• タグ別アーカイブ: 五虎湯
  • 病院から処方されている薬がある場合には、担当医や調剤している薬局に相談するのを第一に

     お客様から咳と声枯れの相談を受け、夜中に激しく、痰は無いというため『ブロン錠』と『ルキノンせき止め』に、『五虎湯』を案内したところ、『ブロン錠』をお買い上げいただいた。

     咳には胃炎が関係する可能性もあるので、症状が出ている間は喉に刺激のある物や消化しにくい食事は避けるようにお話ししたところ、お客様に驚かれた。

     今回は炎症を抑えるのが目的なので、患部を潤して咳を止める『麦門冬湯』は紹介しなかったけれど、その処方内容は胃薬に近く、漢方的には胃の症状に対処すると咳も治ると考えるのだ。


     例の『フェイタスZαジクサス』の試供品をお客様にお渡しするさいに、内服薬との併用に気をつけるようお話ししたところ、病院から複数の薬が処方されているというため、使う前に調剤している薬局の薬剤師に相談するよう勧めた。

     実際にはそこまで神経質になる必要は無いのだけれど、こうして試供品の薬を受け取る時に、こちらから伝えなければ処方されている薬のことを気に留めていないというようでは、いずれ事故を起こしかねないので。


     同じく『フェイタスZαジクサス』の試供品をお渡しするさいに、お客様に持病や他に使っている薬との併用をする場合は気をつけるよう伝えたところ、「それだけ強い薬ってこと?」と訊かれたため、薬は強い弱いだけではなく、どのように効くのかの作用機序と関係することを説明した。

     お客様は腰痛を患っているそうなので、病院から処方されている薬がある場合には、市販の薬を買う時にも担当医や調剤している薬局の薬剤師に相談をして選ぶように勧めた。

     

  • お客様がどうしてその薬を選んだのか推理力が試されます

     やや高齢のお客様が『葛根湯』を購入されるさいに、「咳止めは眠くなりますよね?」と尋ねられたので、「成分によります」と答えたうえで、咳に上半身を温める『葛根湯』は良くないことを伝えた。

     すると患者は高校生の孫だというので、息を吸うと出るような乾燥性の咳には『麦門冬湯』を、夜中に咳き込んで眠れなくなる熱性の咳に『五虎湯』を、咳払いが多くなる神経性の咳に『半夏厚朴湯』を紹介した。

     お客様から、「漢方薬は時間がかかりますよね?」と言われたので、「風邪には『葛根湯』」というように「そんなことありません」と答えた。

     ……で、結局『葛根湯』をそのまま買っていかれたんだけど、ハテ(・_・;)?


     お客様から疲れ目の相談を受けたので『スマイル40EX』を例に、ビタミンB6は疲労回復に、ビタミンAは目の材料となり、ビタミン Eが血流を良くして栄養を運んで老廃物を回収することを説明したうえで、価格と効き目には関係が無いことを伝えたところ、『スマイル40EXゴールド』をお買い上げいただいた。

     またお客様には、血流を良くするために目の周囲をお湯に浸したタオルや『めぐりズム』などで温めて、入浴をするよう勧めた。

     

  • 問題は無くても問題を起こしそうなことは問題です

     お客様から、夜中に咳き込んで眠れず、『新ブロン液エース』が効かなかったと相談された。

     『五虎湯』を使うことを考えたが、話をしようと息をすると咳が出るというので上半身を潤す『麦門冬湯』と、気管支を拡張する成分が入った『新ブロン錠エース』を案内したところ、前者をお買い上げいただいた。

     胃炎を起こして体内が乾燥してる可能性を伝え、食事は消化の良い物を勧めた。

     また、入浴せずにシャワーで済ませているというため、体内の炎症を取り除くには体を温めて血流を良くすることが必要なことを説明し、首から腰にかけて背中側にシャワーを浴びる方法を教えた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     高齢の夫婦のお客様が来店し、サプリメント3種類も購入されいるのでヒアリングしたところ、病院の処方薬を飲んでいるというため担当医に伝えているか確認すると、ちゃんと言ってあるというので、「それは良いことですね」と答えた。

     サプリメントが服用している薬に影響することもあり得るし、体に異常があっても検査の数値だけ良くしてしまうということもあるから、担当医に伝えることは重要。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     お客様が『ボルタレン』のゲルを購入されようとして、内服薬との併用に気をつけるよう伝えたところ、『ロキソニン』を服用しているとのこと。

     今回の主訴は腰痛だそうだが、他に頭痛もあり目の奥が重く頭を締め付けられるというため、肩こりと関係してる可能性をお話すると、目の使いすぎが思い当たるようだった。

     実のところ市販の『ボルタレン』を『ロキソニン』と併用しても、そうそうは問題は無いのだけれど、こうして相談されず安易に使われるようだと、他の薬でも同様にやりかねないので、注意してもらうために伝えている。

     今回は『ロキソニン』を継続するとのことで、『ボルタレン』の購入を取りやめてお帰りになった。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     若いお客様が点鼻薬の『ナザールαAR』を購入されるので、 内服薬を使ってるか確認すると病院から処方されている薬があるというのだが内容は不明だった。

     点鼻薬でも内服薬との併用に注意しなければならない場合があるので、お客様にはお薬手帳を持ち歩くようにお願いした。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 薬の案内を申し出ても説明を断られ、会計の段になって症状を確認するとお客様が選んだ薬が合わないということも

     お客様から『イブ』を求められ売り場を案内すると、種類の多さに驚かれ迷った様子だった。

     そういう時には売り場を案内してもらうだけではなく、ぜひ相談してもらいたいところなんだけど、何故か尋ねてもらえない。

     こちらから案内を申し出ても説明を断られ、いざお会計の段になって症状を確認するとお客様が選んだ薬が合わないということも、これまた多いんである。

     今回は、お客様が以前に使った物を尋ねると『イブA』だったと思うということで購入を決められ、頭痛に使うと言うため、ズキズキタイプであれば胃の不具合と関係するから食事に注意するよう伝えた。

     この辺りも、お客様から相談して頂いていれば、もっと詳しいお話が出来るのに残念。

     ちなみに、無印の『イブ』と比較すると『イブA』には、鎮痛成分のイブプロフェンの他に鎮静効果のあるアリルイソプロピルアセチル尿素と、薬効を高めるカフェインが入っており、胃の不具合と関係するズキズキタイプの頭痛や生理痛に特に適応する。

     反面、末梢神経の痛みに属する歯痛や関節痛には向かない。

     鎮痛剤にも得手不得手や、適応する痛みの傾向があるので、使いたい症状とか用途を初めに伝えてもらえたら、提供したい情報は山程あります。


     『麦門冬湯』を購入されるお客様にヒアリングすると、以前から咳に使っていて、今回は直前に発熱したというので適応することを伝えた。

     そして発熱により胃炎を起こして体内が乾燥してる可能性があるため、咳がある間は消化に良い食事をして量を控えるよう伝えた。

     この咳にも種類があり、カラ咳よりも炎症が強い場合には『五虎湯』『麻杏甘石湯』を、反対に内臓が冷えて起こる湿った咳には『カンポアズマ』や『小青龍湯』が、ストレスで気道が狭くなり息苦しい場合の『半夏厚朴湯』と、ストレスの他に季節の変わり目の身体疲労が関係するときの『柴朴湯』といった具合なので、いつも飲み慣れているから同じ薬とは限らないため、相談をしてもらいたい。


     若いお客様から『ロキソニン』を求められ、うちのお店には置いていないためイブプロフェン製剤での対応を提案したところ、人から勧められたとのことだった。

     用途は頭痛と生理痛で、頭痛はズキズキタイプとのことから胃の不具合と関係することを説明し、痛みを伝えるホルモンと胃を保護するホルモンは同じなため、痛みを止めると胃を保護する機能も止まって、それでまた頭痛を引き起こしてしまう可能性をお話しした。

     また、頭痛と生理痛を同じ薬で済ませるというのは悪いことではないけれど、内臓の機能をわざと落として生理痛を緩和する『エルペインコーワ』を生理痛専用薬として紹介し、使い分けた方が効果的なことを伝えた。

     本日は、『イブクイック頭痛薬』をお買い上げいただいた。


     やや高齢のお客様から『イソジン』をと注文されたけれど、現に喉が痛む場合には避けた方が良いことを伝えたところ、胃カメラを飲んでから喉が痛むというお話だった。

     そうであれば、なおさら消毒薬より抗炎症剤の方が良いし、鎮痛剤の方が適応すると思われたため提案すると、家に『バファリンA』があるといううえ、口内炎の薬もあると思うとのことから、先に使うよう勧めて、何も購入せずにお帰りとなった。


     

     

  • 処方された薬を飲み切らなければならないか後からでも確認を

     お客様が『新ルルAゴールドS』を購入されたけど、咳があるか尋ねると患者は彼女で、症状は発熱のみであり、家には『イブ』があるというため、まずはそちらを単独で使うよう勧めた。

     もし食欲があっても、体を休めるのは内臓も含めてなので、消化に良い物を量を控えて食べるように伝えた。


     お客様から咳止めの飴をと注文され、『浅田飴』と『南天のど飴』を案内したが、病院で処方された薬があるというので確認すると『葛根湯加川きゅう辛夷』『五虎湯』だった。

     『五虎湯』を優先して使うようお話したうえで、『浅田飴』だと麻黄が重なるため『南天のど飴』の方を勧めて、お買い上げいただいた。

     そしてお客様は『葛根湯加川きゅう辛夷』を一週間ほど服用していて、もう鼻炎は治っているというため、上半身を温める作用から咳の原因になっている可能性をお話した。

     私から直接 、服用の中止を勧めることもできないので、調剤してもらった薬局に相談してみるよう勧めた。

     抗生剤のように処方された薬は飲み切らなければならないケースもあるが、服用し続けることによって副作用が出ることもあるので、病院の担当医か調剤してもらった薬局に相談するのが一番なのに、なぜか相談をしないで薬は飲み続けたまま自分で他に市販薬を買う人が少なくない。

     しかもその時に、店頭で相談もせずに買ってしまう。

     その点からすると今回は最初に声をかけていただいたのは良いことだし、処方された薬があれば分かるのが重要。

     お薬手帳を持たずに、処方薬が分からないなんてことが圧倒的に多い。


     お客様から『バファリンA』と『バファリンプレミアム』の違いを質問され、前者はアスピリンで後者はイブプロフェンとアセトアミノフェンという二つの鎮痛解熱剤が処方されていることを説明した。

     考え方の一つとして、アスピリンは末梢神経の痛みに適しているので歯痛などに向いている。

     お客様の症状はズキズキするタイプの頭痛だというので、胃の不具合と関係することをお話した。

     頭が締め付けられるタイプの緊張性頭痛であれば鎮痛剤よりも、上半身の血行を良くする『葛根湯』の方が適応する。

     他に目薬について尋ねられ、売り場を案内すると種類の多さに驚いている様子だったため、効き目と価格には関係無い事をお話して『スマイル40EX』を基本に、症状に合わせて成分を確認し選ぶ方法を教えた。

     しばらく長考されていたが、本日はお帰りになることに。

     目については疲れ目だということだったので、目の周りを温めることも有効なことを伝えた。


     

     

  • 家にある薬の相談もどうぞ

     お客様が『パブロンキッズかぜ錠』を購入されるさいに、咳があるか尋ねると主訴は鼻水だけだそうだが、いつも使っているという。

     処方としては咳止めに振ってある薬なので、鼻水の色を確認していただくよう勧め、透明な鼻水だけであれば体を温めることで薬を使わずとも治るかもしれないとお話した。

     特に気をつけなければならないのは、上着は重ね着してても下半身の厚着を忘れがちなので、お腹周りを温めるよう伝えた。


     やや高齢のお客様が『新キャベ2』や『新ルルAゴールドS』と一緒に『五虎湯』を購入されるようなのでヒアリングしたところ、成人の息子さんがいつも咳止めに『五虎湯』を使っているとのこと。

     しかし『五虎湯』が適応するのは、夜寝る時など体が温まって出る咳であることをお話しすると、話そうとしたりして息をすると咳が出るようだというため、体内が乾燥してる可能性を説明して『麦門冬湯』を紹介してみたら変更となった。

     乾燥性の咳は胃炎の可能性も考えられることをお話しすると、自身が飲んでいる『柴胡桂枝湯』を飲ませて良いか尋ねられ、良い方法ですと答えた。

     もっとも、『麦門冬湯』自体が咳止めというより胃薬の処方に近いので、『麦門冬湯』だけで十分だとは思われることを付け加えた。

     お客様自身は『葛根湯』を飲むと胃もたれするというので、もとより『葛根湯』は胃に負担がかかる処方であることを説明し、それこそ代わりに『柴胡桂枝湯』を使うよう勧めた。

     せっかく持っている薬も、使い方を確認してもらわないと宝の持ち腐れになってしまう。

     お客様には、家にある薬についても電話で店に問い合わせていただいて構いませんと伝えた。


     やや高齢のお客様が、腰痛に冷湿布を勧められたというので、医師からなのか尋ねると最初は「そうだ」 という返事だったが、鎮痛効果や浸透力の違いなどで種類があることをお話すると、冷湿布を勧めてきたのは知人で、病院には行っていないと分かった。

     うちの奥さんもそうなんだけど、勢いで返事をされるのは困る。

     結果として嘘になってしまうから。

     悪気は無いんだろうけど(^_^;)

     患部を温めると気持ちが良いそうなので『ハリックス55EX温感』を案内して、お買い上げいただいた。

     お客様には現状を知るために、早めに病院に行くのも検討するようお話した。

     

  • 疲れ目は目の周りを温めた方が良い

     お客様が『めぐリズム』のホットアイマスクを購入されるさいに、お湯に浸したタオルでも代用できることを伝えると、やはり目の周りは温めた方が良いのかと訊かれ、目の血管の細さや温めて拡張することで栄養が運ばれやすくなることを説明した。

     主訴は疲れ目で、若いのに睫毛が白くなっていたため腎の機能と関係することをお話し、お腹周りを温めるために腹巻きや二枚履きをと勧めた。

     それから腎を補助する物として、『牛車腎気丸』を紹介した。


     お客様が『五虎湯』を購入されるさいにヒアリングすると、以前にも咳に使ったことがあるということだったが適応については知らないようだったので、夜の激しい咳き込みに向いてることを説明すると合っているようだった。

     喋ろうとしたり食事をする時に息をすると咳が出るような場合には、上半身を潤す『麦門冬湯』の出番となる。

     今回のお客様の咳は、上半身に熱が篭もっている可能性が考えられることをお話して、下半身を入浴などで温めて熱を循環させるよう勧めた。


     額に傷を負って、やや出血しているお客様が閉店作業をしてるところに現れ、ちょっとビックリ。

     患部は水道水で構わないので水洗いして、家に抗生物質の塗り薬があれば使うようお話したところ、ちょうど病院で処方された薬を持ち帰る途中で電柱に頭をぶつけてしまったのだとか(^_^;)

     湿潤療法を知らないようだったため紹介したうえで、普通の絆創膏をお買い上げいただいた。

     

  • 市販薬を買うときの五ヶ条

     お客様が『新コンタックかぜ総合』と『新コンタックかぜEX』を見較べていて、最終的には『プレコール持続性カプセル』を選ばれたのが気になり、声をかけてみた。

     ご主人からの頼まれ物で、風邪が一週間以上続いているというものの、具体的な症状については全く分からないとのこと。

     ご主人は頭痛持ちで、家に『イブ』があるそうだが、それは飲みたがらないというのに風邪薬は次々と乗り換えていて、『プレコール持続性カプセル』は「買ったことがない」から選んだそうだ。

     ううむ…、そういう選び方もあるのか(;´Д`)

     もし本当に風邪であれば、一週間経っていたら後期のはずなので『柴胡桂枝湯』を紹介したうえで、家に『イブ』がある点を考慮して『新コンタックかぜ総合』を、お買い上げいただくことにした。

     また、体力が低下している可能性を考え『新ヒストミンゴールド液』を案内すると、お客様自身は栄養ドリンクが苦手とのことだったが一緒に購入された。

     そしてお客様には、市販薬を買う時の五ヶ条として「誰が」「どんな症状か」「いつからか」「他の薬を飲んでいるか」「アレルギーがあるか」が重要ですと伝えた。

     人に薬を買うのを頼むにしても頼まれるにしても、最低限これが分かっていないと困るんである。

     もちろん、本当に困るのは本人だ。

     お客様から、『プレコール持続性せき止め』と『新コンタックせき止めW』を「同じ物ですよね?」と尋ねられたので、痰が絡む場合には前者が向いていることを説明した。

     こういう時、どうして「同じ物ですよね?」という訊き方になるのか興味深くはある。

     患者はご主人で主訴は咳とのお話から、もしカラ咳であれば『麦門冬湯』をと紹介したところ、咳は夜が激しいようだったので炎症性の咳に合う『五虎湯』の方を勧めて、お買い上げいただいた。

     ちなみに、『五虎湯』の麻黄は体を温めるためではなく、石膏の冷やす効果を高めるために入っている。

     お客様が『ボーコレン』(五淋散)をレジに持ってきたが、使うのは初めてで疲労感は無いということから、基本の『猪苓湯』と、灼熱感がある場合の『竜胆瀉肝湯』を紹介した。

     すると、症状は軽めのようなため『腎仙散』も紹介してみると、そちらを購入された。

     菌に対抗するためには、体温を上げるのが有効なので、積極的に温かい物を飲んだり下半身に厚着するよう勧めた。

     

  • 仕事より病院を優先してほしい

     高齢のお客様から『馬油』のローションタイプを求められたけれど、置いていないことを伝えると成人の息子さんが以前にヤケドで使ったことがあるというので、『オロナインH軟膏』や『ワセリン』でも代用できるのではとお話した。

     すると今回は、息子さんが手の甲を切ったというため湿潤療法での対応を勧めようとしたところ、かなりの深手で範囲も広く、けっこう出血した模様。

     しかし病院に行くより仕事が優先だと受診を嫌がり、そのうえ包帯を巻くのも大げさだとしてガーゼを当てただけだそうだ。

     そのガーゼは血まみれだったそうで、お客様は見るのも怖いと言っていた。

     しかも、そのガーゼを交換もせずに血が滲んでくると重ねていくだけだという。

     化膿を防ぐための抗生剤とガーゼをお買い上げいただいたけれど、大丈夫なんだろうか……。

     やや高齢のお客様から3歳の孫の咳の相談を受け、シロップ剤を考えたけれど液剤は嫌がるということから粉を希望された。

     『麦門冬湯』を考えたものの、痰が出るというので『五虎湯』を使っていただくことにした。

     痰が出なくなってカラ咳になったら、『麦門冬湯』への乗り換えも検討するよう伝えた。

     やや高齢のお客様が『腎仙散』をレジに持ってきたけれど、以前に使ったことがあるというもののヒアリングすると、急な寒さの影響があるようだったため『ボーコレン』(五淋散)を提案し変更となった。

     

  • 市販薬を選ぶ時には効能よりも適応を検討するのが大事

     お客様が『新コンタックかぜEX』と『ベンザブロックIPプラス』と見較べていたため声をかけてみたところ、『葛根湯』の液剤の方が良いか尋ねられたのでヒアリングしたところ、ご主人が発熱と悪寒と喉の痛みを訴えているという。

     症状からすると『葛根湯』の適応時期を過ぎているため、使うなら『麻黄湯』をと案内した。

     そして喉の痛みはあっても咳は無いと言うので、咳が無い時に風邪薬はお勧めできないのだけれど、明日は仕事休めるということから服用による疲労感が出る可能性をお話したうえで『ルルアタックEX』を紹介し、お買い上げいただいた。

     すでに食欲は無いというので無理に食べさせなくても良い事と、入浴はしても良いことを伝えた。

     昔は入浴が駄目だと言われていたけれど、あれはまだ内風呂が普及していなくて、銭湯の帰りに湯冷めしてしまうからである。

     自ら発熱するのには体力を使うから入浴をして、発熱するのを支援してあげた方が良いのだ。

     高齢のお客様が『五虎湯』『麦門冬湯』で迷ってる様子だったので声をかけたところ、ご主人が咳と痰が絡み、たまに頭痛がするとのこと。

     以前に私が案内したさいには、『麦門冬湯』を使ったそうだ。

     今回は頭痛に『葛根湯』を使っていたというので、その『葛根湯』は咳の原因になってしまう事をお話したところ、発熱したというため体内が乾燥している可能性があることから、『麦門冬湯』が適応することを説明して、お買い上げいただいた。

     口腔内に膿の匂いがするようだというため『チクナイン』(辛夷清肺湯)も考えたけれど、鼻の症状は無いという。

     『麦門冬湯』で咳が治まり、膿の匂いが残るようなら『チクナイン』に乗り換えを検討しても良いだろう。

     頭痛の方は肩こりが関係ありそうな話だったので、『釣藤散』を紹介した。