Tagged with " 疎経活血湯"

磁石磁気医療機器は効果が無いから医療機器として認証されている!?

 夫婦のお客様が来店し『バンテリンクリームEX』を購入されるさいにインドメタシン製剤で良いのか確認したところ、ピンとこなかったようなので、成分によって鎮痛効果や浸透力が違うことを説明した。

 患者はご主人で主訴はスポーツによる筋肉痛というため、予防として『疎経活血湯』で血流を、『防已黄耆湯』で水分代謝を良くしておく方法を教えると、加齢による腰痛の場合を尋ねられたので『牛車腎気丸』を紹介した。

 ただ腰痛について病院に行ったことは無いというため、 腰痛を放置していたらガンだったという事例を引き合いに、大病を見逃すことのないよう受信はしておいた方が良いことをお話した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B010PDNCXS?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B010PDNCXS

 夫婦のお客様が『イソジン』をレジに持ってきたけれど、毎日うがいをしているそうなので水道水で充分なことと、『イソジン』により体を守る菌も倒してしまったり、刺激物なため粘膜を荒らす弊害もあることを説明したところキャンセルとなった。

 またインフルエンザの予防には、手洗いと手の触れるものの拭き掃除が大事なことを伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0026R74SG?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0026R74SG

 高齢の夫婦のお客様が来店し、『マグネループ』や『ピップエレキバン』などの「磁石磁気医療機器」の効果について質問を受け、有効性を示す論文などのエビデンスが存在しないことを説明した。

 確かに医療機器として認証されてはいるが、それは製品が体に直接触れる物であるため安全性を考慮しなければならず、効果があるから認証されているというよりは、「体に害が無い」から認証されているにすぎないのだ。

 既存の論文にしても利用者を対象にしたアンケート調査程度で、科学的に作用機序が証明されたことは無い。

 もし本当に効果があるとするのなら、強力な磁場で画像撮影するMRI検査でも体が何らかの影響を受けるはずである。

 ちなみに顎の手術で針金を入れられた私は、 MRI検査を受けると口の中を火傷してしまう可能性があるためできない。

 お客様には温める方が効果が期待できることをお話して『葛根湯』を提案すると、パッケージの効能書きに「肩こり」とあるのを見て驚かれた。

 今回は、『めぐりズム蒸気の温熱シート』をお買い上げいただいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06W56V94Q?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B06W56V94Q

 

 

登録販売者としての迷い、あれこれ

 やや高齢のお客様が膝用サポーターを購入されるさいに、膝痛や腰痛にグルコサミンやコンドロイチンの効果について質問を受け、毒にも薬にもならないことと、目や皮膚などにも使われるため狙ったところには行かないと説明したところ、整形外科の医師からも「役に立たない」と言われ、内科の医師には「気持ち程度には」と言われたそう。

 さもありなん。

 外科医からは手術を勧められているものの、手術をした人の話を聞いて術後の痛みなどが怖く、決心がつかないという。

 術後の治りとリハビリの事を考えると、体力のあるうちの方が良いのではとお話した。

 お客様からは「加齢のせい」と言われたので『牛車腎気丸』と比較しながら『疎経活血湯』を案内してみたが、膝痛に冷えが関係するようだったため『桂枝加朮附湯』を紹介し担当医に相談してみるよう勧めると、外科医は薬を出したがらないと言われて、似た処方の『桂枝加苓朮附湯』を案内したら購入された。

 おくすり手帳に市販薬も記録して担当医に報告するようお願いすると、先生は怖いから嫌と言い、調剤の薬剤師さんは相談しやすいというので、その薬剤師さんにはお話するようにと勧めた。

 患者さんに医師による治療だけを勧めるのもなんか違うし、さりとて安易に他の薬の使用も勧められないし、患者さんを説得する立場でもないし。

 うむぅ、登録販売者の立ち位置は難しい……。

【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠
参考価格:¥ 8,105
実売価格:¥ 6,680
値引率:18%
AI²ドラッグ

 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねると初めてとのことだったので、比較として鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻づまりで夜も寝られないくらいの時に使う『荊芥連翹湯』を紹介したところ、鼻づまりというより鼻の奥で苦い味がするというため、胃の不具合の可能性を伝えたうえで適用すると考えられることを説明し、そのままお買い上げいただいた。

 消化に良い食事を勧め、お客様がタバコ臭かったので咳になった場合の『ダスモック』(清肺湯)も紹介した。

 シャワー派のうえ朝に浴びるというので、皮膚が薄くて太い血管が通っている首筋辺りや背中にシャワーを浴びるよう伝えた。

 登録販売者としては、少なくとも薬を購入されるさいの適応の確認はして、自動販売機にならならずに情報提供はしないとね。

【第2類医薬品】ダスモックb 80錠
参考価格:¥ 2,916
実売価格:¥ 2,734
値引率:6%
Amazon.co.jp

 高齢のお客様から疲れ目に「高いのはどれがイイんだ?」と目薬の説明を求められたため、価格と効き目には直接的な関係は無いことを伝えたうえで、800円~1500円の価格帯の物を紹介し、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

 熱いお湯に浸したタオルを目に当て、細い血管を開いて血流を良くすることも大事なことを伝えた。

 自分が貧乏性なもんで、どうも高価格帯の商品を勧めにくい。

 登録「販売者」という職名なれど、自分は商売には向いてませんな。

【第2類医薬品】スマイル40EX ゴールド 13mL
参考価格:¥ 972
実売価格:¥ 563
値引率:42%
Amazon.co.jp

 

便秘薬にも種類があるから本人の来店を

 幼児を連れたお客様が来店し、『イソジン』をレジに持ってきたけれど現に喉が痛むというので、抗炎症剤のアズレン製剤のスプレーを提案し変更となった。

 毎日うがいをするのであれば水道水で十分で、もし『イソジン』を使うとするのなら家族が風邪をひいているとか職場で風邪が流行っているというような時に、集中的に使うのが良いだろう。

 お客様から高校生の子供の便秘の相談を受け、苦しい感じはあり、便秘はいつものことのようだが薬を使ったことは無いという。

 腸を刺激するタイプの『コーラックファースト』と『大黄甘草湯』のほか、腸内の水分を吸って便を柔らかくして量を増やす『新ウィズワン』と『サトラックス』を案内し、今回は『新ウィズワン』をお試していただくことになった。

 整腸剤も提案したけれど、本人でなければ具体的な症状など分からないこともあるため、できれば本人がお店を訪れるようお願いした。

 それからヨーグルトは食べているそうだが、乳酸菌にも相性があるため本人が選んで銘柄の記録をつけていった方が良いことを伝えた。

 お客様から『ユンケル B12』の問い合わせを受けたけれど置いていないため、似た処方の『ユンケル B12アクティブα』と『ナボリンS』を案内した。

 主訴は関節の痺れで、2年ほど前に病院からビタミンB 12を処方されていたとのことで、現状の確認のために改めて病院に行ってみるよう勧めたうえで、『ナボリンS』の小容量をお買い上げいただいた。

 またビタミン B 12は、豚レバーや牡蠣などでも摂れるから、食べ物での摂取も勧めた。

 それから、痛みではなく痺れであるため『疎経活血湯』を紹介してみた。

 

薬を使った体験談を教えてもらえると勉強になります

 お客様から『ロキソプロフェン』を求められ、置いていないことを説明し、うっかり外用薬と勘違いしてジクロフェナクトリウム製剤の湿布を案内してしまった。

 ちゃんと確認しないと駄目じゃん私(^_^;)

 主訴は頭痛だというため、イブプロフェン製剤が代用になることを説明し直して『イブA』を試していただくことになった。

 ただ頭痛はズキズキするタイプで、『ロキソニン』を予防的に飲んでいるというため、鎮痛薬をそういうふうに運用してはいけないことをお話した。

 特に、ズキズキする頭痛は胃の不具合と関係があり、痛みを伝達するホルモンと胃を保護する指示を出すホルモンは同じなため、痛みを止めると胃を保護する機能も止まってしまう。

 つまり、胃を悪くして頭痛になり、その痛みを止めると胃が悪くなって、また後で頭痛になるというように無限ループしてしまうのだ 。

 お客様には、ズキズキするタイプに用いる『呉茱萸湯』を紹介した。

 健胃作用があり水分代謝の異常を解消することで、頭痛を治める漢方薬である。

 常連のお客様が来店し、以前に顔面神経痛の相談を受けて受診勧奨したところ、『呉茱萸湯』が処方されて治ったというお話を聞いた。

 なるほど、そういう使い方もあるのか。

 店頭では顔面神経痛に対応する機会は無いかもしれないが、こうして知らせに来てもらえると勉強になって助かる。

 お客様から『ロキソニン』を求められ取り扱っていないことを説明し、イブプロフェン製剤での対応を提案したところ『イブA』を試していただくことになった。

 主訴は腰痛で、患部には痺れ感もあるようなので『疎経活血湯』を紹介してみたけれど、興味が示されなかった。

 病院では、仕事を辞めるように言われているとのことで、改めて別な病院を探してみるよう勧めた。

「良い出逢いがあるかもしれません」と。

 

鎮痛剤の年齢制限は慎重に

 腰痛のお客様から、病院に行けないからと『ロキソニンテープ』を求められたが、置いていないことを伝え他の製品を提案したところ、薬を変えると肌のかぶれが心配だと言われた。

 しかしパップ剤によるかぶれの原因の多くは、貼る前に肌を清浄にしていないことですと説明した。

 汗やホコリを巻き込んだまま長時間封印されるのだから、 貼る前に拭き取るのが大事。

 以前にヘルニアを患ったことがあるというので『疎経活血湯』を紹介したところ、漢方薬を使ったことは無く、考えたことも無かったそうだ。

 本日は、お帰りになった。

 14歳の子供が抜歯後の疼痛があるとのことで、お客様から相談を受けた。

 抜歯をしたのは昨日のことで、歯科医からは『イブ』でも良いと言われたというため、『バファリンルナi』を紹介したけれど、年齢制限があるため『バファリンルナJ』の方を勧めて、お買い上げいただいた。

 薬の年齢制限は、剤形による飲みにくさだったり内臓機能の成長具合だったりと、それぞれ理由が違い、鎮痛剤の年齢制限は脳への影響を回避するためなので慎重な方が良い。

 夫婦のお客様が雑貨を購入され、お会計の前に「痰が絡む」といった会話が聞こえていたので、内臓が冷えている可能性をお話すると、奥さんは思い当たるらしく同じような事を母親にも言われたそうだ。

 手だけが温かいというので、体の中で熱が循環していないかもとお話して、長めの入浴と温かい物を積極的に飲むよう勧めた。

 立ち聞きしている訳ではないのだけれど、なんだかストーカーみたいである(^_^;)

 

家族に自分の病状をドコまで話していますか?

 やや高齢のお客様から、ご主人の坐骨神経痛の相談を受け、服用しているのは血圧の薬だけとのことだったが薬の名前が分からず、血液をサラサラにするのか水分を排出するのか血管を拡張するのかという内容も分からないというため、本人に連絡を取ってもらった。

 電話を代わってもらうと降圧剤は血管拡張型のカルシウム拮抗剤のうえ、劇薬に分類されている物だと分かった。

 しかも他にも狭心症と痛風と高脂血症の薬も処方されていることが分かり、腰痛は半年前からで、担当医に相談していないという。

 まずは担当医に相談するよう説得したものの、どうしても薬が欲しいというので、担当医に使ったことを報告するよう念押ししたうえでフェルビナク製剤のパップ剤をお買い上げいただいた。

 また、痛み痺れ感があるというので、病院でも処方してもらえる物として『疎経活血湯』を紹介したところ、お客様がご自身のためにと購入された。

 そしてお客様には、出先での事故や災害などの時にお薬手帳が役に立つことをお話したのだけれど、今回の場合は本人が薬の内容を確認していないのか、家族に心配をかけないために病気のことを話していないのか分からず、処方されている薬の内容を本人ではないお客様にも伝えて良いもののか判断しづらくて、本来は市販の薬を使うのは好ましくないことを説明するのに困った。

 今回の場合、ご主人が服用しているのは血圧の薬だけと言っていたのが単なる勘違いなのか、本当に知らないのか。

 本人だけなら、もっと強くお断りすることもできるが、もし家族に病状を詳しく知らせていないとなると、「ダメゼッタイ」みたいに言うことが家族間のトラブルにもなりかねない。

 こういう場合も、お薬手帳を持ってきてもらえてれば、薬の内容からある程度は病状の推察ができるし、担当医か調剤している薬局に連絡を入れて対応を検討することで、頼まれて薬を買いに来た人には詳しい話をしないでも済むのだけれど、家族に心配をさせたくないからお薬帳を見せていないという可能性も考えられるから、なんとも悩ましいところ。

 やや高齢のお客様から『Vロートアクティブプレミアム』と『サンテメディカルA』の比較を尋ねられたが、どちらも抗炎症や充血を抑える成分が入っており、主訴は疲れ目だけというため『ロート養潤水α』を勧めてお買い上げいただいた。

 常連のお客様から、友人のがんが再発したようだとのお話があった。

 こうしてお話をしてくれるのは嬉しい一方、反応には困ってしまう。

 再発となると、前回に使った抗がん剤には耐性ができてると考えられるため、やはり治療は難しくなる可能性がある。

 ただし生存率は様々な要素が絡むので、そう悲観するものではない。

 その友人のことには私の立場では何とも言えないので、病院探しなどの情報収集は冷静に判断できる健康なうちにと、お客様にはお話した。

 

その症状は薬の副作用かもしれません

 お客様が『セキトローチ』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みだけで咳は無いというため『ペラックT』を提案したところ、子供と一緒に使いたいとのことでトローチを希望されたことから『パブロントローチAZ』を案内し、お買い上げいただくことになった。

 ただ、花粉症のために何か薬を服用しているそうなので、薬の副作用による体内の乾燥の可能性を伝えた。

 体内の乾燥によるものであれば、上半身に保水する『麦門冬湯』が適応すると考えられる。

 何の薬かが分かれば、その辺りも特定できるから、ちゃんと使っている薬のことは覚えておいてほしい。

 花粉症対策には、お腹周りを温めて腸の機能を助けるよう勧めた。

 お客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みだけで咳はそれほどでもないというため『ペラックT』を提案した。

 患者はご主人で、頼まれ物でもあることから両方を購入されたので、まずは『ペラックT』を単独で使ってみるようにお話した。

 『パブロンSゴールドW』に入っているジヒドロコデインリン酸塩は神経の働きを抑制する麻薬成分であるから、咳が無いのに使うと疲労倦怠感につながる可能性がある。

 『セイロガン糖衣A錠』を手にしたお客様から鎮痛剤の場所を訊かれ、売り場を案内しつつ旅行用か尋ねると海外だというので風邪にも胃腸炎にも使える『柴胡桂枝湯』を紹介したところ、『イブA』も一緒にお買い上げいただいた。

 念のため、『セイロガン糖衣A錠』は『正露丸』から抗炎症と鎮痙攣の成分を抜いてあることを伝えた。

 それと、あの独特の匂いを嫌う人は多いけれど、腸にも嗅覚と味覚があり匂い自体に薬効があることも説明した。

 やや高齢のお客様から膝痛の内服薬を相談され、痛みは強くないものの天候に左右されないようなので、『疎経活血湯』を案内して試していただくことになった。

 お客様から3歳の子供の鼻水とクシャミの相談を受け『ムヒこども鼻炎シロップS』を案内したものの、入浴したうえで温かい物を飲み下半身を厚着することで治るかもしれないとお話したところ、お帰りになった。

 処方としては簡素で体への負担も少ない薬ではあるけれど、使わないで済めばそれに越したことはない。

 

治療を全てお任せというのは自分を見捨てているのと同じ

 若い夫婦のお客様が来店し、『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたさいに喉の痛みには弱いことを伝えると、置き薬として「何にでも効く物を」と注文された。

 総合風邪薬にもそれぞれ得意分野があるため、症状別に容量の少ない物を揃えておく方法を提案したうえで、熱・鼻・喉・咳にまんべんなく効果が期待できる『新ルルAゴールドDX』を案内し、お買い上げいただいた。

 ただ、そもそも風邪薬の効能には「諸症状の緩和」と書いてあって、風邪を治せる薬は一つも無いのだけれど。

 それゆえに、風邪を治す薬を開発したらノーベル賞ものだと昔から言われている。

 夫婦のお客様から、バップ剤は冷感と温感のどちらが良いか尋ねられたけれど、養生には関係するものの鎮痛剤の成分の方が大事なことをお話した。

 ご主人が腰痛とのことで、鎮痛効果と浸透力の違いを説明し、しょっちゅうなる訳ではないとのことからジクロフェナクトリウム製剤を勧めると、痛みもそれほどではないというためフェルビナク製剤を使っていただくことになった。

 ご主人が「医者によって言うことが違う」というため、医者にも得意分野があることをお話した。

 例えば整形外科の医者でも、スポーツなどの運動による症状が得意だったり、加齢による不具合の知識が豊富だったりというように。

 そして、それぞれの見立てを採用するかどうかは患者自身が決めなければならない。

 これは自己責任論ということではなく、患者自身が治療のチームリーダーだからだ。

 病気自体の影響で判断力が衰えているのでなければ、医者に全てお任せというのは、自分が人間ではなく機械か何かだと自分で自分を見捨てているのと同じだと思う。

 お客様には、腰痛をいつものことと思って大病を見逃すのも怖いから、年に一度でも定期的に受診してみるよう勧めた。

 それから五十肩もあるとのことで、同じくフェルビナク製剤を使っても良いものの、痛み方や患部の場所で薬を使い分ける方法もあると伝えた。

 内服の漢方薬で言えば、腰痛には『疎経活血湯』『桂枝加朮附湯』が考えられ、五十肩には『独活葛根湯』が候補となる。

 

塗り薬の方が飲み薬より安心という勘違い

 お客様から初めに風邪として相談を受け、主訴が喉の痛みと鼻水だったので『ルルアタックNX』を案内したうえで、 咳などの出ていない症状の成分があると体の負担になることと、 鼻水は透明だと言うため内臓の冷えが原因と考えられることを説明し、喉の痛みだけに対処してはどうかと提案した。

 透明な鼻水の方は、積極的に温かい物を飲んでお風呂に入りお腹周りを保温すれば、改善できる可能性が高いことも伝えた。

 先に『ルルアタックNX』を案内したのは、まずはお客様の要望に応えないとお話を聞いてもらうのが難しいから。

 ただ、せっかちな人だと即決されて、やっぱりお話を聞いてもらえなるけど。

 まぁ、その場合は仕方が無いってことで。

 今回はお客様が納得されたようなので、患部だけでなく内蔵まで冷やしてしまう『龍角散』などは適さないことをお話して、『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を案内したところ、前者をお買い上げいただいた。

 うちのお店のラインナップから、『 駆風解毒湯』が無くなってしまったのが痛い。

 『 駆風解毒湯』なら、内臓まで冷やさずに喉の炎症を抑えられるのに。

 ダニに刺されたというお客様から腕と腹部を見せられ、腹部は痕が横一列になっていた。

 患部から血が滲んでいるのを本人は掻いたからと言っていたが、一般に虫刺されという言い方があるものの刺すのは蚊ぐらいで、他の虫は牙で食いちぎってしまうことをお話した。

 もちろん、掻きむしって血が滲んだというのもあるのだろうけれど。

 とにかく患部は赤く腫れており、痒みも強そうなことから『ムヒアルファEXクリーム』を勧め、お使いいただく事になった。

 また、右の脹脛(ふくらはぎ)がこむら返りのように痛んで、痺れ感もあると相談された。

 塗り薬を望まれたのでフェルビナク製剤を案内したうえで、内服薬に『コムレケア』(芍薬甘草湯)『疎経活血湯』を紹介すると、数年前に脳梗塞を患ったことがあり、塗り薬の方が安心と言われたため、外用薬も体内に影響することをお話した。

 ジクロフェナクトリウム製剤などのパッケージにも注意書きが、これでもかとばかりに書かれているのだけれど、読んでいる人が少ないのか、この手の勘違いは多い。

 今回はフェルビナク製剤のローションをお買い上げいただいたものの、フェルビナク製剤もまた体内に浸透する薬ではあるので、ジクロフェナクトリウム製剤ほど危険ではないとはいえ注意は必要である。

 しかも、お客様は脳梗塞以来ずっと服用してる薬を近所の内科医に頼んで処方してもらってると言うので、一度専門医を紹介してもらうよう勧めた。

 もしかすると、歩き方にも影響していて、その負担が症状として現れてるかもしれないし。

 科目が違うと通院している医師に相談しないということもまた、ありがちなことである。

 

安全性を考えると「どれが効くか?」には答えにくい

 お客様が『タクトローション』を購入するさいに虫刺されにも使えることをお話したところ、『タクトホワイトL』との違いを尋ねられた。

 どちらも汗疹(あせも)の薬ではあるが、『タクトローション』は幹部の修復を促し『タクトホワイトL』は痒みが強い場合に適応している。

 お客様には、「勉強になりました」と言われた。

 こちらも、お客様との会話は日々勉強になります。

 黙って買われて自動販売機になっていると、覚えたことなど、どんどん忘れてしまうので。

 やや高齢のお客様から『システマハグキプラス』と『システマハグキプラスS』の違いを尋ねられ、前者は知覚過敏をケアし、後者は歯茎の修復を補助することを説明した。

 ただ、お客様は歯茎が下がってくることと歯周病を心配されていたので、医薬品の方が良いのではと提案したところ興味を持たれたため『アセス』を紹介しお買い上げいただいた。

 薬効成分を生かすためには、歯磨き後のうがいは一回だけにするようお話した。

 また、食べカスによる虫歯が気になる場合は、食べる前に歯磨きをすれば良いことを伝えた。

 いわゆる虫歯菌は食べカスを餌にして活動するのだから、先に歯磨きをして虫歯菌を流してしまえば食べカスが残ったところですぐには虫歯にはならない。

 この方法は、歯磨きが難しい子供にも使える。

 やや高齢のお客様から『ハリックス55IDプラス』を手に「どれが効くの?」と尋ねられたけれど、鎮痛効果と浸透力の違いを説明しても話は聞いてもらえなかった。

 話を聞いてくれないのに、どうして質問されたのか(;^ω^)

 主訴は腰痛と足の痺れだと言うため、ジクロフェナクトリウム製剤を案内すると、すぐに『フェイタスZαジクサス』の購入を決められた。

 ところが注意点を伝えようとしたところ、お会計を終えるとすぐに帰られてしまった。

 しまった!

 ジクロフェナクトリウム製剤を案内するべきではなかったか。

 ジクロフェナクトリウム製剤は血液中にも薬効成分が入っていくから、飲み薬との併用に気をつけなければならないのだが。

 また、痺れ感については受診勧奨したのだけれど「医者行ったって無駄」と言われ、『疎経活血湯』を紹介することができなかった。

 
ページ:1234567...12»