Tagged with " 牛車腎気丸"

他の薬の紹介や提案をするのは商売のためではありません

 やや高齢のお客様が痔の薬を見ていて『ボラギノールA注入軟膏』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみると、頼まれ物とのことだった。

 患者さんの主訴は排便痛と出血だそうで、しょっちゅうなる訳ではないというお話から、止血剤の入っている『プリザエース注入軟膏T』を提案したところ、変更となった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『スマイル40プレミアム』と『ブルーベリー』のサプリメントを購入されるので、加齢による目の疲労の場合にはと『牛車腎気丸』を紹介してみた。

 お客様からは「商売がうまいわねぇ」と言われたけれど、病院でも処方してもらえる保険の適用薬であることを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から「アンパンマンの風邪薬を」と注文されたけれど、主訴は頭痛で咳は無いというため、『ムヒこどもかぜシロップ』はお勧めできないことを説明した。

 そして鎮痛剤を提案すると『バファリンルナJ』が家にあるというので、先に使ってみるよう提案し、本日はお買い上げは無しとなった。

 『葛根湯』も家にあるとのことだったが、ズキズキする頭痛のようなので胃の不具合と関係することを説明し、『葛根湯』は胃に負担をかけるから今回は避けた方が良いと伝えた。

 ただお客様は、「子供は食欲がある」と言っていたため、内臓が大丈夫かどうかと脳が食欲を感じることとは別ですと説明した。

 子供に限らず大人でもありがちだが、あまり自分の脳を信じない方が良い。

 ……この言い方だと語弊があるな(^_^;)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から咳の相談を受け、数日前に熱っぽかったそうで、痰がひっかかるというため『麦門冬湯』と『ブロン錠エース』を案内し、前者をお買い上げいただいた。

 内臓が熱を持つと上半身は乾燥しがちになり、痰を排出しにくくなる。

 胃熱の状態の可能性があるので、お客様には消化に良い食事をして量を控えるよう勧めた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『新ブロン液エース』を購入され、ヒアリングしてみたところ明け方に痰が絡むというため、咳止めではなく去痰剤を勧めてみたが、それ以上はお話を聞いてもらえなかった。

 お客様の様子からすると、薬物依存になっているようにも思われたから、売らないのが正解だったかもしれない。

 でも売らなかったところで、近隣には他のドラッグストアーが4軒もあるから、そっちで買ってしまう可能性を考えると、うちのお店で観察しておいた方が良いようにも思うし、判断が難しいところ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

薬や健康の相談をするのに買うかどうかは気にする必要はありません

 常連のお客様が来店し、目の痒みにホウ酸を使った方が良いか相談されたが、家に『ロートビタうるる洗眼薬Wプラス』があるというため、そちらを先に使ってみるよう勧めた。

 買い物しないことを気にされたけれど、そんなことは構いませんと伝えた。

 ドラッグストアーが、スーパーやコンビニとは違うのは、薬の質問や健康相談をできることなので、買い物するかどうかは気にする必要は無いのです。


 高齢のお客様から『ドクターネイルディープセラム』を求められたけれど、売り場を案内すると高めの価格設定に驚かれた。

 爪割れに使うというので、トップコートでの代用を提案し、そちらをお買い上げいただいた。

 また爪の症状は腎とも関係するので、『牛車腎気丸』を紹介したところ、足のすねの横が痛むことがあるというため病院を受診するよう勧めた。

 病院は病気を治すためだけではなく、現在の症状を把握して専門家の意見を聞くためというお話をしたら、昔に覚醒剤をやっていたことがあり、収監後に病院に行ったことが無いというお話だった。

 あうッ、それはやっぱり内臓への影響もあるでしょうから行った方がイイですよと伝えた。


 やや高齢のお客様から『エキバンA』を注文され、皹(あかぎれ)に人から借りて使ったから返すためというのでそのまま販売したけれど、患部の様子から『ヒビケア』を紹介した。

 手荒れを防ぐためには石鹸やハンドソープを使うのを止めて、キッチンペーパーでこすり洗いをするよう勧めたら、液体石鹸の高い設備を取り付けてしまったとのことだった。

 ありゃん(^_^;)


 やや高齢のお客様から『エキバンA』を求められたけれど、皹(あかぎれ)による患部の割れがひどかったため『ヒビケア』を勧めると変更となった。

 先ほどのお客様と同じように、皮膚を守っている皮脂を洗いすぎないために、 石鹸やハンドソープを使わずキッチンペーパーでのこすり洗いを勧めた。

 

磁石磁気医療機器は効果が無いから医療機器として認証されている!?

 夫婦のお客様が来店し『バンテリンクリームEX』を購入されるさいにインドメタシン製剤で良いのか確認したところ、ピンとこなかったようなので、成分によって鎮痛効果や浸透力が違うことを説明した。

 患者はご主人で主訴はスポーツによる筋肉痛というため、予防として『疎経活血湯』で血流を、『防已黄耆湯』で水分代謝を良くしておく方法を教えると、加齢による腰痛の場合を尋ねられたので『牛車腎気丸』を紹介した。

 ただ腰痛について病院に行ったことは無いというため、 腰痛を放置していたらガンだったという事例を引き合いに、大病を見逃すことのないよう受信はしておいた方が良いことをお話した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が『イソジン』をレジに持ってきたけれど、毎日うがいをしているそうなので水道水で充分なことと、『イソジン』により体を守る菌も倒してしまったり、刺激物なため粘膜を荒らす弊害もあることを説明したところキャンセルとなった。

 またインフルエンザの予防には、手洗いと手の触れるものの拭き掃除が大事なことを伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 高齢の夫婦のお客様が来店し、『マグネループ』や『ピップエレキバン』などの「磁石磁気医療機器」の効果について質問を受け、有効性を示す論文などのエビデンスが存在しないことを説明した。

 確かに医療機器として認証されてはいるが、それは製品が体に直接触れる物であるため安全性を考慮しなければならず、効果があるから認証されているというよりは、「体に害が無い」から認証されているにすぎないのだ。

 既存の論文にしても利用者を対象にしたアンケート調査程度で、科学的に作用機序が証明されたことは無い。

 もし本当に効果があるとするのなら、強力な磁場で画像撮影するMRI検査でも体が何らかの影響を受けるはずである。

 ちなみに顎の手術で針金を入れられた私は、 MRI検査を受けると口の中を火傷してしまう可能性があるためできない。

 お客様には温める方が効果が期待できることをお話して『葛根湯』を提案すると、パッケージの効能書きに「肩こり」とあるのを見て驚かれた。

 今回は、『めぐりズム蒸気の温熱シート』をお買い上げいただいた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

風邪薬を飲むと本格的な風邪になっちゃうかも

 若いお客様が『ルルアタックEX』をレジに持ってきたが、喉の痛みと微熱があるものの咳は無いそうなので、『イブ』や『バファリン』などの解熱鎮痛剤と『ペラックT』との組み合わせを勧めた。

 しかし風邪薬を希望されたのと、明日は休めるとのことから、そのままお使いいただくことになった。

 お客様には、風邪薬に入っている咳止めの成分には覚醒剤系と麻薬系とがあり、特に麻薬系は体をだるくする副作用があるため、咳が無い時に使うと風邪でだるいのか咳止めでだるくなったのか見分けがつきにくくなることを説明した。

 例えば、喉の痛みや微熱が風邪の初期症状だったとして、咳が無い段階で麻薬系の咳止めの入った風邪薬を使うと、体がだるくなって抵抗力が落ち、風邪薬を飲むことで本格的に風邪に進行してしまうという本末転倒なことが起きる可能性があるのだ。

 それからお客様には、風邪をひいて体を休めるというのは内臓も含めてなので、無理に栄養を摂ろうとせずに消化の良い食事を量を少なめにと伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 夫婦のお客様が来店し、ご主人から冷感のしない湿布薬をとの注文を受けたけれど、メントールが入っている限り冷感があることを説明した。

 主訴はゴルフによる腰痛とのことで、どうして多くの外用消炎鎮痛剤にメントールが入っているかといえば、人間の神経は割と騙されやすく冷たく感じさせることで痛覚神経が麻痺するからだ。

 痒いところを叩くと、痛みで痒みが誤魔化されるようなものだ。

 虫刺されにも使う『キンカン』は冷感の逆で、灼熱感を与えることで痒みを誤魔化す。

 お客様のお話によると、病院から処方されていた『モーラステープ』は冷たくなかったというため、処方薬は単味剤が多く市販薬とは設計思想が異なる事をお話したうえで、メントールが主成分ではなく添加物として入っている『リフェンダフェルビナク』を案内してお買い上げいただいた。

 少しでも冷感を緩める方法として、人間は体温より低い物は必ず冷たく感じるから、貼る前の湿布をコタツの上に置いておき、温めてから貼る方法を教えた。

 また加齢による腰痛について尋ねられたので、腎機能の低下と関係することをお話し、『牛車腎気丸』を紹介した。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 先月に、降圧剤を処方されているのに血圧を下げる薬をと頼まれ『七物降下湯』を案内し、売るか売らないか悩んだ末に販売したお客様が再訪した。

 服用したところ調子が良かったとのことで、追加を購入された。

 継続するのであれば、担当医に処方してもらえないか相談してみるよう勧めた。

 お客様のお話では、『七物降下湯』を服用したら運動しても血圧が上がらなかったそうだ。

 ううむ、それもどうか(^_^;)

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

疲れ目は目の周りを温めた方が良い

 お客様が『めぐリズム』のホットアイマスクを購入されるさいに、お湯に浸したタオルでも代用できることを伝えると、やはり目の周りは温めた方が良いのかと訊かれ、目の血管の細さや温めて拡張することで栄養が運ばれやすくなることを説明した。

 主訴は疲れ目で、若いのに睫毛が白くなっていたため腎の機能と関係することをお話し、お腹周りを温めるために腹巻きや二枚履きをと勧めた。

 それから腎を補助する物として、『牛車腎気丸』を紹介した。


 お客様が『五虎湯』を購入されるさいにヒアリングすると、以前にも咳に使ったことがあるということだったが適応については知らないようだったので、夜の激しい咳き込みに向いてることを説明すると合っているようだった。

 喋ろうとしたり食事をする時に息をすると咳が出るような場合には、上半身を潤す『麦門冬湯』の出番となる。

 今回のお客様の咳は、上半身に熱が篭もっている可能性が考えられることをお話して、下半身を入浴などで温めて熱を循環させるよう勧めた。


 額に傷を負って、やや出血しているお客様が閉店作業をしてるところに現れ、ちょっとビックリ。

 患部は水道水で構わないので水洗いして、家に抗生物質の塗り薬があれば使うようお話したところ、ちょうど病院で処方された薬を持ち帰る途中で電柱に頭をぶつけてしまったのだとか(^_^;)

 湿潤療法を知らないようだったため紹介したうえで、普通の絆創膏をお買い上げいただいた。

 

登録販売者としての迷い、あれこれ

 やや高齢のお客様が膝用サポーターを購入されるさいに、膝痛や腰痛にグルコサミンやコンドロイチンの効果について質問を受け、毒にも薬にもならないことと、目や皮膚などにも使われるため狙ったところには行かないと説明したところ、整形外科の医師からも「役に立たない」と言われ、内科の医師には「気持ち程度には」と言われたそう。

 さもありなん。

 外科医からは手術を勧められているものの、手術をした人の話を聞いて術後の痛みなどが怖く、決心がつかないという。

 術後の治りとリハビリの事を考えると、体力のあるうちの方が良いのではとお話した。

 お客様からは「加齢のせい」と言われたので『牛車腎気丸』と比較しながら『疎経活血湯』を案内してみたが、膝痛に冷えが関係するようだったため『桂枝加朮附湯』を紹介し担当医に相談してみるよう勧めると、外科医は薬を出したがらないと言われて、似た処方の『桂枝加苓朮附湯』を案内したら購入された。

 おくすり手帳に市販薬も記録して担当医に報告するようお願いすると、先生は怖いから嫌と言い、調剤の薬剤師さんは相談しやすいというので、その薬剤師さんにはお話するようにと勧めた。

 患者さんに医師による治療だけを勧めるのもなんか違うし、さりとて安易に他の薬の使用も勧められないし、患者さんを説得する立場でもないし。

 うむぅ、登録販売者の立ち位置は難しい……。


 お客様が『チクナイン』(辛夷清肺湯)をレジに持ってきたさいに使用経験を尋ねると初めてとのことだったので、比較として鼻水と鼻づまりを行ったり来たりする場合の『葛根湯加川きゅう辛夷』と、鼻づまりで夜も寝られないくらいの時に使う『荊芥連翹湯』を紹介したところ、鼻づまりというより鼻の奥で苦い味がするというため、胃の不具合の可能性を伝えたうえで適用すると考えられることを説明し、そのままお買い上げいただいた。

 消化に良い食事を勧め、お客様がタバコ臭かったので咳になった場合の『ダスモック』(清肺湯)も紹介した。

 シャワー派のうえ朝に浴びるというので、皮膚が薄くて太い血管が通っている首筋辺りや背中にシャワーを浴びるよう伝えた。

 登録販売者としては、少なくとも薬を購入されるさいの適応の確認はして、自動販売機にならならずに情報提供はしないとね。


 高齢のお客様から疲れ目に「高いのはどれがイイんだ?」と目薬の説明を求められたため、価格と効き目には直接的な関係は無いことを伝えたうえで、800円~1500円の価格帯の物を紹介し、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

 熱いお湯に浸したタオルを目に当て、細い血管を開いて血流を良くすることも大事なことを伝えた。

 自分が貧乏性なもんで、どうも高価格帯の商品を勧めにくい。

 登録「販売者」という職名なれど、自分は商売には向いてませんな。

 

育毛剤の年間の費用を考えるとカツラも選択肢に

 常連のお客様が来店し、爪割れに塗る薬をテレビCMで見たというのだけれど銘柄が分からず、「青かった」という情報を頼りに『プレミアムリッチネイル』を案内してお買い上げいただいた。

 家ではテレビを見ることが少なく、もっぱらレンタルDVDや動画サイトを観ているから、テレビCMとか情報番組での健康情報に疎くて困る(^_^;)

 お客様は、最近になって爪が割れやすくなったそうだけれど、以前から複数の処方薬を服用しているため、副作用のことも考えて担当医に相談するよう勧めた。

 加齢による爪割れであれば、『牛車腎気丸』を紹介したいところではある。

 高齢の常連のお客様から、腰痛に貼る薬は家にあるから飲み薬をとの注文受け、イブプロフェンとアセトアミノフェンを合わせカフェインの入っていない『グレランビット』を案内して、お買い上げいただいた。

 山スキーで骨折して足にブレードが入っているお客様で、寒くなってきているため患部を温める『桂枝加苓朮附湯』も紹介した。

 お客様からは「久しぶりね~」と言われたので、「薬売りには用が無いのが一番です」と答えた。

 高齢の夫婦のお客様から育毛剤の相談を受け、『カロヤンプログレEX』が効かなくてメーカーにクレームを入れたいというため、第1類でうちの店には置いていないが『リアップX5』を勧めた。

 養生として、シャンプーで毎日洗わずに、獣毛ブラシで毛の汚れを取りつつ、熱すぎないお湯で洗う方法を案内した。

 ただ、『リアップX5』は使用を中止するとまた毛髪が後退してしまい継続的に使う必要があるため、年間の費用を考えるとカツラも検討してみてはと提案した。

 昔は眼鏡は嫌がられるものだったが今はファッションとして確立していて、カツラも同じように認知されてきているので。

 

市販薬を買うときにもお薬手帳を持って

 お客様から『ドクターネイルディープセラム』を求められて売り場を案内すると、価格が高いというため、爪割れには『サカムケア』でも代用できることをお話して、そちらをお買い上げいただいた。

 お客様は膠原病のせいかもと言われたけれど、担当医には相談していないというので、科目が異なったり症状が関係するか分からなくても、担当医には相談するよう勧めた。

 また爪割れは腎機能の低下も影響するため、『牛車腎気丸』を紹介した。

 ちなみに、高齢者が塩分を控えた方が良いのは実は高血圧だけではなく、腎臓の衰えも理由なんである。

 夫婦のお客様が外用消炎剤の棚で迷ってる様子だったので声をかけてみたが、案内は断られた。

 しかしその後も長考してるようだったため、主成分によって鎮痛効果や浸透力が違う事をお話しすると、ようやく興味を持たれ、奥さんが腰痛とのことから鎮痛効果と浸透力のバランスが良いフェルビナクのパップ剤を案内してお買い上げいただいた。

 お客様から便秘薬を求められたが、病院から処方されている内服薬が効かなかったからというのに、その薬が何なのかは分からないという。

 となると、同じ成分の物の可能性がある内服の便秘薬は案内しにくい。

 浣腸の経験は無いというので、お腹への刺激が穏やかな座薬タイプの『新レシカルボン』を勧めてみたが、価格の安い浣腸の方を購入された。

 お客様には、便秘薬も成分によって効き方が違うため、市販薬を買うさいにはお薬手帳を持参していいただくようお願いした。

 いや、お薬手帳はいつでも持ち歩くのが一番なんですが。

 

同じ症状に対してもアプローチする薬が違うことがある

 お客様が『キャベジンα』と『Q&Pコーワiプラス』と『防風通聖散』をレジに持ってきたため、『キャベジンα』と『防風通聖散』は飲み合わせに気をつけた方が良いことを伝えたところ、主訴は睡眠時に胃液が上がってくることだと分かった。

 そして、『パンシロンキュア』が効かなかったというため『半夏瀉心湯』を案内したのだけれど、パッケージが気に入ったのか『ギャクリア』(六君子湯)を購入された。

 『半夏瀉心湯』の瀉心というのが「上がってくるものを降ろす」という意味があり主訴に適しているとはいえ、胃が働きすぎているのに対して、『六君子湯』は食が細い人や疲労時に向いてることを説明したところ、どうやら思い当たるらしく症状に対しては『六君子湯』もまた適応する。

 養生法についてお話すると「薬で治したい」とのことだったが、入浴せずにシャワー派だというため、皮膚が薄くて太い血管が通っているところを重点的に浴び、今回の場合は背中側に浴びる時間を多くするように伝えた。

 お客様が『アットノンEX』と『ムヒSクリーム』をレジに持ってきたけれど、主訴は虫刺されで痒みが強いというので『ムヒSクリーム』を『液体ムヒS』に変更するよう提案し、その組み合わせでお買い上げいただいた。

 『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS』を、剤形が違うだけの同じ薬と思ってる人は多いけれど、成分が別物なので気をつけてもらいたいところ。

 これは他の薬にも言えることで、剤形が違うと中身が違うというのは珍しくない。

 お客様に、虫刺されの痕の修復のために入浴を勧めると、時間が無くてシャワーだというため、疲労回復のためにも寝る時間を削ってでも入った方が良いことをお話した。

 そのうえでシャワーだけで済ませる場合には、皮膚が薄くて太い血管のところに集中的に浴びて、髪や体を洗っている間はシャワーに背を向け少しでも長く背中に浴びるよう勧めた。

 高齢のお客様から水絆創膏を求められたが、爪割れに使うというので透明なネイルでも代用できることを伝えると、家に『ドクターネイル ディープセラム』があるというので、そちらを先に使うよう勧めた。

 そして内服薬として『牛車腎気丸』を案内したところ、以前にも同じ相談を受け漢方に詳しい病院を紹介したのに、まだ行っていないという。

 ありゃん(^_^;)

 

薬を選ぶのも使うかを決めるのも最終的には患者さんの判断だけれど

 やや高齢のお客様から、当初は『求心』を求められたので売り場を案内したけれど、探している錠数の物が無いとのことだった。

 ただ、動悸は心臓以外の機能の低下も関係することをお話して『牛車腎気丸』を紹介すると、腰痛もあるとのことでお買い上げいただいた。

 お客様からウオノメの相談を受け、ウオノメに気付いたのは1ヶ月前くらいとのことだった。

 うーん、1ヶ月も経っちゃってると治るのはその三倍くらいの期間はかかるよなぁ。

 『ウオノメコロリ』と『イボコロリ』の主成分は同じで、いわば皮膚をわざと腐らせて新陳代謝を促すのが目的なことと、液剤の『ウオノメコロリ』には乳酸を加えて表皮を早く剥離させる作用があることを説明した。

 そしてウオノメはイボと違い芯があるので完治には日数を要することをお話して液剤タイプを勧めたけれど、本日は『ウオノメコロリ』のテープタイプをお買い上げいただき、入浴はしているというので新陳代謝のためにも続けるよう伝えた。

 お客様から目尻の痒みと肌荒れを相談され、病院で何か目薬を処方されたようなのだけれど内容は分からず。

 そのうえ普段から目薬を使ったことが無く、患部が目そのものではないため使用していないという。

 お薬手帳を持っていなくて、処方された薬も使っていないというのは、どうにも困る。

 さらに、他の店で『キュアレアa』を自分で選び購入したものの、説明書には目の近くに塗らないように書いてあり、やはり使っていないそうだ。

 いや、その判断は正しいんだけど、じゃあどうして処方された薬の方を使わないのかと(^_^;)

 ああ、目薬を使ったことが無いからだっけ……。

 目元の痒みに抗炎症剤の入った目薬を塗る方法があることを説明し、まずは処方された目薬を使うよう勧め、本日はお帰りになった。

 
ページ:12345678»