Warning: eregi() [function.eregi]: REG_EMPTY in /home/kitazono1/www/main/index.php on line 1583

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kitazono1/www/main/index.php:1583) in /home/kitazono1/www/main/index.php on line 1560
北園茶房(喫茶室)
サイト内検索
ブログの購読にご利用下さい
最新コメント
記事閲覧ランキング
  1. お絵かきコンテスト参加要項 (52)
  2. コミックマーケット71 コスプレフォト10 (30)
  3. 証陽散(しょうようさん)
    乳酸菌・免疫細胞活性・アレルギー改善
    (14)
  4. ネオレバルミン
    解毒作用を高め、肝機能を正常に保つ生薬の川柳末、有害物質の排泄を促進させるグルクロノラクトンなど6種類の成分を含有した肝臓疾患薬
    (14)
  5. 『ヘパリーゼ』は肝臓の薬なのか? (12)
  6. 年上の女性に憧れていた時期もありました (12)
  7. 緑の新幹線・とんがったお鼻と丸いお鼻 (12)
  8. 麦門冬湯(ばくもんどうとう)
    ………痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支喘息、感冒の後に咳だけが残った場合
    (11)
  9. 医療関係者に健康相談するためのチェックリストとかあります? (11)
  10. 生薬シリーズ………桔梗歌姫 (10)
  11. 火傷の手当ては流水で (10)
  12. 小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)
    ………扁桃炎、扁桃周囲炎
    (10)
  13. こち亀ゲームぱ~く (10)
  14. 103系 ユニバーサルラッピング車 「ウッドペッカー」 (9)
  15. 殺人現場 (9)
  16. 健康な子供の方を個室に隔離 (8)
  17. 加味逍遥散(かみしょうようさん)
    冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症
    (8)
  18. 五苓散(ごれいさん)
    浮腫、ネフローゼ、二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病
    (8)
  19. ドンピシャヒント (8)
  20. 雑談していてもサボッてる訳じゃありません……たぶん (8)
最新トラックバック
光画部部室
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
記事ナビゲーション

    重要なお知らせ

    このページでのブログ記事の更新は停止しました。
    今後は下記のトップページよりアクセスして下さい。
    http://www.kitazono.jp/
    HOME

人が使っている薬を、自己判断で使わないで
 『ヒルドイド』を求めて、お客様が来店。
 とりあえず、処方箋が必要な薬である事を説明して、店頭での取り扱いはありませんとお詫びしたのだけど、用途を尋ねて溜め息( ´Д`)=3
 高齢の母親に、湿疹の治療薬として病院から処方されていて、シワが伸びたように見えるから自分も使いたいと思ったらしい。
 確かに、保湿性に優れ、血行を良くする作用があるから、一部では小ジワが失くなるとも云われているし、正規の効能ではないけれど、その効果自体は否定しません。
 が、人が使っている薬を、専門家に相談しないで自分も使おうという考え方は、あまりにも危険。
 今回だって、用途を尋ねなかったら言わなかっただろうし。
 目的からして医師に相談するのは恥ずかしいと考えるというのもあるかもしれないとはいえ、本当に明確な意志で使ってみたいと思うのなら、それくらい恥ずかしいと思わずに、ちゃんと相談して欲しい。
 たまたま『ヒルドイド』は、重大な副作用の報告が稀だから安全性が高いというだけで、自分の体を大切に思うのなら、薬を使うリスクというものは考えて欲しい。

 高校生の息子さんの、腹痛と下痢の相談を受けた。
 いや、この書き方は嘘だな。
 正しくない。
 レジに『ビオフェルミン』と『正露丸』を持ってこられたので、整腸作用を期待する『ビオフェルミン』と、汚染による食中りに効果を発揮する『正露丸』を同時に購入しようというのは、いかなる目的があっての事か気になったから、尋ねたんである。
 お話によると、息子さんはスポーツをしていて、たびたび腹痛と下痢を訴えるのだという。
 それで、『ビオフェルミン』と『正露丸』を以前から服用させているそうなのだが、それで効果を感じられているのかと、実のところそうでもないらしい。
 下痢の方は激しくないというので、『桂枝加芍薬湯』を紹介した。
 芍薬は、痛み止めとしても働く。
 そして、食事は多く食べるらしいのだけれど、どうも痩せ型らしく、胃腸がその食事に対処しきれていないのではと思った。
 足の早い人がいれば遅い人もいて、じゃあその人は足が悪いのかというとそんな事は無いというのと同じで、他人に比べて消化力が弱いのではないかと。
 筋力を使うスポーツと比べて、内臓の能力というのは別物だから、スポーツによってエネルギーの消費が激しいため食欲はあったとしても、脳が思っている程には食べられない、なのに食欲のままに食べてしまうのが原因かもしれない。
 消化を助けるという事では、『安中散』の『大正漢方胃腸薬』が使えると思い紹介した。
 一方、スポーツで失われる水分に対して水分補給をしても、それが上手く吸収されていなくて下痢を起こすというケースも考えられる。
 その場合は、水分代謝を改善する『五苓散』か、胃と肝臓を助ける『柴胡桂枝湯』が適応するだろう。
 と、ここまで話を進めたところで、実は用事があって急いでいると言われた。
 あうっ、またお客様の状況と要望を見誤ったか……。

 若いお母さんが、2歳児の風邪薬にと『葛根湯』を買いに来たけど、すでに発熱して汗をかいているそうなので、適応時期を過ぎていると考え、『柴胡桂枝湯』を案内した。
 そもそも2歳児は、体力を消耗しがちだから、『葛根湯』のように急激な効果をもたらす薬は、漢方薬とはいえ怖いと思う。
 ちなみに、お客様自身は以前に『柴胡桂枝湯』を服用した事があり、気持ち悪くなってしまったという。
 うちの奥さんも、そんな事を言っていたんだよねぇ。
 ふむぅ、個人的には応用範囲が広くて、『柴胡桂枝湯』は便利な処方だと思うんだけど、どういう体質に合わないんだろう(・_・?
 いまいち、良く分からない。
 これは、研究課題ですな。


※記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
| 北村俊純 | 23:11 | comments (1) | trackback (0) | 北園マガジン::それさえもおそらくは平凡な日記 |

健康な子供の方を個室に隔離
 幼児の虫刺されにと『ムヒベビー』を購入されたお客様から、大人も使用できるか尋ねられた。
 成分からしても問題は無いけれど、薬を家族で一緒に使う事は勧められないとお話した。
 風邪薬など、特に家族での共用を考えがちだけど、年齢・性別・体質などでの相性があるから、一人一人別な物を対応させた方が良い。
 これは別に、その方が儲かるからというのではなく、………儲かるけど、ゲフンゲフン(( +д+))o=3=3
 食事だって、教育関係者は家族バラバラでの食事が悪いみたいに言うけど、本来なら日常生活でのエネルギーの消費も、身体の代謝能力も違うのだから、同じ時間に同じメニューをというのは、医学的な面からは適切ではない。
 うちの場合、家族で一緒に居間にいても食事の時間は別々だったりする。

 酔い止めを買いに来たお客様から、さっきと同じように子供用の『アネロンキャップ』を大人も服用して良いか尋ねられた。
 一部の薬は、大人用と子供用とでは同じブランド名でも成分からして違う物はあるため、大人用を子供に用いるのは危険だけど、子供用を大人に用いる分には大丈夫だとお話した。
 しかしやはり、これまたさっきと同じように、薬は家族でも別々に用意した方が良いと付け加えた。
 一番危ないのは、やっぱり風邪薬や解熱鎮痛剤かな。
 子供用の現代薬だと市販薬では、ほぼアセトアミノフェンの一択しか無い。
 イブプロフェンなどは、子供の脳に悪影響があるとされている。
 ところが困ったもので、世の中には「大人の分量を少なくすれば大丈夫だろう」くらいに考えている人がいて、困る。
 食べ物じゃないんだから(食べ物だってアレルギーがあって油断できない)、家族で分け合うという発想は避けて下さいな。

 小学校低学年の子供の鼻炎の相談を受け、『ムヒ鼻炎こどもシロップ』と『小青龍湯』を案内したところ、下の2歳の子供が先に風邪を引いているという話が出た。
 上の子には花粉症があるそうなので、現時点では下の子の風邪との関連は確定できないため、今回は本人が粉よりもシロップを希望した事もあり、『ムヒ鼻炎こどもシロップ』で経過観察をするように伝えた。
 子供に薬を飲ませて、自室で眠らせようと考える人が多いみたいだけど、これはあまり勧められない。
 子供の症状は目まぐるしく変化する事が多いから、できれば居間にでも布団を敷いて一緒にいるのが望ましい。
 もちろん、風邪のような感染症だと隔離するという考え方もあるのだけれど、隔離するのは「元気な子供の方」であって、病気の子供の方にはつきっきりの方が良い。
 もちろんその場合、自分に感染しないようにマスクの着用とこまめな着替えと手洗いなんかは必須だけど。
 大切な事なので、もう一度。
 もし子供が2人以上いて、別室や子供部屋があるのなら、健康な子供の方を個室に隔離して、病気の子供は側に置き経過観察を怠らないように(・o・)ノ


※記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
| 北村俊純 | 23:37 | comments (0) | trackback (0) | 北園マガジン::それさえもおそらくは平凡な日記 |

持病や常用している薬をプロフィール欄に書いておくというのはどうか
 成人男性からの頼まれものという事で、喉の痛み止めの薬を求めてお客様が来店した。
 本人が症状を感じたのは今朝かららしく、頭重や悪寒などの症状は無い模様。
 頼まれ物の場合、確認した情報がどこまで正しいのか判断がつきかねる。
 厳密に言えば、売っちゃいけないんだろうなぁ。
 という訳にもいかないので、適応しそうな薬をチョイスする訳ですが。
 お腹は丈夫らしいので『桔梗湯』を候補にしたが、一緒に『駆風解毒湯』も案内したところ、買いに来られた方の判断で『駆風解毒湯』をお買い上げ。
 どんな判断が働いたのかが不明で、やっぱり戸惑ってしまう。
 人に頼む時も、人から頼まれる時も、最低限「現在一番苦しい症状」と「それは何時からか」の2点と、プラスアルファで「以前に同様の症状で使用した薬の成分」はチェックしておいて欲しい。
 まぁ、覚えておくのは難しいだろうから、最近ならSNSをやっている人は、使用した薬と状況を投稿してみると良い。
 後で自分の投稿を検索したりして調べられるし、親しいフォロアーさんが覚えておいてくれるかもしれないので。
 よほど隠したい持病でなければ、公言しておくのは自分の安全対策の一つとして有効でしょう。
 例えば、誰かと一緒に出かけた先で救急車で運ばれるような事態になって、自分の意識が無い時には、相手が救急車に同乗して救急隊員から、色々と質問を受けるというケースは、現実的にありえる。
 持病や、常用している薬のことなどは重要な情報だ。
 ……ああ、プロフィール欄に書いておくというのもアリかもしれないな。
 悪用されるケースは、どうなんだろう?
 悪意を持った相手から、アレルゲン物質を食事に盛られるとか?
 無くも無いだろうけど、公言していれば他の人たちが気をつけてくれるかもしれないし、私はメリットしか考えられない。

 高齢のお客様が、膝の痛みの相談で来店。
 コレステロール値が高くて通院しており、『グルコサミン』を紹介してほしいという。
 うん?
 膝の痛みでの通院ではないので?
 そう尋ねてみたら、病院からは『加味逍遙散』が処方されている事が分かった。
 コレステロール値が高いのと、どう結びつくのか分からない。
 更年期障害や、不安神経症で通院しているとかではないのか。
 こういう時、どこまで突っ込んで尋ねて良いのかも迷いどころ。
 ひとまず措いておいて、膝の痛みについての方を詳しく尋ねてみる事にする。
 すると、「温めると楽になる」という事と、「座る時がツライ」という事が分かった。
 即座に頭に浮かんだのは、『桂枝加朮附湯』だった。
 ただし、『桂枝加朮附湯』は血流の面倒までは見てくれないだろうから、患部に痺れ感があれば『疎経活血湯』も候補になるものの、痺れ感は無い様子。
 温めて楽になるというのだから、冷えが原因と考えれば、高齢者でもあるし『牛車腎気丸』という手もあるか。
 いずれにしても、『グルコサミン』を必要とするかどうかは、担当医に相談した貰った方が良さそうだ。
 漢方薬を処方してもらっている事だし。
 ここで最初の話に戻って、どうして担当医に膝の痛みの相談をしていないのか確認したら、「内科だから」との事だった。
 いえいえ、科が違っても具合の悪い所があれば、遠慮せずに伝えた方が良いですよ。
 たまたま得意分野の科を掲げているだけかもしれませんから、もしかすると分かるかもしれないし、分からなければ他の病院を紹介して貰えるかもしれませんし。
 こういう、「科が違うから相談しなかった」っていうケースは、患者さんとお話していると、わりとある。
 ドラッグストアへの買い物だと、目的の薬以外の症状については言っていただけないケースも多いんだろうなと想像。
 頭痛の原因が胃の症状と関係していたり、足の症状が心臓と関係していたりと、「症状の出ている患部だけが悪い状態」とは限らないから教えてもらいたんだけどねぇ。
 これもまた、聞き出す技術が必要で。
 ひとまず今回のお客様には、膝の痛みの漢方薬も一緒に処方してもらえるかもしれないので、担当医への相談を第一に勧めた。

 高齢の母親から膝の痛みにと、使い捨てカイロを頼まれたというお客様がいらしたのだけれど、店舗としては本部からの指示で全部返品してしまった。
 というのは、昨年までの話。
 昨年も、梅雨の今頃の時期に使い捨てカイロを求めてお客様が何人かいらした。
 それを見越して、今回は全部を返品せずに残しておいたのだ。
 上司からは嫌がられたけど(;´Д`)
 本部指示に従わないと本部のマネージャーさんからお小言を頂戴するのと(上司が)、在庫を抱えると予算との兼ね合いで店長から責められるので(上司が)。
 本当は、真っ当に説得するのが社会人というものなんだろうけど、なにしろ大型店は融通がきかない。
 花粉症関連の薬も、本部からの返品指示があり、その際にまだ残しておいた方が良いと提案したのだけれど、こちらはパート、上司は社員だから、指示に従わないという選択が無いもんで各商品を一品づつのみ残して返してしまい、翌日からのアレルギーの患者さんへの対応に苦労した。
 なにしろ1個売れたら、在庫切れなんだもの( ̄▽ ̄|||
 まぁ、漢方薬だけは返品リストの対象外だったから、漢方薬が嫌というお客様以外には困らなかったけど。
 とにかく、大型店は商品の取り扱いがシーズンごとに極端すぎる。
 で、今回は使い捨てカイロの一部をケースに片付けて上司の目につかないように倉庫に保管し、そのまま返品せずに「忘れてました、テヘッ(*ノω・*)」と返品期日の締め切りが過ぎるのを待つという、社会人にあるまじき方法で確保した次第。
 そしたら、今回のお客様に在庫を買い占められてしまった。
 あうっ……ヽ(´Д`;)ノ
 患者さん本人は膝の痛みに他にビタミン剤を服用しているらしいのだけれど、やはり患部を温めると楽になるという事で、『桂枝加朮附湯』か、血流の面倒も見る『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を紹介した。


※記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
| 北村俊純 | 23:30 | comments (1) | trackback (0) | 北園マガジン::それさえもおそらくは平凡な日記 |

乗り物酔いの予防に温かい食事を
 『のどぬ~るスプレー』の容量の多い物を求めて、やや高齢のお客様が来店したのだけれど、うちのお店には置いていなかった。
 特に夜に喉が痛むそうで、マスクをして寝ているという。
 そのうえ、舌が乾きやすいというお話から、『麦門冬湯』を案内した。
 しかし、糖尿病で通院しているそうなので、担当医に相談してみるよう勧めた。

 喉の痛みと咳の相談で来店したお客様に、詳しく状況を尋ねる。
 2日ほど前からで、熱などの風邪の兆候は無いというので、『ルキノンせき止め錠』と『ベンザブロックせき止め錠』に、『駆風解毒湯』を案内していたところ、学校にいく時間だというので、何も買わずに慌てて店を飛び出していった。
 ありゃん、お急ぎでしたか……。
 そうは見えなかったから、症状を確認して、いくつかの商品を提示し、予算と好みで絞り込みという、いつもの手順を踏んでしまった(;´・ω・)

 中学生の子供のためにと、酔い止めに『アネロンキャップ』を買いにお客様が来店。
 新幹線に乗る予定というので、乗車前の食事は温かい物を飲み、温かい物を食べさせるようお話した。
 腸は冷たい物を受け付けられないから、食べた物は胃で消化するとともに体温程度に温めてから腸に送られる。
 冷たい物ばかり口にすると、この温めるのに時間がかかり、腸に送られるのが遅くなって胃もたれを起こし、これが酔う原因にもなるのだ。
 乗ってからは反対に、冷たい物を飲んで胃の周囲の血管を収縮させておいた方が良いけど。
 うちのお店で、『二陳湯』が仕入れられれば紹介したいところでもある。
 やっぱり酔い止めを買いに来るお客様の中には、せっかくの旅行で眠くなるのは嫌だという要望があるから。
 『アネロンキャップ』の主成分はマレイン酸フェニラミンなのに対して、『センパア』の方は塩酸メクリジンで、『センパア』は「酔ってからでも効く」と謳ってるんだけど、実際のところはどうなんだろうなぁ。
 『センパア』が本当に酔ってから服用しても効果があるのなら、持ってるだけでも気持ちが違うだろうから勧めたいところだけど、酔ってからじゃ効かないという話を聞いた事もあって、ちょっと自信を持って勧められない。
 まぁ、人間の体は機械じゃないから、誰もが同じように効く訳でもないし、薬を売るのって難しい(^_^;)

 栄養剤の棚を行ったの来たりしているお客様がいらしたので声をかけてみたら、猫に使える栄養剤を探しているという。
 猫の年齢は16歳だそうだから、相当に高齢である。
 ここのところあまり食事をしないため、心配している様子。
 生命力には腎が関わるので、『猪苓湯』を案内して、顆粒を水に溶きスポイトで飲ませるか、顆粒のまま口に放り込むよう説明した。
 少しでも元気になってくれると、良いのだけれど。


※記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
| 北村俊純 | 23:46 | comments (0) | trackback (0) | 北園マガジン::それさえもおそらくは平凡な日記 |

妊娠検査薬は2回用をお勧め
 『アレルギール錠』を指名で買い求めに、お客様が来店。
 これまた珍しい……って、昨日も書いたような。
 この時期のアレルギー症状は、季節の変化と生活環境が重なってストレスが原因だったりするから、患者さんが一人来ると続いたりするんだよね。
 アレルギー性皮膚炎との事なので、眠くなりにくい物として『十味敗毒湯』を紹介した。
 あまり興味を持ってもらえなかったのは残念。
 もう少し、紹介時のトークを磨かないと駄目か。

 やや高齢のお客様から、ダイエットの相談を受けた。
 煙草をやめてから7kgほど太って苦しいというお話だけど、太ったのは煙草によって悪くなった血流が改善して栄養が行き渡るようになったからとも考えられる。
 詳しくお話を聞いたら、便秘の他に膝の痛みがあるというので、健康食品よりも医薬品での治療の方を勧めた。
 膝の痛みから『防已黄耆湯』と、便秘の『防風通聖散』を比較したものの、今回はより便秘の方に重点を置いて『大柴胡湯』を試して頂くことになった。
 ごぼう茶を飲んでいてガスが出るとも言っていたため、それを参考にもした。
 さらに話し込むと、膝の痛みの方は実は若い時にバイクで転倒し、膝を痛めているという事が分かった。
 それなら、膝の痛みに『防已黄耆湯』と考えちゃったけど、『疎経活血湯』の方が適応するかもしれない。
 『大柴胡湯』で減量に効果が見られれば、次に膝の治療についても検討しましょうという事に。

 妊娠検査薬を求めて来店したお客様は1回用を選ばれたけど、念のため2回用をと勧めてみた。
 うちの奥さんも、最初は陽性と出て、後でもう1回調べたら陰性だった事があるので。
 あの時は、まだ結婚も決めてなくて、いゃあ焦った焦った(;´∀`)
 喫茶店でテーブルを挟んで、ドラマみたいな会話をしてたよ。
 あの時に逃げておけば……ゲフンゲフン((( +д+))o=3=3
 今回のお客様、申し訳ない事に私は覚えていなかったのだけれど、以前にニキビの相談にいらした時に塗り薬として『クレアラシル』と内服薬に『桂枝茯苓丸加よく苡仁』を案内して、養生に解毒のための内蔵を温める半身浴と、皮膚の再生を促す食事に根菜中心に偏食するようアドバイスした人で、すっかり治りましたと、お礼を言われた。
 言われて思い出しましたよ。
 改善して何よりです(・∀・)


※記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
| 北村俊純 | 23:23 | comments (4) | trackback (0) | 北園マガジン::それさえもおそらくは平凡な日記 |


このページの先頭へ
店主巡回サイト
天気予報

    -天気予報コム-
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2016/05 次月>>
■ARCHIVES■
星占い

    -無料占い-
店主の本棚
このページの先頭へ