Tagged with " 柴胡桂枝湯"

患者本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないと困る

 お客様が『パープルショットW』と『イソジン』と『ヴィックスドロップ』をレジに持ってきたのでヒアリングすると、喉の痛みを訴えている成人の息子さんから頼まれたらしい。

 しかし抗炎症剤の入っている『パープルショットW』以外は、効果の面で勧められないことを説明すると、数日前に発熱したというので『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を紹介したところ、両方を一緒に使って良いか尋ねられたため、問題はないものの併用するのはモッタイナイかもとお話した。

 体内の乾燥を考えれば、上半身を潤す『麦門冬湯』も候補になるのだけれど、本人がどういう意図で薬を指定したのか分からないうえ、その中に内服薬が無かったため、今回は候補から外した。

 結局お客様は『ペラックT』と『パブロントローチAZ』の両方を購入され、風邪で体を休めるのは内臓も含めてという事をお話し、胃を悪くしている可能性を伝えると、本人は胃の具合も悪いとのことだった。

 ううむ、それなら『柴胡桂枝湯』も候補にしたんだけどな。

 普通の買い物を頼むように薬の銘柄を指定してしまう気持ちは分かるけれど、今の症状と症状の経過の情報をこそ、実際に買いに出る人に伝えておいてほしいし、引き受ける人も確認してもらいたいところ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000Z21HFA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B000Z21HFA

 お客様から成人の息子さんが、微熱と節々の痛みを訴えていて『葛根湯』を飲ませて効かなかったようだと相談された。

 すでに節々の痛みが出ているようでは『葛根湯』では遅いため、次の選択として『麻黄湯』が適応することをお話したところ、すでに体がだるいという。

 となると『麻黄湯』を飛ばして、『柴胡桂枝湯』を使った方が良いだろう。

 『柴胡桂枝湯』をお買い上げいただき、微熱なのは熱を出す体力が無いからかもとお話して、内臓を休ませることが回復に必要なことを伝え、消化の良い食事を量を少なめにと勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CW82ZGA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00CW82ZGA

 お客様が『のどぬ~るスプレー』をレジに持ってきたけれど、消毒系で炎症を抑える物ではないことを伝えたところ、発熱して病院で何か薬を処方されたそうだけども、処方の内容は不明。

 解熱剤だけなのか抗生物質や去痰剤が出たのかも分からないと判断のしようがないが、トラネキサム酸やグリチルリチン酸などが処方されている可能性を考え、アズレン製剤を提案し『アズリートのどスプレー』に変更となった。

 お客様には発熱により体内が乾燥してる可能性をお話して、上半身を潤す『麦門冬湯』を紹介し、喉が痛む間は噛まないで口の中で崩れる食事をするよう勧めた。

 普通に食事をして、食べ物が炎症している患部を擦るのも良くないので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FJUA498?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FJUA498

 

 

患者さん本人にヒアリングできれば薬の適応の精度も上がる

 お客様が風邪薬の棚で電話をしていたため気にかけていたところ、『ベンザブロックIPプラス』を選び購入された。

 お会計しながらヒアリングすると、患者は奥さんで発熱と咳があるとのこと。

 おそらく、電話で奥さんに症状を尋ねていたのだろうけど、その電話をこっちに繋いでもらえればなー(;´д`)

 まぁ咳があるのなら、適用するので今回は問題無し。

 お客様には、食欲があっても内臓を休めるために、消化に良い食事をして量を控えるようにと伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4KOQVA?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4KOQVA

 夫婦のお客様が来店し、ご主人が食べ過ぎによる胃もたれというので、元々体が丈夫な場合として『第一三共胃腸薬』や『パンシロンキュア』などを紹介したうえで、疲労による機能低下に適応した『大正漢方胃腸薬』と『ギャクリア』(六君子湯)を案内したところ、迷われたが『ギャクリア』を購入された。

 食欲はあるということだったけれど、 それは脳が感じているだけのことで、胃腸は休めた方が良いことをお話した。

 やはり、患者さん本人にヒアリングできる方が、薬を候補に挙げるさいに適応の精度が上がるし、こうして養生法も伝えられるので良い。

 また、飲み会では刺身のツマの大根と揚げ物についてくるキャベツは積極的に食べるよう勧めた。

 何しろ大根には消化酵素が含まれているし、それこそキャベツは『キャベジン』の主成分の発見につながった食べ物なので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00MA6KJ3U?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00MA6KJ3U

 お客様から『龍角散ダイレクト』の3種類の違いを質問をされ、スティックはミントとピーチの味の違いだけで去痰成分が入っており、トローチは去痰剤を抜いてあるものの舐めることで患部を冷やして炎症を抑えることを説明した。

 患者はご主人で、喉の痛みを訴えていて微熱もあるということから風邪薬についても質問されたが、咳は無いというので、『銀翹散』と、もしくは『柴胡桂枝湯』と『ペラックT』を併用する方法を提案した。

 今回は『龍角散ダイレクトスティック』を、お買い上げいただいた。

 ご主人は花粉症があるそうで鼻炎薬と併用しても大丈夫か尋ねられ、大丈夫ですと答えた。

 先に鼻炎の話を聞きたかったとは思うものの、こうして併用について確認してもらえるだけでも珍しいので助かる。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q9573S?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B007Q9573S

 お客様が『ダマリンL』をレジに持ってきたけれど、患部は爪の間とのことで、半年ほど続いているというため、本当に水虫なのかを確認するのに専門家のアドバイスを受けるうえでも受診してみるよう勧めたところ、購入は取りやめとなった。

 水虫に湿疹の薬を使った場合は痒み止めと抗炎症剤が入ってるだけなので問題は無いのだが、その反対に湿疹に水虫の薬を使ってしまうと殺菌剤が刺激物であるため、患部の治りを阻害してしまう可能性がある。

 極端な例では、3年ほど水虫の薬を使い続けていた高齢の患者さんが、湿疹の薬に変えたら2週間ほどで治ってしまったということもあるので、やはりまずは水虫かどうかの確定が必要だ。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0010Y5CEE?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B0010Y5CEE

 

 

患者さんの気持ちが読めない

 やや高齢のお客様が『南天のど飴』を購入されるさいに、喉の痛みより咳寄りであることを伝えたものの無反応だったため、喉を開いて呼吸しやすくする薬であることも説明すると「知ってます」と言われた。

 気分を害してしまったかもと思い、知らずに買う人が多いことを伝えると驚かれた。

 個人的に調べたのだろうか、それとも医療関係者だったんだろうか。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LIJXMFM?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00LIJXMFM

 お客様から喉の痛みと鼻水とのことで風邪薬の相談を受け、咳は無いというため、鼻炎薬と喉の薬の組み合わせを提案すると、他のドラッグストアーでは『新ルルA錠』を勧められたというお話だった。

 お客様からは「ありがとうございます」と言われ、その後は自分で『新ルルAゴールドDX』を選んで購入された。

 『新ルルAゴールドDX』の方には喉の炎症を抑えるトラネキサム酸が入っているから良い選択だが、なぜか「喉は痛くない」と話が変わってしまった。

 それならば『新ルルA錠』で良いのだけれど、はて……?

 不思議なことといえば、そのお客様は料理本を見ながら薬を選んでいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4KG5JQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4KG5JQ

 お客様が『セイロガン糖衣A錠』をレジに持ってきたさいに、『正露丸』から抗炎症や鎮痙攣の成分が抜いてあることを伝えると驚かれたため、『正露丸』との処方の違いを説明した。

 すると主訴は下痢と腹痛で、「胃腸炎かも」というので『柴胡桂枝湯』を紹介したものの興味を示さなかったので、『エクトールDX』を案内し、そちらをお買い上げいただいた。

 処方としては、いわゆる昔ながらの赤玉と同じである。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FQGFEY0?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FQGFEY0

 

 

発症している子供は急変に備えて目の届く部屋に寝かせて

 お客様が『キッズバファリンかぜシロップS』を購入されるさいにヒアリングすると、すでに子供に飲ませていて追加分とのお話だった。

 黄色い洟(はな)が出ているようだが、咳や発熱などが無いのであれば、もう風邪薬の出番は終わっていることを伝えたうえで、下半身を保温して温かい物を積極的に飲ませるよう伝えた。

 そしたら説明してる間に二人の子供が走り回って、下の子供がドリンク剤を割ってしまった。

 子供の動きにも目を配るべきだったか……。

 怪我が無くて良かったけどε-(´∀`*)ホッ

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B013QG6HHO?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B013QG6HHO

 お客様から子供用の「洗えるマスクを」と注文されたけれど、うちのお店では取り扱っていない。

 3歳の子供が発熱して鼻水があり、下の子供への感染が心配というお話だったので、ウイルスは飛沫感染するものだから患者にマスクをさせるのも有効だけれど、手の触れる物を拭き掃除して、ウイルスは湿度に弱いため喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をさせるのも予防になることを説明した。

 また、発症している子供は急変に備えて目の届く居間などに寝かせて、元気な方の子供を隔離するよう勧めた。

 自身は黄色い洟(はな)が出ているそうで、薬を飲んだ方が良いか訊かれたため、現代薬には予防になる物は無く、むしろ体に戦ってもらうために薬を飲まずに感染予防のためにマスクをするよう勧めたうえで、抵抗力を高めることが期待できる『柴胡桂枝湯』を紹介した。

 それから、処方された解熱剤を冷蔵庫に保管してるというので、夏場に高温な部屋に放置ならともかく、むしろ変質させてしまう可能性があるためやめるように伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00EP56NU2?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00EP56NU2

 お客様から『ワセリン』を求められ、白色ワセリンの他に空気を入れたクリームタイプと純度の高い物も紹介した。

 眼科で目薬をさした後に目尻に塗るように指示されたとのことで、やわらかく少量を塗りやすいクリームタイプの『ベビーワセリン』を案内して、お買い上げ頂いた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01FBP0SE6?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B01FBP0SE6

 

 

使った薬が分かるのと分からないのとでは案内の精度が変わります

 お客様から風邪の相談を受け、鼻水と喉の痛みと咳が一週間以上続いているそうで、『ベンザブロック』シリーズと『ルルアタックシリーズ』を使ったというのだが、それぞれどの銘柄だったかは覚えていなかった。

 そしていつもは『パブロンゴールドA』を使っているというものの、現在は咳はそれほどでもなく、鼻水も透明だそうなので、風邪としては終わっている可能性をお話したうえで『ペラックT』と鼻炎薬の組み合わせを提案した。

 すると、明日には病院に行くとのことから、風邪の回復期に使う『柴胡桂枝湯』をお勧めしてお買い上げいただいた。

 鼻と喉は繋がっており、そのままさらに下の方の胃を悪くしている可能性があることをお話して、食事の量を控えるよう勧めると、お腹が空くというので濃い味の物で脳を騙すように伝えた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B010CRU0T6?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B010CRU0T6

 お客様が『正露丸クイックC』を購入しようとしたが、鎮痙攣や抗炎症の成分が入ってないことを伝えると驚かれたので、普通の『正露丸』との比較を説明した。

 『正露丸』の匂いを嫌う人は多いけれど、腸には味覚も嗅覚も備わっているので、あの匂いこそ必要なんである。

 主訴は腹痛を伴う下痢だというので、『エクトールDX』の方が適応していると考えられることを説明し、変更となった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B071WVTFM6?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B071WVTFM6

 お客様から他店のプライベートブランドの咳止めが効かなかったと相談され、現物を持ってきていたので外箱を確認してみると、覚醒剤成分と麻薬成分の含まれている物だった。

 覚醒剤成分で気道を開いて呼吸をしやすくし、麻薬成分で咳をする神経の反応抑えるのだが、この組み合わせで効かなかったとなると、他の咳止めを選んだところで同様だろう。

 適当に他の咳止めを選ばず、相談してもらえて良かった。

 咳は寝られないほどではないようだが、患部を冷やすか潤すのが必要だと思い、患部を冷やすのに『ルキノンせき止め錠』を、潤すのに『麦門冬湯』を案内したところ後者をお買い上げいただいた。

 咳は胃炎でも起きることを説明し、消化に良い食事をすることと、炎症を抑えるために積極的に温かい物を飲んで体の中を保温するよう勧めた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005UJ0Y5M?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B005UJ0Y5M

 

 

お客様の考えた薬の候補も教えて下さい

 子供を連れたお客様から、『葛根湯』『麻黄湯』の違いについて質問をされたので、『柴胡桂枝湯』も交えて、症状がハッキリしていない風邪の初期に使うのが『葛根湯』であり、発熱時や関節痛のある中期に適応するのが『麻黄湯』、解熱後の体力の低下を防ぐのに『柴胡桂枝湯』をと説明した。

 置き薬にしたいとのことから、家に置いておくより持ち歩いて早め早めに服用するのが効果的な『葛根湯』を勧めてお買い上げいただいた。

 ただ、いつも喉から風邪になるというので、喉の痛みだけでは風邪とは限らないことと、喉の痛みが強い時には上半身を温める『葛根湯』は向かないので、反対に上半身を冷やす『銀翹散』を紹介した。

 一度売り場を離れた後で、子供だけが『イブA』を買いに来て困ったが、お客様自身はまだ店内にいて一緒に来ている状況なので、そのまま販売した。

 もし本当に子供だけが買いに来ていたら、もちろんヒアリングするのだけれど。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005UJ0W7W?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B005UJ0W7W

 お客様が『浅田飴こどもせきどめドロップ』を購入されるさいにヒアリングすると、置き薬にするとのこと。

 ただ、『浅田飴こどもせきどめドロップ』の処方内容は、いわゆる『浅田飴』と比べると現代薬寄りで強めの薬なため、のど飴の感覚で舐めさせないように注意喚起した。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B015BXZ85W?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B015BXZ85W

 お客様が風邪薬の棚で迷ってる様子だったので声をかけてみたが、案内は断られた。

 そして、『パブロンエースPro』をレジに持ってきたものの、主訴は喉の痛みと鼻づまりで咳は無いというため、起きている症状に狙いを定めてはと提案し、患部を冷やす『龍角散ダイレクト』の効能に鼻づまりは書いていないが、喉と鼻は繋がっているので対応できることを説明したところ変更となった。

 ただ、後になって『葛根湯』はどうかと質問され、同系統では『葛根湯加川きゅう辛夷』が鼻づまりには適応することを紹介しておきながら、上半身を冷やして喉の痛みと鼻づまりの双方に効果が期待できる『銀翹散』を候補にするのを忘れてしまった。

 全くもって言い訳だが、最初に現代薬を選ばれていたから漢方薬を候補から外していたので、『葛根湯』がお客様の候補に入っていると分かっていれば、『龍角散ダイレクト』ではなく『銀翹散』を案内していたのに……(´・ω・`)ショボーン

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q9573S?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B007Q9573S

 

 

家にある薬の相談もどうぞ

 お客様が『パブロンキッズかぜ錠』を購入されるさいに、咳があるか尋ねると主訴は鼻水だけだそうだが、いつも使っているという。

 処方としては咳止めに振ってある薬なので、鼻水の色を確認していただくよう勧め、透明な鼻水だけであれば体を温めることで薬を使わずとも治るかもしれないとお話した。

 特に気をつけなければならないのは、上着は重ね着してても下半身の厚着を忘れがちなので、お腹周りを温めるよう伝えた。

【第2類医薬品】パブロンキッズかぜ錠 40錠
参考価格:¥ 972
実売価格:¥ 792
値引率:19%
Amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が『新キャベ2』や『新ルルAゴールドS』と一緒に『五虎湯』を購入されるようなのでヒアリングしたところ、成人の息子さんがいつも咳止めに『五虎湯』を使っているとのこと。

 しかし『五虎湯』が適応するのは、夜寝る時など体が温まって出る咳であることをお話しすると、話そうとしたりして息をすると咳が出るようだというため、体内が乾燥してる可能性を説明して『麦門冬湯』を紹介してみたら変更となった。

 乾燥性の咳は胃炎の可能性も考えられることをお話しすると、自身が飲んでいる『柴胡桂枝湯』を飲ませて良いか尋ねられ、良い方法ですと答えた。

 もっとも、『麦門冬湯』自体が咳止めというより胃薬の処方に近いので、『麦門冬湯』だけで十分だとは思われることを付け加えた。

 お客様自身は『葛根湯』を飲むと胃もたれするというので、もとより『葛根湯』は胃に負担がかかる処方であることを説明し、それこそ代わりに『柴胡桂枝湯』を使うよう勧めた。

 せっかく持っている薬も、使い方を確認してもらわないと宝の持ち腐れになってしまう。

 お客様には、家にある薬についても電話で店に問い合わせていただいて構いませんと伝えた。

【第2類医薬品】新キャベ2コーワ 30包
参考価格:¥ 1,620
実売価格:¥ 1,365
値引率:16%
Amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が、腰痛に冷湿布を勧められたというので、医師からなのか尋ねると最初は「そうだ」 という返事だったが、鎮痛効果や浸透力の違いなどで種類があることをお話すると、冷湿布を勧めてきたのは知人で、病院には行っていないと分かった。

 うちの奥さんもそうなんだけど、勢いで返事をされるのは困る。

 結果として嘘になってしまうから。

 悪気は無いんだろうけど(^_^;)

 患部を温めると気持ちが良いそうなので『ハリックス55EX温感』を案内して、お買い上げいただいた。

 お客様には現状を知るために、早めに病院に行くのも検討するようお話した。

【第3類医薬品】ハリックス55EX温感A 25枚
参考価格:
実売価格:¥ 803
値引率:%
Amazon.co.jp

 

効能に書いてある症状が全部揃う必要はありません

 お客様から乾燥肌の『ヘパソフトプラス』と『HPクリーム』の違いを尋ねられ、前者には痒み止めが入ってることを説明するとそちらを購入された。

 痒みが治まったら、薬の乗り換えを検討するよう伝えた。

【第2類医薬品】ヘパソフトプラス 85g
参考価格:¥ 1,728
実売価格:¥ 1,485
値引率:14%
Amazon.co.jp

 お客様が『麻黄湯』を見て迷っている様子だったため声をかけてみたところ、昨夜に喉の痛みを感じ今日は熱感があって、関節の痛みと悪寒がし、だるさもあるという。

 発熱していないので使うか迷っているというため、効能に書いてある症状が全部揃う必要は無いことを説明して勧め、お買い上げいただいた。

 パッケージに書いてある効能が全て当てはまらないと、その薬を使えないと思ってしまう人は案外多い。

 ただ、だるさもあることを考えると、この後の乗り換え先として『柴胡桂枝湯』も紹介しておいた。

 悪寒がしていることから、これから発熱する可能性はあり、熱を自力で発するよりも入浴したり温かい物を積極的に飲んで補助する方が、体力を消耗しないことを伝えた。

 また、内臓を休めるために食事は控えるよう伝えると、明日の仕事でお腹が空くかもというので、高カロリーで味の濃いインスタントスープを勧めた。

 満腹感で脳を騙せれば良いので。


 お客様からリップクリームを求められ売り場を案内しながら、唇の荒れは胃と関係することを伝えると興味を持たれたので、胃からつながって表に出ているのが唇であるため、唇で起きていることは胃でも起きている可能性が高いことをお話した。

 つまりは胃に優しい食事は、唇の荒れを防ぐのにも良いのだ。

【第3類医薬品】モアリップN 8g
参考価格:¥ 1,296
実売価格:¥ 790
値引率:39%
ABCドラッグ

 

選択肢は多いほうが良いけれど、迷わせてしまったらゴメンナサイ

 やや高齢のお客様が外用消炎剤の棚で成分の違うバップ剤を見較べていたのが気になり声をかけてみた。

 腰痛や膝痛に使うとのことで、成分によって鎮痛効果や浸透力が違うことを説明し、今回は使い慣れているらしい『サロンパス・ハイ』をお買い上げいただいた。

 急性の症状や痛みが強い時には、最初に強い薬を使って、痛みが弱まってきたら薬も弱い物に乗り換える方法を教えた。

 

 子供を連れたお客様から『新ビオフェルミンS』を尋ねられて、子供が使うのかなと思ったが本人が使うというので、納豆菌が乳酸菌を育てる『ザ・ガード』を紹介すると、用途は下痢とのことだった。

 そして、胃腸炎かもというので、整腸剤ではなく『柴胡桂枝湯』を使うよう勧めてお買い上げいただいた。

 

 若いお客様が、友人か家族らしい人と風邪薬の棚で話していて『プレコール持続性カプセル』をレジに持ってきたためヒアリングしてみると、喉の痛み以外の症状は無いとのこと。

 パッケージに「のどの痛み」と書いてあっても、対応する成分が少ない物もあることと、咳が無いのであれば風邪薬を使うことが体に負担をかけるため、喉の痛みに特化して『ペラックT』を提案すると、変更となった。

 ただ、予防的に飲める『銀翹散』も紹介したのだが、選択肢を増やしたことで、かえって迷わせてしまったようで反省。

 鼻水も少しあるとのことだったが、透明なようなので体の中から積極的に温めれば改善する可能性が高いと伝えた。

 具体的には、入浴をして温かい物を飲み、下半身に厚着をすることだ。

 

薬を買うときには店員にひと声かけて相談を

 お客様が胃腸薬の棚で迷っている様子だったため声をかけようかと思っていたところ、お客様が一旦他の売り場へ行き、戻ってきてから相談を受けた。

 主訴は吐き気と下痢で、一週間ほど前に風邪をひき、それがお腹に来たようだというお話から、市販薬で対応できるのは『柴胡桂枝湯』くらいしかないことを説明して、お買い上げいただいた。

 脱水症状を防ぐのが最優先なので、無理に栄養を摂ろうとせずにインスタント味噌汁やインスタントスープなどで充分とお話した。

 お客様が水虫の『ブテナロックVαクリーム』を購入されるさいに、患部周辺にも塗り広げるよう伝えたところ「足全体か」と訊かれたので、少なくとも足の裏には広げた方が効果的とお答えした。

 別に多く消費させて繰り返し買わせようというのではなく、メーカーの研究員さんが教えてくれたことである。

 営業さんの営業トークは信用ならないが、研究員さんの助言は参考になると思っているヽ(´ー`)ノ

 お客様が『イボコロリ液』を購入されるさいにヒアリングすると、足裏のイボで以前は芯があったとのこと。

 昔から繰り返してるというため靴の品質や歩き方の影響も考えられることを伝えると、以前にヘルニアを患ったそうだが、その前からもできやすかったという。

 病院では凍結か手術をと言われて断ったそうだが、専門家に相談することは大事なので、いずれ改めて受診するよう勧めた。

 実際に治療を受けるかどうかは患者が選択することであるから、くれぐれも自己判断の対応で悪化させないようにと伝えた。

 常連のお客様が来店し、咳が出るとのことで液剤を希望され、痰が出にくい場合の『ブロン液L』と、咳だけの場合の『新ブロン液エース』に『アネトンせき止め液』、喉の痛みを伴う場合の『ルキノンせき止め液』と『パブロンせき止め液』を案内すると、喉がイガイガするというので体内の乾燥を考え『新トニン液』をお買い上げいただいた。

 咳止めの液剤も並べてみると、成分によって性格が違うので、こうして相談してもらうのが良い。

 乾燥性の咳は胃炎の可能性も考えられるため、消化に良い食事をするよう勧めた。

 
ページ:1234567...31»