

 声をかけた方が良かったのかもしれないけれど、こちらも連勤が続いて疲れているものだから、その気力が湧かなかった。

 お客様に声をかけるというのは、気力が充実していないと無理なのです(;´Д`)

 お客様から鼻うがいを求められたけれど、大規模な花粉症のシーズンが過ぎたため、今は『アルシャットシャワーミスト』しか置いていない。

 症状を尋ねると、鼻汁が喉に落ちてくるというので胃を悪くしている可能性をお話した。

 探している鼻うがいの商品は無いということで、お客様はお帰りになった。

 一応、消化に良い食事と入浴をして、お腹周りを温めるよう勧めた。

 薬を相談されなかったため案内できなかったが、『辛夷清肺湯』が適応するであろう。

 ううむ、やはり気力が足りないと充分な提案もできない( ´Д`)=3

 常連のお客様が『エスタックイブ』を購入されたけれど、主訴は咳だけで他に症状は無く、乾いた咳のようなので胃の不具合の可能性を伝えると思い当たるようだった。

 家に『大正漢方胃腸薬K』があるというため、服用してみるよう勧めた。

 いつも感心していただけるものの、その割には薬を買う時には相談されないんだよね……。

 ちなみに『大正漢方胃腸薬』と『大正漢方胃腸薬K』の違いは、痙攣性の痛みを抑える芍薬と甘草の量が『大正漢方胃腸薬K』の方が多い点であるから、細かいことをいうと主力の『安中散』さえあれば今回は充分なのだけれど、使える物を活かさないのはモッタイナイ。

 

市販薬を選ぶ時には効能よりも適応を検討するのが大事

 お客様が『新コンタックかぜEX』と『ベンザブロックIPプラス』と見較べていたため声をかけてみたところ、『葛根湯』の液剤の方が良いか尋ねられたのでヒアリングしたところ、ご主人が発熱と悪寒と喉の痛みを訴えているという。

 症状からすると『葛根湯』の適応時期を過ぎているため、使うなら『麻黄湯』をと案内した。

 そして喉の痛みはあっても咳は無いと言うので、咳が無い時に風邪薬はお勧めできないのだけれど、明日は仕事休めるということから服用による疲労感が出る可能性をお話したうえで『ルルアタックEX』を紹介し、お買い上げいただいた。

 すでに食欲は無いというので無理に食べさせなくても良い事と、入浴はしても良いことを伝えた。

 昔は入浴が駄目だと言われていたけれど、あれはまだ内風呂が普及していなくて、銭湯の帰りに湯冷めしてしまうからである。

 自ら発熱するのには体力を使うから入浴をして、発熱するのを支援してあげた方が良いのだ。

 高齢のお客様が『五虎湯』『麦門冬湯』で迷ってる様子だったので声をかけたところ、ご主人が咳と痰が絡み、たまに頭痛がするとのこと。

 以前に私が案内したさいには、『麦門冬湯』を使ったそうだ。

 今回は頭痛に『葛根湯』を使っていたというので、その『葛根湯』は咳の原因になってしまう事をお話したところ、発熱したというため体内が乾燥している可能性があることから、『麦門冬湯』が適応することを説明して、お買い上げいただいた。

 口腔内に膿の匂いがするようだというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)も考えたけれど、鼻の症状は無いという。

 『麦門冬湯』で咳が治まり、膿の匂いが残るようなら『チクナイン』に乗り換えを検討しても良いだろう。

 頭痛の方は肩こりが関係ありそうな話だったので、『釣藤散』を紹介した。

 

薬の効能に書いてある症状は全部起きていないと駄目?

 車椅子に乗った高齢の方と一緒のお客様が漢方薬の棚で迷っている様子だったので声をかけたところ、患者はその高齢の方で、以前に咳止めに『麦門冬湯』を使ったことがあるとのことだった。
 今回の主訴は粘つく痰で、パッケージに書いてある「咳き込み」が無いため迷っていたらしく、比較として『チクナイン』(辛夷清肺湯)を紹介したうえで、体内の乾燥を取り除き潤すのが目的ならば、咳は必須条件ではないことを説明した。
 『麦門冬湯』『辛夷清肺湯』も中身は胃薬で、胃の働きを整えると上半身の保水性が上がり、喉や鼻の症状を改善する。
 病院に耳鼻咽喉科があるように鼻と喉はつながっていて、そのまま胃にまで通じているからだ。
 今回は表のパッケージの文言だったけれど、効能に書いてある症状が全部起きていないからという理由で選ぶのを迷っているお客様には、けっこう遭遇する。
 例えば喉の痛み止めの薬の効能に「口内炎」と書いてあると、喉は痛いけど口内炎じゃないからと買わないお客様もいる。
 喉が痛むのも口内炎も同じく炎症なのだから抗炎症剤が有効な分けだが、成分の作用機序などを知らないと結びつかないらしい。
 しかもこれが漢方薬ともなると、『牛車腎気丸』のように「下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難」なんて症状の共通性が分かりにくいものもある。
 漢方的には目と腎が関係し、加齢によって腎が弱まると目がかすみ、腎が弱まっているのだから排尿困難とも繋がって、皮膚の痒みは保水力も影響するため水分代謝に腎の働きは重要であり、腎気の低下は神経の通りを悪くするので腰痛や痺れ感を起こす。
 そして起きる症状の順番や軽重は人によって違うから、効能に書いてある症状が全て一気に起きるなどということも無い。
 今回はお客様が本人にパッケージの適用についての文章を読み聞かせて確認し、『麦門冬湯』を購入された。

 やや高齢のお客様から、 以前に購入したコラーゲンの取り扱いが無くなったのかという問い合わせを受けたのだけれど、メーカー名も商品名も不明なため調べようが無い。
 他に、病院で処方されている薬を服用すると手に痺れ感が出るというお話もされた。
 担当医に相談しても「聞いたことがない」と言われてしまい、調剤してもらってる薬剤師に相談すると医師に照会してみると申し出てくれたのに断ってしまったという。
 ありゃん、どうして(^_^;)?
 薬の内容を覚えていないし、医師との会話の詳細は分からないけれど、医師によっての得手不得手はもちろん相性もあるから、病院を変えてみてはとお話した。
 できれば当てずっぽうに変えるのではなく、担当医から紹介してもらうよう勧めた。
 医師が紹介状を書くのも保険点数があるから、普通は嫌がられないはずである。

 外国人を連れたお客様から『新ウナコーワクール』と『プチウナコーワα』の違いを尋ねられ、後者の方が薬としては強く野外向けであることを説明した。
 すると、プ『プチウナコーワα』の容量の大きい物は無いかと訊かれたので、『液体ムヒアルファEX』が似た処方であることを伝え、お買い上げいただいた。
 外国人のお客様の方は免税を希望しているようだったので、空港の近くの店なら対応しているはずだから、同じ銘柄に限らず同じ成分の物を探してみてはと提案し、成分表示をスマホで写真に撮っておくことを勧めた。

 
ページ:12345678»