• タグ別アーカイブ: 柴胡桂枝湯
  • 患者本人に連絡が取れる時には、そのままヒアリングさせてほしい

     『パブロンSα』を手にしたお客様から風邪薬の相談を受け、総合風邪薬でも製品によって性格が異なることを説明したところ、海外に行くというので海外で入手しにくい薬を用意するよう勧めて、風邪にも胃腸炎にも使える『柴胡桂枝湯』を紹介した。

     すると『正露丸』も求められ、大幸薬品と他社製品でも処方が異なることと、通常の糖衣錠でも中身が違うことをお話ししたところ、『パブロンSα』と『柴胡桂枝湯』を購入された。

     昔からある『正露丸』の基本の処方は大幸薬品と変わらないが、他社製品では下痢をより止めやすくなるためにロートエキスが入っている。

     しかし、食中りなどの場合には下痢をピタリと止めてしまうのは好ましくない。

     一方で、トイレ事情が悪いであろう海外ではロートエキスが入っている方が助かるという考え方もある。

     さらに、糖衣錠の方は炎症と痙攣を抑える成分が抜いてあり、腸には味覚や嗅覚があるため、匂いも効果を発揮するのに必要だから、匂いのする通常のほうが良い。

     でも、海外に持っていくのに匂いがしない方にしたいという気持ちも分かる。

     だから、その方針はお客様自身に決めてもらわなければならない。

     それからお客様には、家にステロイド剤と抗生物質の塗り薬があれば、持っていくよう勧めた。

     海外で虫に刺されたり植物にかぶれた場合にステロイド剤が役に立つし、日本でなら擦り傷は消毒をせずとも水洗いするだけで大丈夫だが、海外では抗生物質があった方が安心である。


     お客様が消毒薬の『デシンA』をレジに持ってきたけれど、ご主人が家でけ怪我をして患部は腫れているというため、適応しないことを説明した。

     そして、炎症を抑えるステロイド剤と化膿止めの抗生物質が入った『テラ・コートリル』か『クロマイP軟膏』を提案したところ、お客様がご主人に電話で連絡を取り、購入をやめてお帰りになった。

     どういうやり取りがあったのかは分からないが、患部がズキズキ痛むようであれば病院を受診するよう勧めた。

     患部の詳細が分からないため、ステロイド剤と抗生剤のハイブリットを提案したけれど、実はステロイド剤は皮膚の免疫力を落として細菌の繁殖を促してしまう可能性があるため、抗生物質のみの『ドルマイシン軟膏』の方を本来は優先的に候補にしたかったところ。

     ううむ、患者本人に連絡が取れるというのは良いことなので、ご主人と電話を代わってもらいたかったな。

     

  • 咳が無いのに総合風邪薬を使うと、風邪で体がだるくなったのか副作用のせいなのか見分けが難しくなります

     お客様が『ルキノンエースα』をレジに持ってきたけれど、患者は奥さんで、微熱と体のだるさが主訴であり、咳は無く明日も出勤というため『柴胡桂枝湯』を紹介してみたものの、粉薬は駄目だとのことだった。

     総合風邪薬に入っている咳止め成分には麻薬系の物があり、それは余計に体をだるくさせてしまうので、鎮痛剤だけを使うことを提案し『バファリンルナi』を案内すると、『柴胡桂枝湯』と一緒に購入された。

     普段は粉薬は駄目と言っていても、目的とリスクを検討すれば使うかもしれないという判断か。

     患者さんの代理で薬を買いにいらした場合、その代理人の言うことが本当に本人の要望や判断と一致しているのかという問題があるので、可能であれば連絡できるのが望ましい。

     奥さんは普段は入浴せずシャワーのみとのことだったが、自分で発熱してエネルギーを消費させるより入浴した方が良い事をお話しし、消化によるエネルギーのロスを抑えるために消化に良い食事をして量を控えめにとも付け加えた。


     お客様から子供の喉の痛みに『のどスプレー』のイチゴ味を求められたけれど、うちの店には置いていないことと消毒系より抗炎症剤の入っている方が良いと考えられことを説明した。

     そしてアズレン製剤のスプレーに麦芽糖が入っている物を紹介すると、お買い上げいただいた。

     喉の痛みだけでは風邪とは限らず、胃炎でも起きるため、どちらにしても消化に良い食事に切り替えるよう勧めた。

     

  • 海外に持っていく常備薬は、海外で入手しにくい薬を用意しておくのをオススメ

     夫婦のお客様から睡眠剤を注文され、店頭で買えるのは睡眠補助剤であることを伝えたうえで『ドリエル』と『ウット』を案内したところ、奥さんは前者を使ったことがあり効いたとのことだが、効果には相性もあるのでご主人も同じにするかは検討が必要と説明した。

     例えば、鼻炎薬を服用したことがあるのなら、それで眠くなったかどうかが参考になる。

     海外に行くそうで、ご主人からは他に胃薬の棚を尋ねられ、海外で入手しにくい薬を用意しておいた方が良いとお話しし、『大正漢方胃腸薬』と、風邪にも胃腸炎にも使える『柴胡桂枝湯』を紹介すると、手にしていた『イブA』をキャンセルして『柴胡桂枝湯』を購入された。


     お客様から風邪薬の相談を受けたけれど、咳が少しと鼻炎が少しで、それまで喉が痛かったのが落ち着いたというため『ストナ去痰カプセル』を案内して、お買い上げいただいた。

     総合の風邪薬の多くには必ずと言って良いほど咳止め成分が入っていて、それは覚醒剤系と麻薬系だったりするから、咳が激しくないのに使うのは体へのリスクの方が高まってしまう。

     お客様にもそう説明して、症状からすると消化に良い食事をするだけで薬を使わずとも改善する可能性を伝えた。

     鼻も喉も胃とつながっているから、胃の不具合が喉の痛みや咳、あるいは鼻炎として現れることがあるので。

     

  • 薬のテレビCMでは情報不足のはずなのに、テレビCMで選ばれる不思議

     常連のお客様から、成人の息子さんの風邪の相談を受けたのだけれど、主訴は体のだるさとのことで、他に症状は無いのに『パブロンゴールドA』を飲んだというため、服用を中止するようお話しして『柴胡桂枝湯』を勧めたところ、購入された。

     食欲はあるそうだが、エネルギーを欲しい脳に騙されては駄目なので、消化に良い食事に切り替えるか量を控え、栄養ドリンクを使うのならばノンカフェインをと伝えると『ヒストミンゴールド液プラス』も一緒にお買い上げいただいた。

     お客様が、薬の中身が分からないからテレビCMで選ぶことが多いというため、相談してもらうのが一番ということと、相談してもらえるとこちらも勉強になるので助かりますと伝えた。


     やや高齢のお客様が、『のどスプレー』と『ヴィックスドロップ』をレジに持ってきたので、両方とも消毒系であり抗炎症の薬が別にあることを伝えると、一旦両方を取りやめとなり、アズレン製剤のスプレーのみ購入された。

     お客様には、薬を買うときにはまず店員を捕まえて相談してみるように勧めた。

     分からないのに、相談しないで何を基準に選んでいるのか、本当に不思議。

     いや、さっきのお客様はテレビCMと言ってたけど。

     でもテレビCMには、薬を使い分ける参考になる情報なんて入っていないから、やっぱり謎である。


     

     

  • 市販の総合風邪薬で一番怖い副作用は「効いた」と錯覚することかもしれません

     若い女性のお客様が『パブロンAゴールド』と『熱さまシート』をレジに持ってきたのでヒアリングしたところ、患者は彼氏で、咳は無く主訴は微熱とだるさだというため、すでに体力が低下していて熱が出せない可能性をお話し『柴胡桂枝湯』を紹介してみたが、粉は飲めないとのことだった。

     咳が無く微熱の症状で『パブロンAゴールド』を服用すると、体調が良くなったと錯覚してしまい、症状をこじらしてしまう可能性があるから、本当のところは避けてもらいたいのだけれど。

     代わりに体を下支えするために『ヒストミンゴールド液プラス』を案内し、そちらをお買い上げ頂いた。

     そしてその消化にもエネルギーが必要なので、無理に栄養を摂ろうと食事をさせずに、インスタントスープなどで水分と塩分を摂るだけにするか、消化に良い食事をさせるように勧めた。


     お客様から「太田胃散のように毎日飲める胃薬をちょうだい」と言われて胃腸薬の棚を案内すると、探していたのは『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』だった。

     そもそも『太田胃散』も毎日飲んで良い薬ではないし、『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』との共通点はパッケージが白いということだけだし、何が何だか分からない。

     とりあえずお客様には、『太田胃散』を毎日飲むと塩分の摂りすぎになったり腎臓に負担がかかったりするので、長期連用は良くないことを伝えた。

     また『ロキソニン』も注文され、薬剤師がいないので取り扱っていない事をお話し、化学構造式の似たイブプロフェン製剤での代用を提案すると、「好きだから」とのことだった。

     そしてご主人の喉の痛みにと『のどスプレー』を選ばれたけれど、消毒系なので抗炎症成分のアズレンが入っているスプレーを紹介すると変更となった。


     

     

  • 子供は親が買ってくる薬を使うしかないので、だからこそ店頭での相談と確認をお願いします

     中国人らしい若いお客様から、胃痛の相談を受けた。

     3日前に食べすぎて、その時は吐き気もしたとのこと。

     今は空腹時に痛むものの食欲はあるというため、『スクラート胃腸薬』を勧めてお買い上げいただいた。

     Google翻訳、マジ優秀(´∀`)

     Google 日本語入力は、変な誤訳が多いけど(^_^;)


     子供を連れたお客様が『マイフレンS』を2個レジに持ってきたけれど、主訴は咳で他の症状は無いというため、続けて飲む薬ではないことを説明し、症状に合わせ『ムヒこどもせきどめ』を案内したところ変更となった。

     お客様には、咳のある間は内臓が炎症している可能性があるのと、咳の衝撃により胃が疲れていることも考えられるため、胃に優しい食事をさせるよう勧めた。

     そしてお客様から風邪薬の選び方を質問されたので、まずは店員を捕まえて「どんな症状なのか」「いつからなのか」「何か使っている薬はあるか」を伝えるのが一番とお話ししたうえで、風邪の前兆の段階なら『葛根湯』を、熱が出てきたら『麻黄湯』に切り替え、解熱後には体力の維持のために『柴胡桂枝湯』を使う方法を伝えた。


     

     

  • 選んだ薬が同然合うこともあるかもしれませんが、クジ運が良かっただけかもしれません

     常連のお客様に以前に疲労の相談を受け、『ヒストミンゴールド液プラス』を勧めてお買い上げいただいたことがあり、今回は風邪の相談をされた。

     体がだるいというため『柴胡桂枝湯』を案内すると病院から処方された『清暑益気湯』がまだあるというので、先に使うよう勧めた。

     それから他にも、病院で機能性ディスペプシアのための胃薬が処方されており、自分で『タナベ胃腸薬ウルソ』を使ったら調子が良いとのお話だった。

     薬が合っていたのはなによりだけれど、担当医には使ったことを報告するようお願いした。

     詳しくお話を訊くと、以前に胆嚢の治療を受けたそうだから、『タナベ胃腸薬ウルソ』が適応するのもむべなるかな。

     主成分のウルソデオキシコール酸は保険の適応薬でもあるので、むしろ担当医に処方してもらえないか相談してみるよお勧めた。


     お客様が『エスタックイブ』を購入されたけれど、患者は成人している息子さんで、主訴は喉の痛みと咳が少しあるだけだという。

     主訴からすると咳止め成分に咳止め成分を重ねた『エスタックイブ』よりも、『ペラックT錠』や『パブロントローチAZ』の方が体への負担が少ないと考えられることを伝えると後者を一緒に購入された。

     あうっ、どうしても風邪薬を買わないと不安になってしまうか。

     喉の痛みは風邪に限らず、胃炎でもその炎症を喉の痛みと感じることがあるから、必ずと言っていいほど咳止めが入っている風邪薬に飛びつく前に、抗炎症剤や解熱鎮痛剤を先に試してもらった方が、体への負担が少なくて済むのになぁ。

     お客様には、風邪でも胃炎でも炎症している喉を刺激するのを避けるために、あまり噛まずに済む柔らかい食事に切り替えるよう勧めた。


     

     

  • 『キンカン』は虫刺されには向いてない? 『葛根湯』は風邪以外に何に使える?

     高齢のお客様から、疲労に『アリナミンEXプラス』が効かなかったと相談され、声が弱々しかったため、体を下支えする『柴胡桂枝湯』と、体を養う『人参養栄湯』を紹介してみた。

     しかし栄養ドリンクを希望されたので、ノンカフェインの『ヒストミンゴールド液プラス』を案内したところ、お買い上げいただいた。

     かかりつけ医はいるそうで、お買い上げ頂けたのは「よく説明してくれたから」と言われ恐縮。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     お客様が『キンカン』と『葛根湯』を購入されるので、『キンカン』は蚊に刺された程度にしか効かないことを伝えると、肩こりで使っているとのことだった。

     なるほど、だから『葛根湯』との組み合わせなのかと勝手に想像。

     『キンカン』は刺激で痒みを誤魔化すだけなので、虫刺されよりは刺激による血流改善の肩こりの方が向いている。

     すると、お客様が『葛根湯』は子供の風邪に使うと言われていたので、肩こりにも使えることを伝えると効能書きを見て「本当だ!? 書いてある!」と驚かれた。

     やはり声をかけてみないと、お客様が何を知っていて何を分かっていないのかというのは予想のしようがないのでした。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     お客様から風邪薬を希望されたけれど、主訴は喉の痛みで他には咳も無いというため、胃炎の可能性も伝えて『ペラックT』を案内したものの、本人は風邪と断言されるため『ルルアタックEX』を紹介すると、両方を購入された。

     いや、『ルルアタックEX』には『ペラックT』の主成分のトラネキサム酸が入っているから、一緒に買う必要は無いんですが、と説明したのに買われた。

     お客様には、消化にもエネルギーを使うためエネルギーのロスを抑えるには、消化に良い食事をして量を控え、内臓を休めるよう勧めた。

     代案を示したつもりが両方を選択されてしまうケースもあるので、やはり薬の説明というのは難しい。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 栄養ドリンクを冷やして飲むのはモッタイナイ? 早く効いてほしいなら常温で

     お客様から『OS-1』を希望され、お会計時に常温で飲む方が体に吸収されやすいと伝えた。

     世間一般の要望により『OS-1』だけでなく栄養ドリンクなんかも冷ケースで冷やしてはあるけれど、腸は体温より低い物を受け付けないので、冷やすのは効き目を落としているだけなんである。

     それからお客様には『OS-1』は、いわゆる経口補水液とは内容が異なるため、 多く飲む物ではないこともお話しした。

     これも言っておかないと、熱中症の「予防」とか別の目的で毎日飲んでいるなんて人もいるので。

     『OS-1』は予防ではなく、現に熱中症と思われる症状を呈しているか、発熱や下痢などで脱水症状を起こしている場合に使う物。

     自宅で介護している高齢者に毎日飲ませているというお話をお客様から聞いて、素で「ギャッΣ(゚Д゚)!!」と声を上げ驚いてしまったこともある。

     修行が足りなくてスイマセン。

     特に、ミネラル分が多いから腎臓に負担がかかることは知っておいてもらいたい。

     加齢によって高齢者は腎機能が落ちていると考えられ、胃腸薬なども気をつけなければならないのです。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     常連の夫婦のお客様が来店し、ご主人が医師から声帯の片側が薄くなっていて、手術か注射での治療を勧められているとのことで相談を受けた。

     心配な場合はセカンドオピニオンを受けるとして、手術は悩んでいるうちに10年経ってからするより、回復力のある年齢のうちにした方が良いでしょうとお話しした。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     やや高齢のお客様がタウリンドリンクを購入されるさいに、2種類の生薬の加わった『キューピーコーワαドリンク』を紹介してみたところ、普段はマカを飲んでいてシャッキリするとのことだった。

     そこで、シャッキリするために上半身を温め血流を良くする『葛根湯』を使ってみるのはどうかと提案すると体質に合わないらしく、『柴胡桂枝湯』を飲んでいるというので、それは良い選択ですねと伝えた。

     というか胃と肝臓を助けて体を下支えする『柴胡桂枝湯』を飲んでいるのであれば、タウリンドリンクなんかにお金を使わなくても良いような気がする。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 「だるい・疲労・吐き気」のある風邪に対応できるのは漢方薬だけ

     『パブロンAゴールド』をレジに持ってきたお客様にヒアリングすると、主訴はだるさで、咳などの症状は無いというため、風邪薬を使うのは止めた方が良いとお話しした。

     起きていない症状の成分が体に入ってくれば処理をしなければならず、余計に疲労してしまうことが考えられるし、咳止めの成分に麻薬系製剤が入っていると、やはりだるくなってしまい、病気のせいなのか薬のせいなのかが分かりづらくなるので。

     するとお客様はドリンク剤を希望されたため、シャキッとする物よりは体を下支えする物の方が体への負担が少ないことを説明し、『ヒストミンゴールド液プラス』を案内した。

     しかしやはり風邪薬が欲しいと言われたため、『柴胡桂枝湯』を紹介すると購入された。

     これで現代薬の風邪薬を求められたら、候補が無くて困ったところだった。

     売り場の一角を占める風邪薬の謳い文句には「のどの痛み・熱・鼻水・鼻づまり・咳」などの効能は書いてあっても、「だるい・疲労・吐き気」という物は皆無と云っても過言ではないくらいで、対応できるのは漢方薬のみなんである。

     お客様には、体を休めるのは内臓も含めてでなければならないことをお話しして、消化の良い食事をするよう勧めた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     夫婦のお客様から『新ビオフェルミンS』を求められ、売り場を案内しつつ、納豆菌が乳酸菌を育てることをお話しすると興味を示された。

     乳酸菌は胃酸に弱く、腸に辿り着くまでに死滅してしまうことがあり、腸で改めて乳酸菌を育てようというのが納豆菌入りの整腸剤だ。

     患者は奥さんで、『整腸薬ラクサレット』をお買い上げいただくことになった。

     乳酸菌が活動しやすいように入浴したり温かい物を積極的に飲んで、体温を高く保つよう勧めた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp