Tagged with " 五苓散"

食品の保存料を危険視する人の知識は古過ぎる状態で保存されている

 お客様が『バファリンルナJ』を購入されるさいに、子供の熱中症の頭痛にも使えるか質問され、使えるものの熱中症で頭痛となるとすでに重症化の兆候なので、頭痛薬を使うよりも水分を摂るだけでなく上半身に水を浴びるなどの対応も必要になることを説明した。

 子供は中学生とのことで、部活で近い状態になるというため、熱中症対策は本人にも伝えるようお願いした。

 うちの子供も陸上部で似たような経験があるのだが、知識の無い先生に任せておくと死ぬ危険がある。

 お客様がお帰りになってから、 脱水症状での頭痛には水分代謝を整える『五苓散』が使えること思い出した。

 鎮痛薬で質問を受けたので、うっかり忘れていた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様がテーピングを購入されるさいにヒアリングしたところ、外反母趾に使うそうで、しかしそれ肩の痛みで通っている整形外科の医師には伝えておらず、外反母趾については整体に通っているという。

 確かに整体でも外反母趾の治療を扱ってはいるが、整形外科に通っていて医師に伝えていないというのは、医療の連携という観点からは好ましくない。

 お客様には整形外科の医師にも相談するよう勧めたうえで、肩の痛みは痺れ感もあるというため『疎経活血湯』を紹介した。

 お客様は若い頃に敗血症を患ったことがあるというお話をされ、そこから雑談へと流れて、コンビニやスーパーで売られているお弁当の保存料が心配と言われたので、それはもう30年以上昔の話と伝えた。

 昔も保存料にそんな危険な物を使っていた訳ではないけれど、現在でも使われるアスコルビン酸なんてビタミンCだし、消費期限は昔よりも格段に短く設定されており、1日に2回や3回も商品の入れ替えをしている現代において、保存料を心配する意味は無い。

 大手食品会社のパンが放置しても腐りにくいからと保存料が危険だと騒ぐ人もいるが、あれは工場での衛生管理の賜物で、街のパン屋のほうが早く腐るのは衛生状態が良くないだけのこと。

 そして街のパン屋で買うパンは、流通経路や経過日を心配する必要が無いから、過剰な衛生管理は必要無い。

 むしろ未だに騒いでる人の知識が、30年前から変わっていないとするのなら、その知識が腐らずに保存されてることに驚くばかりだ。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

いかにもシミが消えそうな名前のアレはシミ消し目的には使えません

 お客様から『ウコンの力』の場所を尋ねられたので食品売り場を案内したうえで、ウコンが飲酒に良いというエビデンスは存在しないことを伝えた。

 医薬品にウコンが入っていることもあるけれど、ウコン自体の効能というのは認められておらず、いわば害が無いから入っているだけである。

 ただし、ウコンを摂りすぎると脂肪肝になるという報告はあるから、やはり身体に何らかの影響はあるのであろう。

 今のところは、研究が進むのを待つばかり。

 二日酔い対策であれば『ハイチオールCプラス』や、『五苓散』の方がオススメだし、効能に肝臓疾患と明記されている『ネオレバルミン』の方が良い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 先日に、疲労に『アリナミンEXプラス』が効かないと相談され、『新ヒストミンゴールド液プラス』を購入されたお客様が、商品名の「メモをしたい」と再訪された。

 飲んでみた感じとしては「効いた気がする」とのことだった。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 やや高齢のお客様が、シミに探してるクリームがあるとのことだったが名前が分からないうえ、医薬品か化粧品かも不明というため手がかりが無い。

 一応は化粧品コーナーに『ケシミン』という商品があり、いかにもシミが消えそうな名前でテレビCMも誤解を招く作りになっているが、よくよくパッケージを見てみると、あくまで予防だったりするので、レジに持ってきたお客様にシミ消し目的には使えないことを伝えると、キャンセルになることが多い。

 今回のお客様には、シミ消しは医師の指導のもとで行なった方が良いと勧めた。

 飲み薬であれば、『ハイチオールCプラス』なんかも候補になるのだけれど。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

 

頭痛にも種類があり原因と対処法が変わる

 お客様が『ロキソニン』を求めて来店したけれど、特別な理由は無いそうなのでイブプロフェン製剤が親戚関係であることを説明し『バファリンプレミアム』を試していただくことになった。

 また、主訴は頭痛というため、頭痛にも種類があり原因と対処法が変わることを伝えた。

 一番分かりやすいのはズキズキしたり目の奥が重くなる頭痛で、これは胃を悪くすると発症することが多く、消化の良い食事をして体を休めるのが対策の一つとなり、漢方薬では『呉茱萸湯』『五苓散』が候補である。

 そして頭が締め付けられる頭痛は緊張性頭痛と呼ばれ肩こりに連動することが多く、運動したり『葛根湯』を服用して血流を良くすることで軽減できる。

 あと、朝方に頭が重くなるような頭痛は血圧と関係している可能性が高く、数値的に高血圧でなくても1日の中での血圧の高低に影響され、やはり軽い運動をするか『釣藤散』『七物降下湯』などにより改善が期待できる。

 夫婦のお客様が来店し、『柴胡桂枝湯』をレジに持ってきて軟便に適応するか尋ねられ、胃腸炎が思い当たれば使えることを説明して、お買い上げいただいた。

 患者はご主人で、焼酎を好まれるというため蒸留酒は腸への刺激が強く、また善玉菌をいわば殺菌してしまうことになり、それが軟便や下痢の原因となってしまうことを伝えた。

 高齢のお客様が来店し、家族の蕁麻疹に眠くなりにくい飲み薬をとのことだったので『十味敗毒湯』と、『十味敗毒湯』に現代薬を合わせた『タウロミン』を案内した。

 また、ご自身の更年期障害についても相談され、汗を多くかくとのことで『桂枝茯苓丸』を考えたが、動かなくても出るというお話と筋肉が柔らかそうな感じだったため『防已黄耆湯』を案内してみた。

 『十味敗毒湯』『防已黄耆湯』も保険の適用薬であることを伝えると、ご主人は何か病院で薬が処方されているようなので『防已黄耆湯』のみを勧めて購入していただいた。

 そしてお客様には、市販薬を買うさいにも、お薬手帳を持参した方が良いことを伝えた。

 

薬の頼まれものは情報不足で困る

 中学生の子供を連れたお客様が『アトキュア』などを見ていたため気にかけていたところ、子供の方は『ペアアクネクリームW』

を母親に預けて、どこかへ行ってしまった。

 仕方がないので、お会計するさいに母親にニキビの状態を確認するとともに、『ペアアクネクリームW』は大人ニキビ向けであることを説明し、『クレアラシル』に変更となった。

 成長期に細胞が均一に増えないことで起こるニキビと、大人になってからバリア機能の低下と不摂生なんかでなるニキビとでは対処も異なるのだ。

 成長期のニキビは、まず炎症を抑えるのを優先する。

 本人を呼び戻してもらうと額にニキビがあり、病院で処方された塗り薬が効かなかったというのだけれど、お薬手帳も現物も持参しておらず内容は分からなかった。

 皮膚の薬には抗生剤と抗炎症剤と皮膚再生の促進剤と種類があり、どの薬を使っていたかというのは重要な情報であることと、ニキビの治療には長期的な対応が必要なことを説明した。

 すでに3年ほど続いているそうだから気持ちは分かるけれど、思春期のニキビは体が正常に成長している証拠でもあるので、二十歳になるまでに綺麗になればと思って地道に治療するようお話した。

 また、前髪が額にかかっているため、体の方は敵と誤認して攻撃してしまうことも炎症の原因として考えられるので、前髪を切るか上げるよう勧めた。

 これもまた、隠したくなる気持ちは年頃だから分かるのだけれど。

 そして入浴せずにシャワー派だというため、不要物の回収と皮膚の材料の配布に血流が大きく関わることを説明し、入浴の大切さをお話した。

 自分の体のことだから、もっと関心を持って親に頼らず、専門家に相談する練習もしてもらいたいところ。

 お客様がご主人から『ノーシン』を頼まれたとのことで来店し『ノーシン錠』を案内したのだけれどパッケージが違うとのお話で、リニューアルの可能性と同ブランドの別物かもと説明したが、成分を覚えていないため特定できなかった。

 しかし用途を確認したところ、飲酒による頭痛だと言うので、原因は脱水症状であることを説明し『アルピタン』(五苓散)を紹介すると購入された。

 お客様には、もしご主人が気に入らなければ未開封のままなら返品に応じますと伝えた。

 頼まれ物は情報不足なことが多いから、対応に困ってしまう。

 一方、スマホで写真を撮ってきておいてもらえると特定には助かるものの、同じ物が無い場合に同成分の他のブランドでも良いのか、あるいは症状に合わせて他の成分でも良いのかという、依頼者自身の情報が足りないから、どのみち困ったりする。

 

漢方薬は乗り物酔いにも使えます

 お客様が成人の息子さんから『ロキソニン』を頼まれたとのことで来店したけれど、置いていないことと特別な理由が無ければイブプロフェン製剤でも代用できることを伝えたところ、肘を打撲して人から勧められたという。

 今は以前に処方された湿布薬を使っているそうだが内容が不明なため、成分によっては内服薬との併用は避けた方が良い事をお話し、本日はお帰りになった。

 ただ、どうやら前にも私から同じような話を聞いたことがあるそうだ。

 ありゃん(^_^;)

 お客様が『キップパイロールHi』を頼まれたとのことだけれど、抗菌性を持つサリチル酸が入ってるとはいえ、消毒薬に軽度の消炎作用のある酸化亜鉛を加えた程度の物で取り扱っている店は少ないと思われるため、ネット通販を勧めた。

 頼んだ人は傷薬として使ってるようだが今回の用途は不明なため、代用の薬を紹介できなかった。

 成人の娘さんを連れたお客様が『トラベルミン』を購入されるさいに、鼻炎薬を服用したことがあるか尋ねたところ分からないというお話だった。

 有効成分が鼻炎薬にも入っていることがあり、その副作用を利用しているのが『トラベルミン』なため、副作用が起きたことが無い人だと効き目が弱いと考えられる。

 娘さんは、「遺伝で酔う」と言っていた。

 無きにしもあらずだが、そうとも限らないので対処法は工夫した方が良いかもしれない。

 酔い止めを求める人は、初めから酔い止め薬の棚に行ってしまうけれど、相談してもらえれば実際に嘔吐してしまう人向けの『五苓散』や、感覚的に酔うだけの場合の『苓桂朮甘湯』など、漢方薬系の物も紹介できるのに 。

 漢方薬でも即効性はあるし、体質改善にも役立つので知らないのはモッタイナイ。

 お客様には乗り物酔いを軽減する方法として、乗る前には温かい食事をして温かい物を飲み、乗ってからは冷たい物を少しずつ飲む方法を教えた。

 理由としては腸は体温より低い物を受け付けないため、食事を軽く済ませようとしてサンドイッチとか果物とかを食べると、消化されても温まるまで胃に長く止めておくことになり、これが気持ち悪くなる原因の一つである。

 そして冷たい物を飲むと胃の働きが悪くなるので、悪くなれば吐こうとする力も弱くなるという次第。

 

自分の症状を言語化して人に伝えるというのは案外と難しい

 子供を連れたお客様から酔い止めの薬を求められ「飲みやすいのじゃなく、良く効くのを」と言われたけれど、薬の効き目は相性や体調も関係することを説明した。

 使ったことがある物を尋ねると『トラベルミンファミリー』で、お客様も子供も使用感を覚えていないようだった。

 しかし、効かなかった記憶が無いのであれば、あえて変更しない方が良いのではとお話してお買い上げいただいた。

 眠くなりにくい酔い止めの薬として漢方薬に興味を持たれたので、吐き気だけで治ることが多い場合の『苓桂朮甘湯』と、実際に吐いてしまう人向けの『五苓散』を紹介した。

 また、乗車前には温かい物を飲んで温かい食事をすると酔いにくくなり、乗車後には冷たい物を少しずつ飲むと吐き気を弱められることを伝えた。

 お客様がニキビ用の石鹸を探しにいらしたけれど、高校生の子供が患者とのことだったので、洗い方は石鹸の泡を肌に乗せて流すだけで良いことと、思春期のニキビは皮膚の成長速度の不具合でも起きるため、洗いすぎないようにとお話した。

 塗り薬として抗炎症の『ビフナイト』と、内服薬に『清上防風湯』を紹介したところ、病院からは抗生物質の塗り薬が処方されているという。

 そして、お尻にもできているというので『ネオ小町』を案内したうえで、ぜひ本人に薬を買う練習をさせてみるよう勧めた。

 というのも、自分の症状を言語化して人に伝えるというのは案外と難しい。

 何事も大人になって急に実践というのは、無理なんである。

 それから、症状や原因として思い当たることなどは本人でなければ分からないことが多く、代理人では情報が足りないからだ。

 また、本人もお客様もシャワー派のようなので、皮膚の再生には入浴して血流を良くすることが大事なことをお話した。

 それから本人はスポーツをしているようだがコーラなどが好きだとのことだったから、炭酸水で割って飲むよう勧めてはどうかと提案した。

 炭酸水で割れば、一回で摂取する糖分を減らすことができる。

 

ほうれい線対策には漢方薬!?

 お客様から授乳中に『ヴィックスドロップ』を使って良いか質問され、ぶっちゃけて言う形ではあるが「毒にも薬にもなりません」とお答えした。

 それほど喉が痛むわけではないとのことだったが、授乳中でも服用できる喉の薬はあることを伝えた。

 特に授乳中は水分が失われやすいので、上半身に保水する『麦門冬湯』を紹介してみたのだけれど、興味は示されなかった。

 常連のお客様から『奥田脳神経薬』の質問を受け調べたところ、『釣藤散』に現代薬を合わせたもので、『ドキシン錠』を使ったことのあるお客様には適応するかもとお話したところ購入された。

 やや高齢のお客様から『あずきのチカラ』を求められたが、置いていないことと『ほっとリフレ』を代用品として紹介したうえで上半身を温めて血行を良くするのに『葛根湯』を使ってみてはと提案したところ、風邪薬だとしか思っていなかったとのことで驚かれた。

 すると、『あずきのチカラ』の目的は肩こりなどではなく、加齢によるほうれい線対策とのことで、雑誌に紹介されていたそうだ。

 そのため、目的外の使用になるが上半身に保水する『麦門冬湯』を紹介すると購入された。

 それから、ご主人はプールから帰ると鼻水が出るというので、そういう時にも『葛根湯』が使えることと、透明な鼻水は内臓が冷えるのが原因とお話すると、お腹も壊しやすくビール好きだと言うから、ドンピシャであろう。

 お客様からは、「訊いた方がいいわね」と言っていただけた。

 ちなみに後で調べてみたら、ほうれい線対策には『五苓散』『補中益気湯』も候補になるようだ。

 『五苓散』はやはり水分代謝の改善で、『 補中益気湯』は体のエネルギーを保つからであろう。

 

市販薬のお試し版で「試す」のは「効果」よりも「相性」

 お客様から「新陳代謝を上げるサプリメントか薬を」と相談され、まず『防風通聖散』を案内した。
 ダイエット目的に使われることも多いこの漢方薬は、体を温める生薬に冷やす生薬、血流を良くする生薬に水分代謝を改善する生薬などが複雑に組み合わされており、いわば「内臓に運動させる」ようなもの。
 お客様に詳しくお話を訊くと、友人が病院から何か薬を処方されて1年ほどで体重が14kg減ったと聞き、自分もと思ったそうな。
 しかし、薬の名前は覚えておらず、その友人とは体格なども違うらしい。
 人が使っていた薬を自分も試すとなれば、年齢や体格はもちろん、生活環境や食事の内容など、共通点は多いほうが良い。
 ところが、お客様からは寝つきが悪いというお話があったため『大柴胡湯』を紹介したところ、マイスリーなどの眠剤が病院から処方されていると分かり、お薬手帳は持っていなかった。
 便秘はあるとのことで『防風通聖散』を求められ、まずは担当医か調剤してもらってる薬剤師に相談するよう繰り返し繰り返し繰り返し勧めたのだけれど、5日分のお試し版を購入された。
 実際に効果を感じられるためには3ヶ月は連用してみないと駄目だろうけど、まずはお腹を下したりしないかといった相性を知るのに、お試し版を使うのは有効ではある。
 そう、この「お試し版」で試すのは「効果」ではなく「相性」なのだ。
 ただ、今回のお客様のように他の薬を処方されているのであれば、担当医に相談してからでないといけないのだけれど。
 お客様には、成分表示をお薬手帳に貼って、処方されている薬と購入した市販薬を一冊で管理して持ち歩くようお願いした。
 特に震災などで家に帰れずに避難した場合、避難先で必要な薬を救援物資に含むよう要請することもできるから。

 やや高齢のお客様から鎮痛剤を求められて売り場を案内したところ、酒臭く、お客様自身が二日酔いかもというので『アルピタン』(五苓散)を案内して、お買い上げいただいた。
 他に、グルコサミンのサプリメントのことも訊かれ、膝痛があるというので『コンドロイザー』を紹介すると、糖尿病の治療中だと分かり、担当医に相談するを伝えたところ、サプリメントを処方してくれないと怒っていた。
 そりゃ、サプリメントは処方なんてしてもらえません。
 サプリメントを独自に使ったら担当医に報告はするよう勧めたけれど、止められるから嫌だと言われた。
 そりゃあ、止めるだろうなぁ(^_^;)
 もちろん悪影響も怖いけど、何が怖いって、各種の検査の数値を「見かけ上」良くしてしまう場合があり、そうなると病気の経過観察において判断を誤ってしまう可能性がある。
 だから、治療中の病気があるのであれば、サプリメントの使用も医師には相談したほうが良いし、使ったのなら報告は必要。
 うう、それ以前に最初に鎮痛剤を依頼した段階で、通院中で処方されている薬があることを教えてもらいたかった(;´Д`)=3

 

お客様の勘違いを訂正するのって難しい

 アルコール頭痛に使う『アルピタン』(五苓散)を購入されるお客様から『ロキソニン』の有無を尋ねられ、うちのお店には置いていないことと『ロキソニン』でなければならない理由が無ければイブプロフェン製剤でも代用できることを伝えた。
 用途を訊いてみると頭痛持ちでズキズキするタイプだと言うから、原因は胃の不具合が考えられるため、まさに『アルピタン』が適応することを説明した。
 他の選択としては、『呉茱萸湯』も考えられる。
 ズキズキタイプの頭痛がしたら、とにかく胃に負担をかけない方が症状の回復に役立つので、食事をスープなどの温かくて噛まない物にするよう勧めた。

 やや高齢の常連のお客様が来店し、久しぶりにスポーツクラブに行ったら足がピクピクと痙攣するのが気持ち悪いと相談された。
 そういう痙攣の症状は瞼が痙攣するのと同じで、ストレスや疲労で起きることを説明し、寒暖差によるストレスと久しぶりの運動で足の筋肉に負荷が掛かったのでしょうとお話した。
 運動をするのは良いことだけれど、歳と共に運動量を減らすことも適度な運動には必要なことを伝えた。

 男性と一緒の女性のお客様が、『エルペインコーワ』を購入されるさいに使用経験を尋ねたところ初めてとのことだったので、イブプロフェン系は胃の保護機能が低下するため服用するときにはスープ物などの消化しやすい食事をするよう勧めた。
 すると男性が「強い薬なんだね」と言われたので、薬の強い弱いではなく痛みを伝達するホルモンであるプロスタグランジンが胃を護るよう命令する役割も兼ねているため、痛みの伝達を止めるということは胃を護る命令も止めてしまうことを説明した。
 こういう情報の訂正をする場合には、お客様に恥をかかせないよう言い回しを工夫しなければならないので気を使う。
 ポイントは、オトクな情報を知ったと思ってもらえるようにすること。

 

漢方薬の不味いというイメージは『葛根湯』?

 胃腸薬の棚を見ていたお客様から、15歳の子供が嘔吐していると相談され、下痢は無いとのことから『柴胡桂枝湯』を案内した。
 すると、漢方薬は子供が嫌がるかもしれないとのことから現代薬を希望されたが、市販薬で嘔吐に使える物は他に無いことを説明し、お買い上げいただいた。
 あえて現代薬から挙げるとすれば酔い止めくらいだけど、それでも吐き気の緩和程度だ。
 嘔吐に下痢が伴うようなら、同じく漢方薬の『五苓散』が候補になるが、嫌がったのは『葛根湯』のようだ。
 一般に漢方薬の不味いというイメージは『葛根湯』によるもので、生薬に苦いのと辛いのとが入っているから、まぁ確かに不味い。
 でも漢方薬の味は生薬構成で決まり、『柴胡桂枝湯』には苦い物が入ってはいるが、辛いのが入っていない分だけ舌への刺激も少なく無理は無いはずである。
 咳止めの『麦門冬湯』となれば粳米も入っていて、かすかな甘みを感じるくらい。
 そうそう、嘔吐をしているさいには薬を水で一気に飲むと、また吐いてしまうかもしれないので、小皿にお湯で溶いてスプーンで舐めるように服用する方法を教えた。

 胃痛を訴えるお客様に、『大正漢方胃腸薬』と『スクラート胃腸薬S』を案内してみたら、以前に逆流性食道炎と診断されたことがあるというので、指を肋骨の下側に入れてもらったところ痛いと言うため『半夏瀉心湯』を勧めた。
 しかし、容量が3日分と少ないのが不安らしく『爽和』にも興味を持たれたため『太田漢方胃腸薬2』も交えて、前者は人から激しく怒られるなどの外から来るストレスに対応し、後者は自分で思い悩んでしまう様なストレスに向いていることを説明した。
 そして今回は、鎮痛鎮痙現剤の『芍薬甘草湯』の入っている『大正漢方胃腸薬』をお買い上げいただいた。
 逆流性食道炎の場合、さっきの指を肋骨の下側に入れて痛くなければ『ギャクリア』(六君子湯)も候補になる。

 
ページ:12345678»