Tagged with " 桔梗湯"

ネットで調べた薬の情報は店頭で再確認を

 夫婦のお客様からリップクリームの売り場を尋ねられ、もし現に唇が割れているようであれば薬品をとお話したところで、レジが混んで来てしまったため他の人に売り場を案内してもらった。

 後でお客様のもとに駆けつけ、唇の荒れは胃も関係することを伝えた。

 胃から食道を経て、唇までつながっているので、口で起きてることは胃でも起きている可能性があるのだ。

 お客様が『葛根湯』を購入されるさいに、喉が強く痛む場合やカラ咳の場合、またすでに発熱してからでは適応しないことを伝え、家に置いておくより出先で温まるのに使うために持ち歩くようお話すると、誰かから「そういう話を聞いたから」買いにいらしたとのこと。

 夏場も、出先の冷房対策に使えますと付け加えた。

 乳児を連れた夫婦のお客様が『葛根湯』の錠剤を探している様子で、近くを通ってみたが声をかけてもらえず、ようやく錠剤を見つけてレジに持ってきた。

 しかしお会計しながら、強く喉が痛む場合や咳には適応しないことを伝えると、主訴は喉の痛みだというので、『桔梗湯』を併用する方法を案内した。

 喉の痛み以外は無いようで、しかし風邪を心配されたため、鼻水は出ていないことを確認して『銀翹散』を勧めたところ、変更となった。

 お客様が『葛根湯』を使おうと思ったのは、授乳中でも使えるとネットで見たからとのことだったが、乳児が興奮して寝つきにくくなる可能性を伝えると知らないようだったので、『葛根湯』を使う場合は授乳後の服用を勧めた。

 ネットの情報は真贋の怪しいものがあるし、情報が欠けていたりするから、自分で調べるのは良いとして、店頭でも登録販売者か薬剤師に確認してもらいたいところ。

 お客様が痛むのは喉の奥というため、胃炎の可能性もお話したけれど、そちらはピンと来ていないようだった。

 胃炎からくる喉の痛みだと、上半身を温める『葛根湯』は尚更合わず、『麦門冬湯』で潤すほうが良い。

 

薬の代わりにサプリメントというのは注意

 お客様から、ご主人が咳と鼻炎を訴えているとのことで相談を受け、病院で処方された咳止めと鼻炎薬を使い切り去痰剤だけが残っているというお話だったが、それぞれの薬の内容は不明。

 処方薬が分からないため漢方薬を提案し、鼻水と鼻づまりをいったりきたりしているようなので『葛根湯加川きゅう辛夷』を、咳には『麦門冬湯』の併用を提案した。

 鼻炎は胃とも関係があり、消化の良い食事をして胃をいたわれば治るかもしれないので、咳とどちらが苦しいか本人に連絡して確認をとっていただいたところ、『麦門冬湯』を使うことに決まった。

 授乳中は漢方薬が良いか尋ねられたので、漢方薬でも種類によることをお話した。

 例えば『葛根湯』は赤ん坊が興奮して寝つかなくなる可能性があるし、『桔梗湯』はお腹を緩くしてしまうことが考えられるため、授乳を済ませてから服用する方が良い。

 服用するタイミングが食後などに縛られる物が少ないという点においては、漢方薬の方が運用しやすいかも。

 子供を連れたお客様が『サンテメディカルガードEX』をレジに持ってきたけれど、結膜炎に使うというので抗菌目薬を提案し、しょっちゅうなる訳ではないとのことから、分包になっている『ロート抗菌目薬i』を勧めてお買い上げいただいた。

 目薬を差した後には上を向いたまま瞬きをするのではなく、目を閉じて下を向き1分ほどそのままにしているのが効果的なことを伝えると、一緒にいた子供が驚いていた。

 子供にも良い機会になったと、勝手に思う。

 高齢のお客様から整腸剤について尋ねられ『ザ・ガードコーワ整腸錠α³+』を案内したうえでヒアリングすると、ガスが溜まるというので『ガスピタン』も紹介した。

 しかし薬には抵抗感があるらしく、詳しくお話を訊くと小柄なわりには1日3食を「ちゃんと」食べているとのこと。

 加齢により内臓の機能が低下していると考えられるため、一回の量を減らして回数を増やす方法を提案した。

 すると、以前に骨粗鬆症と診断されたもののの薬は怖くて処方を断り、代わりにサプリメントの『カルシウムマグ』を飲んでいるという。

 その量も成人の目安量を飲んでいるそうなので、ガスが溜まりやすいのはそれが原因の可能性もあることをお話した。

 また、薬の方は効果が確認できていて量も調節しやすいし、医師の監督下で服用するものだから、サプリメントよりも安全に運用できることを伝えた。

 サプリメントがサプリメントで止まっている理由は様々で、医学的な効能が認められていないからとか、特定の成分の濃度が医薬品の基準より少ない物もあれば、医薬品の基準より濃いためという物もある。

 薬を避けてサプリメントを使いたいという場合でも、医師に相談しながらの方が良い。

 

使う薬の特性を確認しましょう

 『葛根湯』を購入されるお客様に、喉の痛みや咳が出ている場合と発熱時には不適切なことを伝えた。

 患者は中学生で、鼻水と喉の痛みがあり「鼻水が出ているから風邪かも」と言われたため、透明な鼻水の場合は風邪とは限らずアレルギーの反応や内臓が冷えていると考えられることと、喉の痛みは胃炎とも関係することを説明した。

 喉の痛みの強さによるが、鼻水は体を温めれば改善する可能性があり、その点では『葛根湯』は適応するので、そのまま購入となった。

 ただ、クシャミもあるらしく、クシャミは体力を失うので内臓を温めて消化に良い食事をするよう伝えた。

 病院に耳鼻咽喉科があるくらいで、鼻と喉は繋がっており、そしてそのまま胃にも連なっているので関係するんである。

 また喉の痛みには、普通の食事をして食べ物が患部にこすれるのが良くないため、やはり食事を胃に優しい物にするのが良い。

 やや高齢のお客様が『第一三共胃腸薬プラス』と『スクラート胃腸薬S』を一緒に購入するので用途を尋ねたところ、前者を食後に後者を食前に服用しているという。

 いやいやいやいやいや、どちらも処方内容は近いから片方だけでも良いのではとお話して、今回は前者のみをお買い上げいただいた。

 もし胃腸薬を重ねて飲みたいというのであれば、もちろんお勧めはしないが、成分が違って効能が違う物を揃えておいた方が良いとお話をして、腸の消化力を改善する『タナベ胃腸薬ウルソ』を紹介した。

 お客様からは、「教えてくれてありがとう」と言われた。

 お客様から『ムヒベビー』を求められ、使うのは小学生だというため、メントールの入っていない汗疹(あせも)の薬が家にあれば代用できることを伝えたうえで、お買い上げいただいた。

 お客様からニキビの薬をと求められ、患部の頭頂部は白いというお話から『ペアアクネクリームW』を案内し、お買い上げいただいた。

 ただ、患部を見せてもらっていないため本当にニキビだったのかは分からず、成分表示を取っておくよう伝えた。

 オデキをニキビと勘違いしてるケースも考えられ、その場合は抗生剤の『テラマイシン』などを使った方が良いからだ。

 来店したのが閉店時間でレジの電源を落とす直前だったため、落ち着いてヒアリングできなかった。

 

喉の痛みには風邪薬を使わなくても鎮痛剤で充分

 夫婦のお客様が来店し、『パブロンキッズかぜ錠』と『浅田飴こどもせき止め』を一緒に購入されるので併用するつもりなのか確認したところ、後者をのど飴と思っていることが分かった。

 幸い、『パブロンキッズかぜ錠』にはメチルエフェドリンのような成分が入っていないので大丈夫ではあるけれど、浅田飴というブランド名でのど飴と勘違いしていては、咳止めの成分が重なる風邪薬を選んで危ないこともある。

 子供の主訴は咳と鼻水で、鼻水は透明というお話だから体内を温めて『浅田飴こどもせき止め』を使えば、『パブロンキッズかぜ錠』は不要か、症状が変化してからの方が適してることをお話してお帰りいただいた。

 始めに風邪薬を使ってしまうと、その処理で体が疲れて本当の風邪に進行してしまう可能性もある。

 そしてお客様が自分用に『葛根湯』の液剤を購入されたので、家に錠剤か顆粒剤があれば、上半身を温める『葛根湯』は子供の鼻水に効くことをお話した。

 ただし、『葛根湯』は咳の原因にもなるから『桔梗湯』との併用か、『麦門冬湯』での補助が望ましい。

 それこそ、『浅田飴こどもせき止め』ではなく普通の『浅田飴』を使うというのも手だろう。

 お客様が『ルルアタックFX』をレジに持ってきたけれど、症状を詳しく訊くと喉の痛みに『パブロンエースAX』を服用し、風邪がぶり返したのか頭痛がするとのことだった。

 他の症状が無ければ鎮痛剤で良いように思えたけれど、風邪薬を希望されたためトラネキサム酸とイブプロフェンが入っている『ルルアタックEX』を勧めて変更となった。

 実のところ最初の主訴が喉の痛みであったのならば、鎮痛剤の効能にも咽頭痛と書いてあるから風邪薬は不要なのだけれど、案外とそれを知らなくて風邪薬に飛びついてしまう人が多い。

 でも風邪薬には複数の症状に対応した成分が入っており、体の方は起きていない症状の成分が入ってくればそれも処理しなければならないため、その処理に体力を使ってしまい本格的な風邪に進んでしまうので気をつけた方が良い。

 

風邪においての現代薬と漢方薬の使い分け

 お客様が『アデロンゴールド』と『葛根湯』を見較べていて乾いた咳をしていたため気にかけていたところ、両方をレジに持ってきたので『葛根湯』は乾燥性の咳には適応しないことを伝えた。
 すると『アデロンゴールド』は自分用で、『葛根湯』は小学生の子供用に常備しておくとのことだった。
 『葛根湯』の適用について興味を示されたので、風邪に限らず肩こりなど上半身を温めると改善する症状に適応することを説明し、喉が痛む場合には『桔梗湯』との併用や、上半身を冷やして治す『銀翹散』との使い分けを説明した。
 また、発熱してからは『麻黄湯』に乗り換えることと、吐き気のある風邪に市販薬で対応できるのは『柴胡桂枝湯』くらいしか無いことを教えたところ、今回は『葛根湯』『柴胡桂枝湯』に変更して『アデロンゴールド』と一緒に購入された。
 風邪においての現代薬と漢方薬の使い分けとしては、今を乗り切れば後はゆっくり休めるという場合に現代薬を使い、まだ予感の段階や先が長いという場合には漢方薬で体力を維持しながら乗り切るという方法が考えられる。
 または昼間は直接的に症状を抑えるために現代薬を使い、夜は体を回復させるために『柴胡桂枝湯』を使うという方法もあることを伝えた。

 お客様が『新ルルA錠』をレジに持ってきたが、咳の有無を尋ねると無いそうで、主訴は喉の痛みと色のついた鼻水ということから『新ルルAゴールドDX』の方を勧めて変更となった。
 すると、いつもは『新ルルAゴールドDX』を買っているとのことだった。
 うう……、どうしてそんなテキトーな買い方をしているのか……。
 どれも似てはいるが、まずは咳があることが条件となる。
 そのうえで『新ルルA錠』を基本と考えた場合、他の二つは鼻水が酷い場合に有効で、なおかつ喉の痛みが強い場合には『新ルルAゴールドDX』の方が向いていると考えられるから、症状との対応を確認してもらいたいところ。

 

相談第一! 薬を買わなくても構いません

 お客様から、風邪以外に喉が痛くなることがあるのか訊かれたので、外部からの侵入だとウイルスだけでなく花粉でも起こり、喉の奥の場合は胃炎や逆流性食道炎でもなることを説明した。
 すると、主訴は喉の痛みと血痰で、風邪薬を飲んだけど治らなかったとのことだった。
 使った風邪薬の銘柄は不明なものの、意外と総合風邪薬には喉の炎症を抑える成分が入っていないことを伝えた。
 血痰については医師からは「問題無い」と言われたものの、セカンドオピニオンで病院を変えようかと言うので、紹介状を書いてもらうよう勧めた。
 ただ病院を変えるだけだと診療履歴が継続されなくなり、患者が病院を転々としていることを医師が把握できなくなるのは好ましくない。
 お客様は神経質そうな感じもあったため、血管が浅いと切れやすいことをお話した。
 そして『ペラックT』と『駆風解毒湯』を案内したところ、ポリープの話も出たため実際には何もできていないのに喉が締まる感じがする場合の『半夏厚朴湯』も紹介してみた。
 本日は相談のみで、お買い上げは無し。

 お客様から『葛根湯』を求められたが、奥さんが鼻水と喉の痛みを訴え微熱もあるというため、単独では適応しないと考えられるため、『桔梗湯』との併用を提案した。
 しかし、だるさもあると分かったので、疲労で熱が出せないことによる微熱の可能性をお話して、『柴胡桂枝湯』を案内したところ、直前にはお腹を壊しており、以前に購入した物があるという。
 『葛根湯』は胃腸に負担をかけるから、そういう時には使ってはいけない。
 むしろ、すぐにでも連絡して『柴胡桂枝湯』を服用してもらうのが一番と勧めて、本日はお買上げは無しとなった。
 ただ、お帰りになってから喉の痛みにだけ『ペラックT』を案内しても良かったかもしれないと気がついた。

 閉店時間を過ぎてお店を閉めようというタイミングでお客様が来店し、数日前に打撲したとのことで『サロンパス』に興味を持たれたが、以前に使ったことがあるのは『フェイタス』シリーズだったというため、同じ物かインドメタシン製剤を使ってみてはと提案した。
 ただ購入は無く、外に出てからメモをしていたと他の従業員から聞いたので、もしかしたら価格調査だったのかも。

 

咳が無いのであれば風邪薬を選ぶ必要はありません

 お客様が『葛根湯』『桔梗湯』『銀翹散』を見較べていたため声をかけたところ、高校生の子供が昨日から咳が出てダルさを訴えているらしく、3日後が遠足だとのこと。
 上半身を温める『葛根湯』は咳には適さないことと、喉の痛みが無いのであれば『桔梗湯』『銀翹散』も候補にはならないのだが、風邪に適応する漢方薬をと考えたのだろう。
 ダルさがあることを考えると、すでに胃腸の機能が低下している可能性を説明し、咳止めには『五虎湯』を使い、ダルさに『柴胡桂枝湯』を組み合わせる方法を提案した。
 しかし粉薬は飲めないそうで、味についても気にされたため味に関しては生薬によって違い、『五虎湯』はともかく『柴胡桂枝湯』は比較的味は悪くないことをお話ししたが、やはり難しいようだ。
 味の不味さで云えば、『葛根湯』に較べたら大抵の漢方薬は飲みやすいと思うんだけどね。
 お客様自身は『ホノビエン錠』を普段使っているらしく、子供に飲ませてみたが効かなかったという。
 中身は『荊芥連翹湯』と現代薬を合わせた物で、『荊芥連翹湯』は鼻づまりや熱性のニキビに使うのだから、咳に適応するとは思えないのだけれど、どうして飲ませようと思ったのか(^_^;)
 それから、お客様から栄養ドリンクについて尋ねられ、以前に風邪薬は病院から処方されたさいに薬剤師から勧められた物が家にあるというのだが銘柄は不明なため、良いとも悪いとも判断がつかない。
 栄養ドリンクは大きく分けて、体に気合を入れるだけのタイプと体を下支えするタイプがあることを説明し、下支えしつつ気管支を潤す効果が期待できる『新ヒストミンゴールド液』を案内したところ購入を決められた。
 そして、漢方薬と現代薬を合わせた『新エスタック錠』(葛根湯加桔梗)の併用を提案し、一緒にお買い上げ頂いた。
 現代薬の成分に咳止めが入っているから、咳による体力の消耗は防げるはずである。
 とにかく体力の温存が必要なので内臓を休ませ、エネルギーを治すほうに集中させるために、本人の食事は量を控えて消化の良い物にするようお話をした。

 お客様が『パブロンエースAX』や『ベンザブロックSプラス』などを見ていて、『プレコール持続性カプセル』をレジに持ってきたのだが、マスクに鼻水が滲みるほどだったため主訴を確認したところ、やはり透明な鼻水が多く出るというお話だった。
 他に症状はないと言うから、風邪薬ではなく鼻炎薬の方が効果的で体への負担も少ないことを説明したのだけれど、風邪薬を希望されたことからベラドンナ総アルカロイドが鼻汁の分泌を抑えることを説明し、『ルルアタックNX』を使っていただくことになった。
 本当のところ市販の風邪薬は、もれなく咳止め成分が入っていて、その成分によっては体がダルくなるから、咳が無いのであれば風邪薬を選ぶ必要は無い。
 そして透明な鼻水は内臓の冷えが原因と考えられるため、体を外からではなく中から温めることが重要なことをお話し、温かい物を積極的に飲むことと入浴を長めにすること、あと半身を厚着するよう勧めた。

 

患者さん自身が病気を決めてしまうのも問題あり?

 お客様が『桔梗湯』をレジに持ってきたのだけれど、鼻水が出ていたため適応しないことをお話した。
 『桔梗湯』は喉の炎症などにおいて冷やす力が強く、お腹の弱い人の場合は下してしまうこともある。
 そして鼻水が出る時というのは内臓が冷えている時なので、『桔梗湯』は避けた方が良い。
 お客様は、痛むのは喉の奥だと言うので胃炎の可能性をお話したのだが、「風邪だから」と否定された。
 もちろん登録販売者は病気の診断なんかできないし、診断できるのは法的にも技術的にも医師だけ。
 その点からすると、患者さん自身が病気を決めてしまうのも問題あるんだよね。
 そして透明の鼻水は風邪とは関係ないと考えられるのだけれど、どうしても鼻水や喉の痛みを風邪と直結して考えられやすい。
 とりあえずお客様の要望を満たすのが優先なので、喉の痛みには『駆風解毒湯』を案内し、お使いいただくことになった。
 鼻水の方は、お風呂に長めに入るとか温かい物を飲むとかするだけで対応は充分なことをお話すると、それは納得していただけた模様。
 また、体がだるいと言うので『柴胡桂枝湯』を紹介した。
 ドリンク剤を一緒に飲んで良いか訊かれたから、食事を控えるなら良い選択ですと答え、そのさいにはノンカフェインの物をと『新ヒストミンゴールド液』を勧めた。
 カフェインが入ってる栄養剤は、そのせいで体が元気になったと錯覚するだけなので、それで無理をしてしまうと本当の風邪に進行してしまう危険がある。

 幼児を連れた夫婦のお客様が来店し『ルルアタックEX』を見ていたため気にかけていたところ、『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたので使用者を確認すると奥さんだったのだが、授乳はしていないとのこと。
 ただ、主訴は喉の痛みだそうなので、風邪薬としては喉の痛みに対応する成分の入っていない『パブロンSゴールドW』より、『ルルアタックEX』の方が向いている。
 どうして『ルルアタックEX』を見ていたのに、『パブロンSゴールドW』を選んでしまったのか不思議でならない。
 おそらく、私たちとは見ているところが違うのだろう。
 いずれにせよ、他に症状は無いそうなので風邪薬を最初に使うより喉の痛みに特化してはと提案し、『ペラックT』と『龍角散ダイレクトスティック』を案内してみた。
 そして本日は、『ペラックT』を使っていただくことになった。
 また、喉の奥の方が痛むようなので胃の不具合の可能性があることも伝えた。

 やや高齢のお客様から喉の痛みと熱感を相談され、ごく初期とのお話だったので『葛根湯』を提案したところ、すでに服用して効かなかったというので『銀翹散』も案内してみたが、現代薬を希望されたため『パブロンエースAX』を紹介して、お買い上げいただいた。
 『葛根湯』は上半身を温めて治すものなので、すでにタイミングが遅くて合わなかったのかもしれない。
 そういう意味では『葛根湯』は持ち歩いて、出先で悪寒がしたり喉が痛い気がした段階ですぐに使うのが望ましいことを伝えた。
 また、脳は風邪を治すためのエネルギーを欲しがって空腹を訴えるかもしれないけれど、内臓の方は先に弱ってると考えられるため、食事は量を控えて消化に良いものにするよう勧めた。

 

お店の系列ごとにパッケージデザインが違う薬もあります

 お客様からクラシエ薬品の『葛根湯』をという注文を受け売り場を案内してみたら、お客様がスマホで撮ってきた物とはパッケージデザインが違ったため、購入を躊躇われた。
 『葛根湯』自体は古い処方なのでエキスの濃縮の違いなどはあるものの、体質との相性もあるため濃ければ良いという物でもない。
 それに製薬メーカーによってはドラッグストアーの系列ごとにパッケージデザインを変えたり、あるいはスーパーの医薬品売り場に卸す商品は違うデザインにしていたりするので、あまりパッケージにこだわる意味は無い事をお話した。
 しかし、結果としては今日のところはお買い上げは無しとなった。
 ただお客様は、 風邪の中期に用いる『麻黄湯』や後期に適用する『柴胡桂枝湯』をご存知無いようだったので、紹介してみた。
 また、風邪の初期に使う『葛根湯』は上半身を温める一方で胃に負担がかかるため、胃の弱い人は最初から『柴胡桂枝湯』で通す方法もあることをお話した。

 『銀翹散』『桔梗湯』を一緒に購入されるお客様に、どちらも体を冷やすため併用しないように伝えたところ、そもそも内容を知らないようだった。
 喉の痛みだけが主訴であれば『桔梗湯』を単独で使うか、喉が痛くて風邪の予兆がある時には『銀翹散』を単独で使うよう勧めた。
 また、体が冷えて鼻水が出る一方で喉の痛みがあるというような場合には、上半身を温める『葛根湯』と体の中を冷やす『桔梗湯』の組み合わせの方が汎用性があることを伝えた。
 本日は、『銀翹散』をお買い上げ。

 『パブロンSゴールドW』を購入されるお客様から、他に栄養ドリンクは飲んだ方が良いか訊かれた。
 ご主人が風邪をひいたそうで、食事をしないのであればノンカフェインの『新ヒストミンゴールド液』を、食べるのなら特に栄養ドリンクは必要無いことをお話し、『パブロン SゴールドW』のみを、お買い上げいただいた。
 風邪をひくとどうしても栄養を摂らなければと考えがちだが、風邪には何よりも体を休めることが一番。
 そして体を休めるというのは、内臓を休めることも含めてなので、普段よほど不摂生して栄養不足な生活をしているのでなければ、無理に食事や栄養ドリンクを摂らなくても良い。

 

総合風邪薬の得意な症状と起きる症状が一致するとは限らない

 お客様から普段、喉から風邪になるとのことで常備薬の相談を受け、総合風邪薬を選ぶか症状別で揃えるかをお話ししたところ、『ベンザブロックL』を以前は使っていたとのこと。
 家に鎮痛剤があるかを尋ねると『ナロンエース』があると言うので、喉が痛くなった時には先に『ペラックT』を単独で使い、発熱や頭痛になったら『ナロンエース』を併用するという方法を提案し『ペラックT』をお買い上げいただいた。
 総合風邪薬を1つ揃えておくというのは手軽だけれど、その総合風邪薬の得意な症状と、起きる症状が一致するとは限らないから、私は症状別の薬を小容量で揃えるのを推したいところ。
 また、お客様の家には『葛根湯』があるそうなので、家に置いておくよりも常に携帯して頭が重く感じたり悪寒を感じたり、或いは喉の違和感を感じた時にすぐに服用してみるようお話しした。
 お客様からは、「薬の使い方は難しい」と言われたので、電話でも相談を受けますと伝えた。
 実際、家にある薬を服用して良いか電話で問い合わせを受けたことは何回かある。

 お客様が『葛根湯』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと鼻水とのことで、鼻水には適応するものの喉の痛みには『桔梗湯』を併用した方が効果的なことをお話しした。
 しかし一つの薬で済ませたいと言うので、『ルルアタックEX』を案内し変更となった。
 ただ帰りぎわに、喉の痛みはそれほどではなく違和感程度だと言うので、そのまま『葛根湯』でも良かったかもしれない。
 なぜ最初に、喉が痛いと言われたのか(^_^;)
 喉は胃とつながっているから炎症は影響するし、鼻水は胃の不具合とも関係するため、食事を消化の良いものにとお話したのだが、もう買い物袋には夕食も買ってあるようだった。
 ううん、食事を買う前にドラッグストアーに来てくれればなぁ。

 成人のお客様が母親と来店し『桔梗湯』を2つレジに持ってきたため、お腹の冷えすぎに気をつけるよう伝えたところ興味を持たれた様なので、比較として患部を冷やしつつ熱を発散する『駆風解毒湯』を紹介したところ、1つを交換して購入された。
 『桔梗湯』は冷やす力が強いので炎症に効果を期待できる一方、悪寒や鼻水がある時には体を冷やしすぎるので『葛根湯』との併用が良い。
 鼻水などの冷えを示す症状が無い喉の痛む風邪にはと、『銀翹散』も紹介した。

 
ページ:1234567891011»