• タグ別アーカイブ: 五苓散
  • 総合胃腸薬は、胃酸が出るのを抑える制酸剤と消化を助ける消化酵素が一緒に入っているカオスな処方

     お客様から『タイレノール』を求められ、お買い上げいただいたけれど、頭痛や喉の痛みに使っているというので炎症には弱いことを説明して、喉の痛みには『ペラックT』との併用を勧めた。

     それから、頭痛にもズキズキするタイプの偏頭痛や、締め付けられる肩こりと連動したタイプ、朝方に頭が重くて午後になるにつれ楽になるタイプなど種類があり、それらによっても適応する鎮痛剤や対処法が変わってくることも伝えた。

     ズキズキするタイプは胃の不具合と関係するから胃の負担が軽いとされるアセトアミノフェン製剤の『タイレノール』が向いていると考えられ、食事は消化しやすいものが良い。

     漢方薬では、『呉茱萸湯』『五苓散』などが候補となる。

     肩こりと連動した締め付けられるタイプは、上半身を温めて血流を改善するのが良いので『葛根湯』が候補になるし、鎮痛剤は末梢神経に作用するアスピリン製剤の『バファリンA』が効果的。

     朝方に頭が重くて午後に軽くなるようならば、血圧と関係すると考えられるるので、鎮痛剤を使うよりも初めから漢方薬の『釣藤散』『七物降下湯』を使った方が体にも良いだろう。

     こう考えると、鎮痛剤としてはイブプロフェン製剤や同系統の『ロキソニン』は、やはり万能なんだなと思ってしまう。


     お客様が『第一三共胃腸薬』を人から頼まれたというのだけれど、誰が使うのか教えてもらえず、患者がどんな症状かは分からないというので、売って良いものか迷った。

     『第一三共胃腸薬』に限らず総合胃腸薬は、胃酸が出るのを抑える制酸剤と消化を助ける消化酵素が一緒に入っているという、わりとカオスな処方内容なので、症状に合わせた薬選びも重要なことを伝えたうえでお買い上げいただいた。

     また、胃の症状を簡易的に鑑別する方法として、お湯を飲むと水を飲むのとでは、どちらが楽になるのかを確かめるというのを教えた。

     お湯を飲んで楽になるようならば、胃が冷えているか疲れていると考えられ、健胃剤の入っている胃腸薬がお勧め。

     水を飲んで楽になるようであれば、胃炎を起こしていたり胃熱の状態なので、制酸剤が入っているか胃の内壁を保護する成分の入っている物が望ましい。

     お客様は、「伝えてみます」とのお返事だった。

    「ホントは難しい胃薬の選び方」

    「ホントは難しい胃薬の選び方」

     

  • 病院で処方されている薬の後出しは困ります、困りますったら困ります

     成人の親子のお客様が鎮痛剤の棚を見ていて『バファリンプレミアム』を手にしていたが、声をかけてみたところ二日酔いに使うというため『アルピタン』(五苓散)を紹介すると変更になった。

     他に酔い止め薬を相談され、船に乗るというので眠くなりやすい物として『トラベルミン』を案内し、一緒に購入を決められた。

     船や飛行機での乗り物酔い対策を漢方薬で考えた場合には、空間失調に用いる『苓桂朮甘湯』が候補となる。

     なお、吐き気の方が強く出る場合には、さっきの『五苓散』の方が向いている。

     他に下痢止めも求められ、以前に使った物が喉が渇いたとのことから、おそらくはロートエキスの副作用と考えられることをお話し、『ロペラマックサット』と『ワカ末止瀉薬』を紹介して前者をお買い上げいただいた。

     それから、お客様には腸が冷たい物を受け付けないので、食事は温かい物を摂って早めに胃を軽くし、乗ってからは冷たい物を少しずつ飲んで、わざと胃の働きを悪くして吐こうとする力を弱める方法を教えた。

     また、二日酔い対策には飲酒する前に水分を摂っておくことと、食事においては刺身のツマの大根と揚げ物についてくるキャベツを食べるよう勧めた。

     どちらも、胃薬として働いてくれるからだ。

     ところがお会計した後に、病院で処方された薬があると話され、現物を持ち歩いていたので調べてみたところ鎮痛剤で、今の二日酔いの症状が副作用の可能性もあることを伝えた。

     どーして先に話してくれなかったのか(;´Д`)


     お客様から胃薬の棚を尋ねられ売り場を案内したところ、『大正漢方胃腸薬』と『太田漢方胃腸薬2』と『セルベール』を比較していたためヒアリングすると、ストレスが思い当たるとのことだった。

     そこで、『爽和々』と『半夏瀉心湯』も加えて説明すると、朝方に胃痛がする他に夜息苦しいというので『半夏厚朴湯』を紹介したところ、『太田漢方胃腸薬2』と一緒に購入された。

     お客様は病院で処方された薬があり、その内容を覚えていないというので、お薬手帳を持ち歩くにお願いした。

     今回も、処方されている薬が後出して困る。

     いや、私の方で最初に訊けば良いんですが。

     最初に別な話題から入ると、尋ねるタイミングを失してしまうんだよねぇ。

     いや、言い訳ですが。

     ちなみに、胃薬については同人誌『登録販売者から一言』の参の巻「ホントは難しい胃薬の選び方」で取り上げているので、よろしければ参考にしてみて下さいな。

    Screenshot of booth.pm

     

  • 家にある薬を確認しておいた方が無駄な買い物をしないで済みます

     お客様がインドメタシン製剤のパップ剤をレジに持ってきたけれど、患者はご主人で、スポーツによる膝痛というため浸透力のあるフェルビナク製剤も紹介してみたところ価格を気にされ、しかも塗り薬は使っていて何の薬か分からないというので、使っている物を確かめてからではどうかとお話しし、本日はお帰りになった。

     何しろ『バンテリン』がインドメタシン製剤ということを知らずに、家に別メーカーのインドメタシン製剤が残っているのに、「違う薬を買おう」と思って『バンテリン』を購入するというケースもあるので。

     商品の価格を気にするのであれば、それこそ使っている薬は確認した方が無駄な買い物にならずに済むはずだし。


     お客様から、眠くなりにくい酔い止め薬を求められ、実際には吐かないというので漢方薬を提案すると興味を持たれたため、目眩(めまい)が主訴となる人向けの『苓桂朮甘湯』と、吐き気が主訴の場合の『五苓散』を紹介した。

     ただ、どちらも念のため前日から飲んだ方が良いことをお話ししたところ、現代薬の『センパアQT』をお買い上げいただくことになった。

     お客様には、乗る前には温かい食事をして温かいの物を飲むと、早く腸に送られて胃が軽くなることと、乗ってからは冷たい物を少しずつ飲むことで胃の機能をわざと悪くし、吐く力を弱める対処法があることを伝えた。


     

     

  • 薬の使用感は体質や体調にも作用されるので、個人の感想は参考程度に思っておきましょう

     お客様から酔い止め薬を求められ売り場を案内したところ、『アネロンニスキャップ』が良く効くと人から聞いたというため、そういう薬の選び方は好ましくないことをお話しした。

     確かに『アネロンニスキャップ』には、鎮静成分と副交感神経を遮断する成分の他に、胃粘膜に作用する局所麻酔まで入っているので、効くといえば効く。

     しかし、やっていることはいわば「身体機能を落とす」ことで反応を鈍くしているだけ。

     乗り物酔いを防ぐという目的には合致しているが、人によっては効きすぎるともいえる。

     また、薬は強い弱いだけでなく、個人の体質や体調にも左右されるので、成分表示を取っておくよう勧めたうえで、乗るのは船だということから役に立つと思われることを伝えて、『アネロンニスキャップ』をお買い上げいただいた。

     同じ船でも、目的が魚釣りのためであるとか、自身が乗り物の運転をする場合には、眠気をもよおす現代薬は避けたほうが良く、漢方薬の『苓桂朮甘湯』『五苓散』が候補となる。

     前者は目眩(めまい)が出やすい人向け、後者は実際に嘔吐しがちな人向けである。


     お客様が『ポケムヒ』をレジに持ってきたけれど、『プチウナ』と比較して処方的には痒みへの効き目が弱いと考えられることを伝えると、ご主人が釣りに持っていくというため、さらに抗炎症成分のステロイド剤が入った虫刺されの薬もあることを説明した。

     すると「どれが良いか?」と訊かれ、目的によりますとお話したうえで、ステロイド剤が入っていて携帯もしやすい『プチウナコーワα』をお買い上げいただいた。

    「説明されたの初めて」というので、他のお店で薬を買うときもまずは店員に相談してみるよう勧めた。

     立ってる者は親でも使えという言葉があるが、店頭に立ってる登録販売者や薬剤師は遠慮無く使っていただきたい。


     

     

  • 食品の保存料を危険視する人の知識は古過ぎる状態で保存されている

     お客様が『バファリンルナJ』を購入されるさいに、子供の熱中症の頭痛にも使えるか質問され、使えるものの熱中症で頭痛となるとすでに重症化の兆候なので、頭痛薬を使うよりも水分を摂るだけでなく上半身に水を浴びるなどの対応も必要になることを説明した。

     子供は中学生とのことで、部活で近い状態になるというため、熱中症対策は本人にも伝えるようお願いした。

     うちの子供も陸上部で似たような経験があるのだが、知識の無い先生に任せておくと死ぬ危険がある。

     お客様がお帰りになってから、 脱水症状での頭痛には水分代謝を整える『五苓散』が使えること思い出した。

     鎮痛薬で質問を受けたので、うっかり忘れていた。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     やや高齢のお客様がテーピングを購入されるさいにヒアリングしたところ、外反母趾に使うそうで、しかしそれ肩の痛みで通っている整形外科の医師には伝えておらず、外反母趾については整体に通っているという。

     確かに整体でも外反母趾の治療を扱ってはいるが、整形外科に通っていて医師に伝えていないというのは、医療の連携という観点からは好ましくない。

     お客様には整形外科の医師にも相談するよう勧めたうえで、肩の痛みは痺れ感もあるというため『疎経活血湯』を紹介した。

     お客様は若い頃に敗血症を患ったことがあるというお話をされ、そこから雑談へと流れて、コンビニやスーパーで売られているお弁当の保存料が心配と言われたので、それはもう30年以上昔の話と伝えた。

     昔も保存料にそんな危険な物を使っていた訳ではないけれど、現在でも使われるアスコルビン酸なんてビタミンCだし、消費期限は昔よりも格段に短く設定されており、1日に2回や3回も商品の入れ替えをしている現代において、保存料を心配する意味は無い。

     大手食品会社のパンが放置しても腐りにくいからと保存料が危険だと騒ぐ人もいるが、あれは工場での衛生管理の賜物で、街のパン屋のほうが早く腐るのは衛生状態が良くないだけのこと。

     そして街のパン屋で買うパンは、流通経路や経過日を心配する必要が無いから、過剰な衛生管理は必要無い。

     むしろ未だに騒いでる人の知識が、30年前から変わっていないとするのなら、その知識が腐らずに保存されてることに驚くばかりだ。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

  • いかにもシミが消えそうな名前のアレはシミ消し目的には使えません

     お客様から『ウコンの力』の場所を尋ねられたので食品売り場を案内したうえで、ウコンが飲酒に良いというエビデンスは存在しないことを伝えた。

     医薬品にウコンが入っていることもあるけれど、ウコン自体の効能というのは認められておらず、いわば害が無いから入っているだけである。

     ただし、ウコンを摂りすぎると脂肪肝になるという報告はあるから、やはり身体に何らかの影響はあるのであろう。

     今のところは、研究が進むのを待つばかり。

     二日酔い対策であれば『ハイチオールCプラス』や、『五苓散』の方がオススメだし、効能に肝臓疾患と明記されている『ネオレバルミン』の方が良い。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     先日に、疲労に『アリナミンEXプラス』が効かないと相談され、『新ヒストミンゴールド液プラス』を購入されたお客様が、商品名の「メモをしたい」と再訪された。

     飲んでみた感じとしては「効いた気がする」とのことだった。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     やや高齢のお客様が、シミに探してるクリームがあるとのことだったが名前が分からないうえ、医薬品か化粧品かも不明というため手がかりが無い。

     一応は化粧品コーナーに『ケシミン』という商品があり、いかにもシミが消えそうな名前でテレビCMも誤解を招く作りになっているが、よくよくパッケージを見てみると、あくまで予防だったりするので、レジに持ってきたお客様にシミ消し目的には使えないことを伝えると、キャンセルになることが多い。

     今回のお客様には、シミ消しは医師の指導のもとで行なった方が良いと勧めた。

     飲み薬であれば、『ハイチオールCプラス』なんかも候補になるのだけれど。

    Screenshot of www.amazon.co.jp

     

     

  • 頭痛にも種類があり原因と対処法が変わる

     お客様が『ロキソニン』を求めて来店したけれど、特別な理由は無いそうなのでイブプロフェン製剤が親戚関係であることを説明し『バファリンプレミアム』を試していただくことになった。

     また、主訴は頭痛というため、頭痛にも種類があり原因と対処法が変わることを伝えた。

     一番分かりやすいのはズキズキしたり目の奥が重くなる頭痛で、これは胃を悪くすると発症することが多く、消化の良い食事をして体を休めるのが対策の一つとなり、漢方薬では『呉茱萸湯』『五苓散』が候補である。

     そして頭が締め付けられる頭痛は緊張性頭痛と呼ばれ肩こりに連動することが多く、運動したり『葛根湯』を服用して血流を良くすることで軽減できる。

     あと、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧と関係している可能性が高く、数値的に高血圧でなくても1日の中での血圧の高低に影響され、やはり軽い運動をするか『釣藤散』『七物降下湯』などにより改善が期待できる。

     夫婦のお客様が来店し、『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきて軟便に適応するか尋ねられ、胃腸炎が思い当たれば使えることを説明して、お買い上げいただいた。

     患者はご主人で、焼酎を好まれるというため蒸留酒は腸への刺激が強く、また善玉菌をいわば殺菌してしまうことになり、それが軟便や下痢の原因となってしまうことを伝えた。

     高齢のお客様が来店し、家族の蕁麻疹に眠くなりにくい飲み薬をとのことだったので『十味敗毒湯』と、『十味敗毒湯』に現代薬を合わせた『タウロミン』を案内した。

     また、ご自身の更年期障害についても相談され、汗を多くかくとのことで『桂枝茯苓丸』を考えたが、動かなくても出るというお話と筋肉が柔らかそうな感じだったため『防已黄耆湯』を案内してみた。

     『十味敗毒湯』『防已黄耆湯』も保険の適用薬であることを伝えると、ご主人は何か病院で薬が処方されているようなので『防已黄耆湯』のみを勧めて購入していただいた。

     そしてお客様には、市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参した方が良いことを伝えた。

     

  • 薬の頼まれものは情報不足で困る

     中学生の子供を連れたお客様が『アトキュア』などを見ていたため気にかけていたところ、子供の方は『ペアアクネクリームW』

    を母親に預けて、どこかへ行ってしまった。

     仕方がないので、お会計するさいに母親にニキビの状態を確認するとともに、『ペアアクネクリームW』は大人ニキビ向けであることを説明し、『クレアラシル』に変更となった。

     成長期に細胞が均一に増えないことで起こるニキビと、大人になってからバリア機能の低下と不摂生なんかでなるニキビとでは対処も異なるのだ。

     成長期のニキビは、まず炎症を抑えるのを優先する。

     本人を呼び戻してもらうと額にニキビがあり、病院で処方された塗り薬が効かなかったというのだけれど、お薬手帳も現物も持参しておらず内容は分からなかった。

     皮膚の薬には抗生剤と抗炎症剤と皮膚再生の促進剤と種類があり、どの薬を使っていたかというのは重要な情報であることと、ニキビの治療には長期的な対応が必要なことを説明した。

     すでに3年ほど続いているそうだから気持ちは分かるけれど、思春期のニキビは体が正常に成長している証拠でもあるので、二十歳になるまでに綺麗になればと思って地道に治療するようお話した。

     また、前髪が額にかかっているため、体の方は敵と誤認して攻撃してしまうことも炎症の原因として考えられるので、前髪を切るか上げるよう勧めた。

     これもまた、隠したくなる気持ちは年頃だから分かるのだけれど。

     そして入浴せずにシャワー派だというため、不要物の回収と皮膚の材料の配布に血流が大きく関わることを説明し、入浴の大切さをお話した。

     自分の体のことだから、もっと関心を持って親に頼らず、専門家に相談する練習もしてもらいたいところ。

     お客様がご主人から『ノーシン』を頼まれたとのことで来店し『ノーシン錠』を案内したのだけれどパッケージが違うとのお話で、リニューアルの可能性と同ブランドの別物かもと説明したが、成分を覚えていないため特定できなかった。

     しかし用途を確認したところ、飲酒による頭痛だと言うので、原因は脱水症状であることを説明し『アルピタン』(五苓散)を紹介すると購入された。

     お客様には、もしご主人が気に入らなければ未開封のままなら返品に応じますと伝えた。

     頼まれ物は情報不足なことが多いから、対応に困ってしまう。

     一方、スマホで写真を撮ってきておいてもらえると特定には助かるものの、同じ物が無い場合に同成分の他のブランドでも良いのか、あるいは症状に合わせて他の成分でも良いのかという、依頼者自身の情報が足りないから、どのみち困ったりする。

     

  • 漢方薬は乗り物酔いにも使えます

     お客様が成人の息子さんから『ロキソニン』を頼まれたとのことで来店したけれど、置いていないことと特別な理由が無ければイブプロフェン製剤でも代用できることを伝えたところ、肘を打撲して人から勧められたという。

     今は以前に処方された湿布薬を使っているそうだが内容が不明なため、成分によっては内服薬との併用は避けた方が良い事をお話し、本日はお帰りになった。

     ただ、どうやら前にも私から同じような話を聞いたことがあるそうだ。

     ありゃん(^_^;)

     お客様が『キップパイロールHi』を頼まれたとのことだけれど、抗菌性を持つサリチル酸が入ってるとはいえ、消毒薬に軽度の消炎作用のある酸化亜鉛を加えた程度の物で取り扱っている店は少ないと思われるため、ネット通販を勧めた。

     頼んだ人は傷薬として使ってるようだが今回の用途は不明なため、代用の薬を紹介できなかった。

     成人の娘さんを連れたお客様が『トラベルミン』を購入されるさいに、鼻炎薬を服用したことがあるか尋ねたところ分からないというお話だった。

     有効成分が鼻炎薬にも入っていることがあり、その副作用を利用しているのが『トラベルミン』なため、副作用が起きたことが無い人だと効き目が弱いと考えられる。

     娘さんは、「遺伝で酔う」と言っていた。

     無きにしもあらずだが、そうとも限らないので対処法は工夫した方が良いかもしれない。

     酔い止めを求める人は、初めから酔い止め薬の棚に行ってしまうけれど、相談してもらえれば実際に嘔吐してしまう人向けの『五苓散』や、感覚的に酔うだけの場合の『苓桂朮甘湯』など、漢方薬系の物も紹介できるのに 。

     漢方薬でも即効性はあるし、体質改善にも役立つので知らないのはモッタイナイ。

     お客様には乗り物酔いを軽減する方法として、乗る前には温かい食事をして温かい物を飲み、乗ってからは冷たい物を少しずつ飲む方法を教えた。

     理由としては腸は体温より低い物を受け付けないため、食事を軽く済ませようとしてサンドイッチとか果物とかを食べると、消化されても温まるまで胃に長く止めておくことになり、これが気持ち悪くなる原因の一つである。

     そして冷たい物を飲むと胃の働きが悪くなるので、悪くなれば吐こうとする力も弱くなるという次第。

     

  • 自分の症状を言語化して人に伝えるというのは案外と難しい

     子供を連れたお客様から酔い止めの薬を求められ「飲みやすいのじゃなく、良く効くのを」と言われたけれど、薬の効き目は相性や体調も関係することを説明した。

     使ったことがある物を尋ねると『トラベルミンファミリー』で、お客様も子供も使用感を覚えていないようだった。

     しかし、効かなかった記憶が無いのであれば、あえて変更しない方が良いのではとお話してお買い上げいただいた。

     眠くなりにくい酔い止めの薬として漢方薬に興味を持たれたので、吐き気だけで治ることが多い場合の『苓桂朮甘湯』と、実際に吐いてしまう人向けの『五苓散』を紹介した。

     また、乗車前には温かい物を飲んで温かい食事をすると酔いにくくなり、乗車後には冷たい物を少しずつ飲むと吐き気を弱められることを伝えた。

     お客様がニキビ用の石鹸を探しにいらしたけれど、高校生の子供が患者とのことだったので、洗い方は石鹸の泡を肌に乗せて流すだけで良いことと、思春期のニキビは皮膚の成長速度の不具合でも起きるため、洗いすぎないようにとお話した。

     塗り薬として抗炎症の『ビフナイト』と、内服薬に『清上防風湯』を紹介したところ、病院からは抗生物質の塗り薬が処方されているという。

     そして、お尻にもできているというので『ネオ小町』を案内したうえで、ぜひ本人に薬を買う練習をさせてみるよう勧めた。

     というのも、自分の症状を言語化して人に伝えるというのは案外と難しい。

     何事も大人になって急に実践というのは、無理なんである。

     それから、症状や原因として思い当たることなどは本人でなければ分からないことが多く、代理人では情報が足りないからだ。

     また、本人もお客様もシャワー派のようなので、皮膚の再生には入浴して血流を良くすることが大事なことをお話した。

     それから本人はスポーツをしているようだがコーラなどが好きだとのことだったから、炭酸水で割って飲むよう勧めてはどうかと提案した。

     炭酸水で割れば、一回で摂取する糖分を減らすことができる。